スポンサーリンク

2019年冬も色々なドラマが放送されるようですが、「後妻業が一番楽しみだ」という人は多いのではないでしょうか?

何を隠そう『後妻業』は2019年冬唯一のブラックドラマ。

ただのブラックじゃないですよ...漆黒です...

 

原作は直木賞作家・黒川博行の小説。これがかなり面白かった!!

これぞ、欲望渦巻く大人のエンターテインメント

 

原作ファンのわたしが『後妻業』の魅力をキャストやあらすじと合わせて熱く紹介します。

 

ドラマ版『後妻業』あらすじ。昼ドラなんて目じゃないドロドロした人間模様に注目

[youtube]

[/youtube]

オトコをたぶらかす天才・武内小夜子(木村佳乃)は、結婚相談所を経営する柏木亨(高橋克典)が陰で営む後妻業のエース。

その美貌、話術、度胸で数々のオトコを虜にし、後妻としてその最期を“看取り”、遺産を手に入れてきた。

そんな小夜子に狙われた資産家の娘・中瀬朋美(木村多江)は、知人の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)の力を借り、病床にふせる父の遺産を守るために立ち上がる。

4人を取り巻くひとクセもふたクセもある人物たちと共に、<小夜子と柏木><朋美と本田>の壮絶なバトルの火蓋が切って落とされる!

公式サイトより

そもそも"後妻"という言葉が聞きなれないですよね。

”後妻”というのは「妻と死別・離婚した男が、そのあとで妻に迎えた別の女」のこと。

 

『後妻業』では結婚相談所経営者(高橋克典)が妻と死別した男に悪女(木村佳乃)を紹介し遺産をかすめ取ろうとします。

それを阻止すべく遺族が戦うという話。

 

あらすじから業の深さがうかがえますね...

原作を読んだ時はゾクゾクする展開の連続で人間不信になりました。

あんな胸糞悪い話がドラマ化されるのかと思うと...

 

めちゃくちゃ楽しみです!!

 

冬ドラマ『後妻業』のキャストは原作設定より若い?

木村佳乃 役・武内小夜子

[box class="box26" title="基本情報"]
  • 生年月日:1976年4月10日
  • 出演作:『僕のヤバイ妻』『告白』『ひよっこ』
[/box]

役柄
オトコをたぶらかす天才。次々と孤独な男を手玉にとり遺産を奪うプロ。

悪女を演じるのは木村佳乃さん。どんな狂気の演技が見れるのか期待でいっぱいです。

原作設定よりかなり若いと思います。そのギャップをどう埋めるかにも注目したいところ。

 

高橋克典 役・柏木亨

 

View this post on Instagram

 

金曜8時のドラマ・特命刑事カクホの女さん(@kakuho_tv)がシェアした投稿 -

写真真ん中

[box class="box26" title="基本情報"]
  • 生年月日:1964年12月15日
  • 出演作:『特命係長 只野仁』『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』
[/box]

役柄

結婚相談所「微祥」の経営者。裏では孤独な男性に悪女を紹介し遺産を奪う"後妻業"を行っている。黒幕的存在

セクシーな悪役柏木亨を演じるのは高橋克典さんです。原作のイメージとかなり近いですね。

 

木村多江 役・中瀬朋美

 

View this post on Instagram

 

【公式】ブラックリベンジさん(@_blackrevenge_)がシェアした投稿 -

[box class="box26" title="基本情報"]
  • 生年月日:1971年3月16日
  • 出演作:『愛を乞うひと』『大奥』『ブラックリベンジ』
[/box] 役柄

父親の遺産を盗られまいと奮闘する娘。小夜子(木村佳乃)の狙いに気づき壮絶な争いを繰り広げる

悪女と闘う中瀬朋美を演じるのは木村多江さん。原作キャラクターは強烈で切れ者といった感じでした。

木村多江さんにはあまり”強い女”のイメージはないのでどうなるのか...

 

伊原剛志 役・本多芳則

 

View this post on Instagram

 

伊原剛志さん(@tsuyoshi_ihara)がシェアした投稿 -

[box class="box26" title="基本情報"]
  • 生年月日:1963年11月6日
  • 出演作:『チーム・バチスタの栄光』『NINJA』『十三人の刺客』
[/box]

役柄

元大阪府警のマル暴刑事だったが、警察の情報をヤクザに流したことがバレて退職し、現在は私立探偵をしている男。大学のゼミの後輩である朋美から「後妻業」の調査依頼を受け、小夜子と柏木の秘密に迫り、2人を追い詰めていきます。

 

葉山奨之 役・黒澤博司

 

View this post on Instagram

 

葉山奨之さん(@officialshonohayama)がシェアした投稿 -

生年月日:1995年12月19日

出演作:『セトウツミ』『僕たちがやりました』『逃げるは恥だが役に立つ』

役柄:小夜子の元に現れた弟で、物語の後半のカギを握る

黒澤博司役には葉山奨之さんが起用されました。

黒澤博司って原作では小夜子の弟役でおっさんどころかおじいちゃんの域に達してる人物なんですが...

映画版では息子として描かれていました。

葉山さんが木村佳乃さんの弟役は若すぎる気がしないでもないですが...

 

篠田麻里子 役・三好繭美

 

View this post on Instagram

 

shinodamarikoさん(@shinodamariko3)がシェアした投稿 -

生年月日:1986年3月11日

出演作:『マジすか学園』『大切なことはすべて君が教えてくれた』『銭女』

役柄:柏木が目をかけているホステス

男を金としか思っていないホステス役には篠田麻里子さんが起用されました。

"男を金としか思っていない"というのがポイントで後半に物語を動かします。

[box class="box3"]

その他キャスト

長谷川朝晴 役・佐藤司郎
平山祐介 役・橋口健太郎
田中道子 役・山本絵美里
河本準一 役・新井欽司
濱田マリ 役・西木尚子

[/box]

主題歌はエレカシ・宮本浩次、ソロデビュー曲「冬の花」

[youtube]
[/youtube]

『後妻業』の主題歌はエレファントカシマシのボーカル宮本浩次さんが歌っています。

毎話ラストにこの曲が流れると切なさが倍増しますよね。

かなりドラマにマッチしている曲です。

 

実は一足先に映画化されています

実はドラマ化より前に『後妻業の女』という名前で映画化されています。

大竹しのぶさんが小夜子役。ドラマ版では木村佳乃さんが演じますが、原作のイメージと近いのは大竹しのぶさんでしょう。

この映画、賛否両論ありAmazonレビューでは手厳しい評価を受けています。

大竹しのぶの嫌味のない後妻業の姿。
大竹しのぶだからこそ面白かったと思う。

原作とイメージが良い意味で違います。
大竹しのぶが可愛らしいので、暗さがない、ラストも違いましたが、そこが良い。

そんな中でも大竹しのぶさんだけはめちゃくちゃ好意的な意見が多く、木村佳乃さんがこれを超えることができるのか期待です。

映画版はコメディタッチ+人の闇という不思議な作品でした。

ドラマ版はシリアスで行くのか映画と同じくコメディタッチでいくのかにも注目ですよ。

参考>>【原作と比較】映画『後妻業の妻』感想。見どころが大竹しのぶしかない映画だった...

 

冬ドラマ『後妻業』のキャスト&あらすじまとめ

『後妻業』がどんな風にドラマ化されるのか楽しみで放送が待ちきれませんよね。

こういうドロドロ作品ってあんまり大きな声では言いにくいですけど

めちゃめちゃ大好きです。

 

なんなんですかね。この怖いもの見たさというか...

昼ドラ好きは絶対ハマりますよ!!

[kanren id="7073"]

 

[memo title="MEMO"]

FODU-NEXTビデオパスにて配信しています。残念ながら見放題作品ではなく追加課金が必要です。

他の作品も数多く配信しているのでこの機会にチェックしてみて下さい。

【公式】FOD配信作品はこちら

[/memo]
スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!