Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
最強のアニメランキングあります 

【向かいのバズる家族】ドラマの相関図・キャスト・あらすじ!!内田理央がインフルエンサーになりSNSの女王に!!

毎週木曜11時59分~日本テレビ系列にて放送

2019年4月から春ドラマとして始まる『向かいのバズる家族』!!

なにやらSNSに翻弄される家族の崩壊と再生を描く、新しい形の家族ドラマだそうです。

主人公の内田理央さんが演じる篝あありは1つの動画がバズったことがキッカケで人生が変わったり変わらなかったり笑

友情・努力・勝利!!

ではなく

家族・恋愛・SNSがテーマとなっています。

 

完全オリジナルストーリーということで、どんな内容になるのかワクワクしますね。

では早速、あらすじ・キャスト等に迫っていきましょう~

「向かいのバズる家族」あらすじ

内田演じる主人公・篝(かがり)あかりは、真面目で周囲からの評判も良いカフェの店長だが、夜な夜な黒いバッグを抱え向かう場所があり、まったく違うもう一つの人格を持っている。

そのことは家族や友人、同僚にも絶対に秘密だった。

そんなあかりが、思わぬ出来事、ある動画がきっかけで“バズる”ことになり、

普通で平凡だった女性が突然”インフルエンサー”というもう一つの顔をSNSで手に入れることに・・・

 

彼女をとりまく家族や周囲の人々もそれぞれSNSと関わっていて

料理動画が思わぬ理由で人気になった母仕事上でまさかの炎上した父SNSで風紀委員を気取りだした弟との関係が一気に変わることに。

 

家族なのに知らない、家族だから知らない本当の姿、

家族がバズった先にある家族の崩壊と再生とは果たして・・・

「向かいのバズる家族」キャスト

相関図

Copyright © YOMIURI TELECASTING CORPORATION. All rights reserved.

内田理央【役名:篝(かがり)あかり】

 

View this post on Instagram

 

内田理央 だーりおさん(@rio_uchida)がシェアした投稿


生年月日:1991年9月27日(執筆時27歳)

代表作:『おっさんずラブ』『仮面ライダードライブ』『将棋めし』

役柄

真面目で周囲からの評判も良いカフェの店長だが、ある動画がきっかけで“バズる”ことになり、突然“インフルエンサー”への坂道を登っていく。

今作の主演にオファーされた時の気持ちは?

最初、主演ドラマときいて、まさか?という気持ちでした。
今この時期に、この枠の連ドラで主演できるっていうのは想像していなかったので驚きました。
私にとっては2017年に出演した「恋がヘタでも生きてます」が、自分の殻をひとつ破れた思い出深い作品だったので、今回、その同じ枠で主演させていただけるのはすごく嬉しいです。

今回の作品と演じる「篝あかり」の印象を教えてください。

家族ものは最近少なかったし、その中でも今話題の「炎上」だったりとか「バズること」とか…SNSっていうものに家族全員が翻弄されていくっていうお話は、ありそうでなかったと思ったので、すごく面白いなと思いました。あかりは普段は優等生でいつも笑っていて誰が見ても良い人なんですけど、実は自分しか知らないネットでの顔があるという設定が興味深いです。
でも、実際にもこういう人って結構いそうだなと思ったので、ハッとしました。

視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。

今の時代、皆さんSNSは何かしらされている方が多いと思うのですが、このドラマはそのSNSの楽しさだったり、怖さだったりを自分の経験と重ねて楽しんで頂ける作品だと思います。
ぜひ携帯をピコピコしながら見て頂きたいなと思ってます。どうかバズらさせて下さい(笑)

白洲迅【役名:皆戸涼太】

 

View this post on Instagram

 

白洲迅さん(@jin_shirasu_official)がシェアした投稿


生年月日:1992年11月1日(執筆時26歳)

代表作:『学校のカイダン』『愛してたって、秘密はある。』『BACK STREET GIRLS-ゴクドルズ』

役柄

カフェの常連客であかりが思いを寄せる想い人。

SNSを使って匿名で発信することを毛嫌いしている。

今回の作品と自身の役どころの印象

今回の作品のテーマがSNSということで、物凄くタイムリーで攻めたテーマだなと感じました。現代人にとってSNSは切っても切れない存在ですが、沢山の恩恵を受けている一方問題も起きています。そんなSNSを題材に、どんな風にお話が展開していくのか怖さも少しありつつ…笑、すごく楽しみです。
僕が演じる皆戸涼太は「いつの日か自分のジムを持つ。」という夢を抱いている青年ですが、まっすぐすぎてちょっとズレていて(笑)、演じるのが楽しみな役柄です。SNSとの関わり方は、便利なツールとして使いつつも、どこか苦手意識を持っている人物で、世の中にはそんな人も少なからずいると思います。そういった目線も考えて演じていけたらと思います。

本作への意気込みと視聴者へのメッセージ

この作品は、登場人物それぞれがそれぞれの形でSNSに触れて変化していきます。たくさん共感してもらいたいですし、何よりコメディなので、たくさん笑っていただけるよう、全力でまっすぐに! 頑張りたいと思います!

高岡早紀【役名:篝緋奈子】

 

View this post on Instagram

 

高岡早紀さん(@saki_takaoka)がシェアした投稿


生年月日:1972年12月3日(執筆時46歳)

代表作:『雪の華』『今日、恋をはじめます』『龍が如く 劇場版』

役柄

あかりの母。

子育てが一段落したことを機に料理動画の投稿を始めたところ、その胸元に思わぬ反応が集まったことで、緋奈子は視聴者の要望に応えることに夢中になっていく。

本作への意気込みと視聴者へのメッセージ

この作品は、SNSという『イマドキ』のツールを使うことによる、今まであるようでなかった『家族』の物語だと思います。見えてくるのは、それぞれの本当の姿なのか、嘘の姿なのか・・・。私自身も興味が湧いています。皆さまも是非楽しみにしていて下さい。

TKO木下隆行【役名:篝篤史】

 

View this post on Instagram

 

木下 隆行さん(@tko.kinoshita)がシェアした投稿


生年月日:1972年1月16日(執筆時47歳)

代表作:『永遠の0』『半沢直樹』『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』

役柄

あかりの父でテレビ番組制作会社のプロデューサー

自分が制作したドラマがネット上で炎上することで、SNSの世界に巻き込まれていく

今回の作品と自身の役どころの印象

おもしろい番組を作っても発信する怖さを敏感に、そして慎重に感じないといけない今の時代。コンプライアンスの感度を狂うと一瞬で番組が終わってしまう今の時代。今回はその制作サイド側の役をさせていただくので、その緊張感・ピリピリ感を楽しみたいと思います。

本作への意気込みと視聴者へのメッセージ

大人も子供もSNSをする今の時代だからこそできるドラマの設定だと思います。美化せずリアルなところがおもしろいし、怖い。まさに今の時代を描いたドラマだと思うので家族と一緒に見てください。
あなたの家族があのフォロワーさんかも。

那智【役名:篝薪人】

生年月日:1997年7月24日(執筆時21歳)

代表作:ドラマ初出演!!

役柄

あかりの弟。

順調に就活をこなしながら、SNSでは“正義の剣“の名のもとに正義を振りかざすことを日課にしている。

今回の作品と自身の役どころの印象

「向かいのバズる家族」という題名の通り、今の時代ならではのSNSと家族を中心にした物語となっています。大事な家族だからこそ、バレたくないことや秘密にしたいことはあり、「家族のあり方ってなんだろう。」とすごく考えさせられる作品です。
私が演じる薪人は世間で言われるところの「いい子ちゃん」ですが、正義感が強すぎるところや曲がったことがとにかく嫌いで真面目で繊細な心を持った青年というのが台本を読んでみて最初に感じた印象です。

本作への意気込みと視聴者へのメッセージ

今回が僕のドラマ初出演作品です。不安もたくさんありましたが、それと同時にワクワクする気持ちや楽しみな気持ちが強くあります。キャストやスタッフの皆さんと一緒に「向かいのバズる家族」という作品に関わらせていただけることに感謝し、精一杯作品にぶつかっていきたいと思います。
老若男女全ての人たちが、すごく身近に感じられることがたくさんあると思います。「確かにこういうことある!」と共感して頂けることが絶対にたくさんあると思うので、是非ご覧下さい!

 

小野武彦【役名:篝清史】

生年月日:1942年8月1日(執筆時76歳)

代表作:『踊る大捜査線』シリーズ『王様のレストラン』『科捜研の女』シリーズ

役柄

あかりの祖父であり、唯一心の許せる相手。

今回の作品と自身の役どころの印象

「SNS時代真っただ中だからこその作品」というのが一番の感想です。僕は一家のおじいちゃんなので、年齢的にアナログに親しんでいた時間が長いですが、その中でSNS世代の一家とどう絡んでいくのかが楽しみです。うざったいという感じではなく、好かれているおじいちゃんの役だと感じます。

本作への意気込みと視聴者へのメッセージ

年齢を重ねた一家のおじいちゃんとして役割を全うしようと思います。今後ドラマがどうなっていくかが楽しみです。視聴者の皆さまのほとんどはSNS真っただ中の世代だと思うので、自分とドラマの共通の部分、例えば「私はあそこまではしない。」など自分自身との見方と見比べながら楽しん頂きたいと思っています。

「向かいのバズる家族」まとめ

このドラマはSNSを中心に話が進むということで身近に感じられる人が多いのではないでしょうか?

そして携帯やインターネットなどを使いながら見る人が増えるんじゃないですかね笑

 

今回のこのドラマは原作なしの完全オリジナルストーリーになっています。

脚本家のマギーさんはおっさんが夜中に書いたラブレターのような脚本で「なんじゃこりゃ」ってなると思うとコメントしていますので楽しみにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です