©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京
スポンサーリンク

2019年春アニメでダイヤのAが帰ってきます!!

総発行部数3,500万部という大人気作で既にアニメは3期目です。

内容は全国優勝を狙う熱血野球の物語で野球関係者が一番面白いという評判で、見たことがない人でもタイトルだけは耳にしたことがあるという人が多いと思います。

 

そんな『ダイヤのAactⅡ』の見逃し配信情報からあらすじ・キャストなどをじっくり見ていきましょ~

『ダイヤのAactⅡ』ってどんな話?

ひとことで言えば、主人公である沢村栄純が、野球名門校で甲子園出場を目指して奮闘し、エースピッチャーを目指し成長していく姿を描く野球漫画です。

しかし主人公沢村と同期入団した降谷は150km前後の直球を投げる怪物ピッチャーだった。

 

同期にあいつがいる限りエースとして投げることはありえない。」とまで言われる沢村だが、自分の武器を身につけるべく日々努力する。

主人公沢村以外にもスタメンを目指し戦う部員たちの熱いストーリーです。

そして勝者がいれば敗者がいる・・・ユニフォームをもらえなかったり、スタメンになることが出来ない選手の苦悩も事細かに描かれます。

 

ここまで書くと部員100人を誇る青道高校は日本一の常連校かと思われますが、古豪という扱いです。

西東京では稲城実業、市大三高と並びトップスリーと言われているものの、幾度とない苦戦を強いられます。

ネタバレになるので詳しい結果は言いませんが、ダイヤのAの神髄は『敗北』にある気がしています。

 

人生をかけて野球に挑む少年が挑む大会で勝ち残れるのは1チームだけ・・・

必ず敗者が存在するのです。

その敗者である高校生がどう考え、何を思うのか、一番の見どころです。

 

そして今回のactⅡでは沢村世代が2年になり新1年生の突き上げ、そして新しいスタメン争いが待ってます!!

『ダイヤのAactⅡ』見逃し配信の視聴方法

放送開始:2019年4月2日~

放送時間

放送局 放送時間
テレビ東京 4月2日から毎週火曜17時55分~
テレビ和歌山 4月25日から毎週木曜7時30分~
BS-テレ東 4月4日から毎週木曜24時30分~
AT-X 4月2日から毎週火曜22時00分~
毎週木曜14時00分~
毎週月曜6時00分~

大手動画配信サービスによる配信情報

様々な配信サービスで配信が予定されております!!

数が膨大となってしまうので大手のVODサービスをピックアップして表にまとめてみました~

動画配信 配信されているか 無料お試し期間

Hulu

見放題
2週間
FODプレミアム
FOD
× 1カ月間
ビデオパス
ビデオパス

見放題
30日間
dTV
dTV

見放題
31日間
U-NEXT
U-NEXT

見放題
31日間

Paravi

見放題
初月無料

Amazonプライム

見放題
30日間

TSUTAYA TV

課金有
30日間
dアニメストア
dアニメストア

見放題
31日間

※動画配信サービス欄をクリックすると公式サイトに移行します。

いっぱいありすぎて何が何だか・・・

と思っている方は見放題作品の動画配信サービスを選択すると課金せずに見ること出来ますよ~

特に本気のアニメ好きの方はdアニメストアがおすすめです。

主要キャラクターの役柄・声優はこちら

沢村栄純【声優:逢坂良太】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

降谷暁【声優:島﨑信長】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

御幸一也【声優:櫻井孝宏】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

奥村光舟【声優:内田雄馬】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

倉持洋一【声優:浅沼晋太郎】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

小湊春市【声優:花江夏樹】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

由井薫【声優:村瀬歩】

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

 

『ダイヤのAactⅡ』原作は??


原作は寺嶋裕二さんの同名漫画『ダイヤのAactⅡ』です。

執筆時時点で『ダイヤのA』を47巻・『ダイヤのAactⅡ』を15巻までコミックで発売しております。

漫画を簡単に読む方法はないの?

漫画好きはeBookJapanがオススメです!!

eBookJapanは約50万冊の本を配信している世界最大級の電子書店です。

 

まじで電子書籍おすすめです!!

なんせ通勤時間や通学時間など空いた時間に重い本を持っていなくてスマホ一つで気軽に読むことが出来るからです。

 

eBookJapanを初めて利用する人には初ログインで50%割引クーポンがあたる期間もあるのでまとめて揃えてみてはどうでしょうか??

さらに『ダイヤのAactⅡ』は有料ですが、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーもあるのでチェックしてみて下さい!!

【公式】eBookJapanをチェック

『ダイヤのAactⅡ』全話ネタバレ

第1話 夢の先

沢村はついに念願の甲子園の舞台に立つ。

始まった春の選抜で青道高校が目指すは頂点のみ。

 

初戦から沢村は登板し緊張から1失点してしまう。

それでもチームは宝明高校を相手に5対2で勝利する。

今大会の本命は巨摩大藤巻高校で夏に稲城実業の前に立ちはだかった最後の壁であった。

第2話 早く立ちたい

2回戦の日本庄野戦で降谷は154kmをマークし甲子園がさらに彼を成長させていた。

チームも7対3で勝利するが、対照的に沢村には登板機会は回ってこなかった。

 

この勝利で春の選抜のベスト8が出そろうことになる。

青銅は昨年夏の甲子園そして神宮大会の覇者であり、世代最強と言われる本郷正宗要する王者巨摩大藤巻高校と対戦することになる。

 

剛腕対決ということで注目が集まるが、試合前に降谷から青道に来てよかった「一つでも多く勝ちたい」と言われ、

青道ナインは臨戦態勢に入る。

沢村もあの甲子園のマウンドに再び立ちたいと願う。

第3話 野球の申し子

世代最強と言われる本郷正宗要する巨摩大藤巻高校との対戦が始まる。

怪物対決ということもあり、かなりの注目が集まる試合になった。

 

試合は降谷の立ち上がりを攻められ2点先制される。

しかしそれ以降は立ち直り5,6,7回と完全投球を見せ、エースの貫録を示す。

 

2点を失った打撃陣は本郷正宗のスプリットを前にバットに当てる事すら難しく、7回に御幸の意地のヒットが出るまで無安打に封じ込められる。

野球の申し子は本郷正宗だった・・・

第4話 はじまりの日

御幸のヒットが出た後も本郷を前になすすべなく攻略の糸口をつかめなかった。

しかし降谷もまた共鳴するように調子を上げていく。

 

このままいけば青道高校最後の守備となる8回の裏を迎えることとなる。

明日こそ自分のピッチングで勝利に貢献したいと願っていた沢村だが、マウンドに上がったのは降谷だった。

沢村は先頭打者しっかりと声でチームを鼓舞する。

 

チームメイト全員が何とかしようと動くも本郷を前に完封負けを喫してしまう。

試合後野手陣はもちろん沢村は悔しさをあらわにする。

覚醒した降谷を前に沢村は・・・

 

そして新しい一年生を迎える。

第5話 合流

青道高校は巨摩大藤巻高校に敗れて春の甲子園が終了してしまう。

そして新しく1年生を35人を迎える。

その1年の中にはリトル時代に世界大会で日本代表をまとめあげキャッチャーとして活躍した由井薫の姿もあった。

 

そして、結城哲也の弟である、結城将司、キャッチャーでポジションを狙う奥村光舟らが入学した。

春夏2期連続甲子園出場をめざし、総勢94名の新星青道高校野球部が始動する。

第6話 Go Straight

しかし甲子園は現役のメンバーにそれぞれの刺激を与えていた。

オフ後の初対外試合である春季東京都大会の初戦は先発に川上リリーフで沢村が登場し降谷の登板はなかった。

 

春の甲子園で活躍できなかった小湊は髪を切り、貧打の打線も奮起していた。

沢村も135キロを記録し抜群のコントロールと投げっぷりの良さで会場を沸かせる。

そして、薬師高校と稲城実業の勝負が幕を開ける・・・

第7話 KING

春季東京都大会3回戦は夏の甲子園準優勝稲城実業対春の甲子園ベスト4の薬師高校の対戦となった。

初回からエース成宮と4番轟の対戦が実現した。

ボールが上ずる初回でも実力の違いを見せるようにレフトフライに抑える。

その後は2打席連続三振を奪うなどヒット1本に抑える。

 

薬師のエース真田も甲子園をへて成長した投球術で稲実打線に挑むが、失点を喫してしまう・・・

第8話 カンフル剤

結局、薬師高校は2安打完封負けを喫してしまった。

 

一方で青道高校は春季大会のメンバーを甲子園の18人を選択した。

春季大会のメンバーは20人まで登録可能であるが、あえて2枠を温存したのだ。

ベンチに入れなかった先輩はもちろん1年生もその枠を狙い特別な緊張感が生まれていた。

 

1年生を早期合流させ背番号をかけたサバイバルが既に始まっていた。

第9話 バトル×バトル

春季大会では19番に結城将司を20番に由井薫を登録した。

背番号を貰えなかった奥村光舟は御幸に闘志を燃やしていた。

同じく2年生で背番号を貰えなかったメンバーは1年生のベンチ入りで焦りをあらわにしていた。

 

沢村は同部屋の1年の食が進んでいないという情報を突き止め励ましに行く。

するとキャッチャーの奥村光舟から「目障りだから消えてくれ」と言われる。

これが2人の最初の出会いだった。

 

甲子園常連の帝東と稲城実業を倒した鵜久森の対戦が始まる・・・

第10話 初陣

帝東対鵜久森の試合は帝東高校に軍配があがり稲城実業との対戦が実現する。

そして青道は準々決勝で春日一高と対戦が始まり先発は沢村だった。

沢村は持ち前の勢いを武器に最高の立ち上がりを見せる。

 

そして全試合勝ちに行くと宣言した片岡は打撃陣に7番で1年生の結城を抜擢する。

空振り三振に倒れるも球場がわいた。

そして春一の一打で先制する。

第11話 視線の先

4番御幸の前にファーボールで弱腰になった春日一高バッテリーを攻め立てる青道打線は6点を奪う。

投げては沢村も5回を投げて被安打3、四死球2、奪三振7、失点0でマウンドを降りる。

 

6回にマウンドに上がった降谷もパーフェクトに抑え、結城将司のサヨナラ2ランホームランで試合を締めくくった。

勝ち方に王者の風格が漂ってきた。

 

次の対戦カードが市大三校に決まり気持ちを新たにする。

沢村もまた自分のダメだった部分を反省し次を見据える。

第12話 ワガママ

奥村光舟が沢村と揉め事を起こしたと聞いた御幸は、ピッチャーの調子を崩したらどうするとキャッチャーの行動について厳しく指導した。

語るなら野球で語れと説いた。

 

そのころ降屋は由井に投げてほしいと頼まれるが実力不足だと御幸を選ぶ。

御幸はキャッチャーとしての資質もずば抜けており全投手が一緒に練習したいと願っていた。

沢村が個人練習に誘った日もエース優先と降屋の練習に付き合うことで沢村のプライドは傷ついていた。

さらなる高みを目指し焦る降屋に御幸は沢村の存在を突きつけた。

 

そんな沢村に奥村は練習を打診する・・・

第13話 先行

沢村とキャッチボールする奥村は肌で沢村の凄さを感じていた。

ナンバーズと呼ばれる変化球も体験することになり初球からキャッチする上手さを見せる奥村だが、ナンバー7(カットボール改)は捉えることすらできなかった。

御幸は降谷だけでなく沢村の成長に目を細める。

 

しかし翌日の市大三校戦の先発は・・・降谷に決まる。

降谷を心配し敢えて先行をとりチームメイトに先制点をとれと頭を下げる。

その願いに倉持が応えランナー3塁で小湊に回る・・・

第14話 気配

小湊・御幸・白洲の連打で2点を加えるも尼久が立ち直り後続を断つ。

一方の降谷は制球が定まらず2死満塁のピンチとされるもセンターフライに打ち取って見せる。

 

両投手が制球に苦しみながらもバックに助けられながら4回を終わって2-0で折り返す。

それでも降谷は無駄な球が多く独りよがりのボールになり遂に捉えられてしまう・・・

第15話 自分の役割

エラーも重なり逆転を許してしまうが、降谷は自分の責任だと背負う。

それでも市大三校の流れを止めきれず痛打を浴び5失点を喫する。

 

1アウト満塁で遂に沢村がマウンドに上がる。

目の前のバッターだけ抑えてみせると4番5番を連続三振に打ち取る。

 

第16話 勝ってこそ

ノーアウトから沢村の2ベースでチャンスを広げた青道だったが、無得点に終わってしまう。

それでも沢村の投球でチームのモチベーションは上がっていた。

 

それでも市大三校エース天久に2回以降得点をとることが出来ず試合終了となる。

大活躍の沢村だったが負けたこと、エースではないことを思い知らされる結果となってしまう。

 

第17話 3ヶ月

稲実と帝東の戦いが始まった。

5回終わって0-0だったが、完璧な投球を見せる成宮とは対照的に向井は苦しい投球が続く。

 

6回に2点、7回に1点を奪った稲実がそのまま行くと思ったが、帝東の4番乾の一発で1点を返す。

向井も完全に立ち直り帝東の逆襲が始まろうとしたときに、成宮が立ちはだかった。

 

終ってみれば3-1だったが、成宮攻略の糸口は全くなかった。

 

そして御幸はあと3ヶ月で自分の高校野球が終わってしまうことを再確認する...

 

第18話 確かめたいもの

春大の敗戦から、全員が敗因を考えていた。

それでも沢村の意識の高さに野手陣は身の引き締まる思いだった。

 

そのころ決勝では市大三校と稲実の戦いが始まるが、両エースは先発を回避する。

両校乱打戦になるも成宮の登板で流れが変わり稲実が優勝する。

 

第19話 戦う姿勢

1年生対2軍の紅白戦が始まった。

初回からエンジン全開の2軍チームは6点を奪う。

2回も2失点してしまうが、1年生チームの先発を担った九鬼はチームを鼓舞しピンチを切り抜ける。

 

3回からは浅田と奥村のバッテリーが登場するも1アウト3塁のピンチを迎える。

そんな1年生チームは8点差でも前進守備で戦う姿勢を見せる。

 

第20話 自己主張

1アウト3塁のピンチをドロップで乗り切る。

浅田の頑張りに応えるべく1アウト3塁のチャンスを作る1年生チームはここで奥村を迎える。

 

全く同じ場面で奥村はヒットを放ち1点を返すと、1軍帯同1年の由井と結城が試合出場を懇願する。

そんな熱い1年生に引っ張られるように沢村も試合出場を願おうとするが、

2軍メンバーの活躍の場を奪いたくないと全力の応援に努める。

 

第21話 時間がない

結局終わってみれば15-3で先輩チームが勝利する。

新しく3人が1軍、4人が2軍に合流を果たし、1軍メンバーの緊張感も高まる。

 

夏に向けてやらなければいけないことが多い青道高校だが、競争はさらに激化する。

 

第22話 指名

練習では一年生捕手と組むよう御幸から命じられた沢村と降谷。

沢村は由井と降谷は奥村と組んで練習に励む。

1年生との練習での相乗効果はあるのだろうか...

 

久しぶりに御幸が受けてくれることになり喜ぶ沢村だったが、御幸の練習する姿を見て自分の時間をさらに本気で生きようと思う。

その練習を見ていた片岡監督は選抜ベスト4の白龍戦の先発に起用すると宣言する。

 

第23話 一球一秒

ゴールデンウィークに入り強豪校同士が各地で練習試合を行っていた。

青道高校も1軍2軍問わず練習試合に明け暮れていた。

 

結果を残すものと調子を崩すものがハッキリする中で白龍戦が始まる。

大きなチャンスをもらった沢村の一世一代の勝負はストレートから始まる。

 

第24話 未完成

沢村は再三のピンチを招くも御幸を中心としたバックに助けられる。

それでも盗塁阻止には御幸だけではなく、沢村のクイックも必要であり美馬から良く仕込んだなと褒められる。

 

しかしその言葉に御幸は『仕込むも何もまだまだ未完成』と青道ピッチャー陣の伸びしろを感じさせる言葉を残す。

 

第25話 解禁

沢村の好調を受け焦る降谷は積極性をはき違え傲慢なプレーに終始し、途中交代させられる。

一方の沢村は白龍戦を投げ、レベルの高い試合の中で成長していく。

 

ピンチにも強心臓を発揮し、真のエースに近づく。

 

第26話 同じ旗の下

結局、沢村は白龍戦を1失点完投勝利を収める。

降谷からもナイスピッチと言われるも、被安打9・四死球1の内容に沢村は満足していないと宣戦布告する。

 

熱くなる降谷だったが安定感に欠ける投球を見せてしまう。

しかしバックはエースとしての重圧を背負うって投げていることが分かり、集中して盛り上げる。

 

第27話 THE NOTE

沢村の好投で、一気にムードがエース沢村となっていた。

そんな時に片岡監督は野球ノートで沢村と降谷に思いを伝える。

 

沢村へのコメント
これまでエースになることを決して諦めずただひたすら前だけを向き、一歩、また一歩と階段を上がってきたお前だからこそ呼び込めた結果だと思う。
自身の上には奢りがあり、謙遜の下には卑屈がある。
これからもしっかりと地に足を着けて歩んでいって欲しい。
次の登板も楽しみにしている。

 

降谷へのコメント
やはり今日の試合、お前を白龍戦の先発を任せなくてよかったと思う。
2試合とも勝つには勝ったが内容は理想とはほど遠い。
力任せなピッチング、減らないファーボール、ランナーを背負った時の脆さ。
お前が目指している投手像がこちらには見えてこない。
お前のいう日本一の投手とはどういう投手だ?
どんなに偉大な記録を打ちたてた選手であろうとある日突然そこに辿り着くわけじゃない。
一日一日積み重ねてきた結果が偉大な記録になったというだけだ。
そこに辿り着く為には何が必要か
その日その一日をどう過ごすべきかもう一度よく考えてもらいたい。

想いを受け取った2人のエースは動き始める...

 

第28話 止まんねぇからな

2人が刺激しあい層の厚いピッチャー陣が完成し始めていた。

2年2人がチームの看板となったことで、強打の青道と言われた時代を思い出し3年生は課題を克服するように練習に励む。

 

一方、降谷は沢村ではなく本郷を意識し春のままではダメだと力が入ってしまう。

焦りから軽いけがをしてしまったが、一大事とはならなかった。

が、夏に向けた熾烈な戦いは佳境を迎えていた。

 

 

『ダイヤのAactⅡ』まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

熱い野球アニメを是非体感してみて下さい!!

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!