Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【合法】映画、ドラマ、アニメを8カ月+α無料で楽しむ方法。隠れてみんなやってます!!

【ネタバレ】ドラマ『後妻業』4話感想&考察。W木村の壮絶なシバきあい…勝ったのは木村多江!!【あらすじ】

『後妻業』4話ではW木村が壮絶なシバき合いをしたり、新キャラ博司が登場したり盛りだくさんでした。

小夜子の家族にまつわる新事実や、小夜子の生い立ちなど明かされた謎がいっぱい。

そこで3話のあらすじ、伏線をまとめました。

博司は原作と違った設定ですので小説版と比較しながら考察していきまーーーす

ここからネタバレ込みの内容になります。

自分の目でチェックしたい人はFODU-NEXTビデオパスで配信中です!!

『後妻業』4話ネタバレあらすじ&感想

新たな悪人司法書士・新井欽司

小夜子(木村佳乃)は朋美(木村多江)に、これまで自分が後妻に入った資産家の老人すべてが“孤独”を抱えていた、さらに、朋美の父親も死を望んでいた、と打ち明ける。それを知った朋美は動揺する。ひとまず朋美の追及を逃れた小夜子は、早速、幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと動き出すが、認知症を患っている幹夫には思うように話が通じず、さすがの小夜子も手を焼く。

そのころ、本多(伊原剛志)は小夜子が早くも次のターゲットを見つけたことを突き止め、後妻業の黒幕である柏木(高橋克典)に接触。朋美に雇われた探偵だと身の上を明かしたうえで、小夜子について探りを入れるが、当然、柏木はそう簡単に口を割らない。そこで次は、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に接触。新井が小夜子が公正証書を作成する際に証人となっていた、という事実をネタに、揺さぶりをかける。小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう、手を回したのだ。

新たな悪人・司法書士・新井欽司(河本準一)が登場しました。

司法書士という身分で後妻業だと知りながらも遺言公正証書を作っていた悪人です。

次長課長の河本さんが演じているんですが、胡散臭さがハンパなくてハマり役でしたね。

 

この司法書士、原作ではかなりの小心者でさぐられるのをめちゃくちゃ嫌がっていました。

小夜子の後妻業も一気にやりにくくなったかも。

 

新キャラ博司登場

そんなやり手の本多が現れたことで、次の手を考える柏木。そこへ、刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之)が訪ねてくる。行くあてのない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の居場所を聞き出す。小夜子は、5年以上会っていなかった弟が現れたことに立腹するが……。

さらに新しい登場人物として小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之)が登場しました。

麻薬の運び屋として捕まり5年服役して遂に出所。

原作小説と映画版では結末に大きく絡む重要人物でした。

ですが原作小説と映画版とは異なった描かれ方をしそうです。原作では害悪でしかなかったですがドラマでは憎めない役どころになりそう。

 

明かされる小夜子の生い立ち

小夜子の生い立ちが同じく後妻業をしている瀬川から語られました。

瀬川が語った小夜子の生い立ち

  • 小夜子は父親から小さい頃から暴力を受けていた
  • 父親が育児放棄して小夜子は児童養護施設へ
  • 叔父さん夫婦に引き取られるも叔母さんからはいじめを、叔父さんからセクハラを受ける
  • 家をでて水商売で稼ぐも好きだった男の借金を背負い風俗落ち

いやぁキツイっす。小夜子の生い立ち壮絶すぎますね。

小夜子がやってることは許されないこととはいえ同情してしまう気持ちも…

 

W木村のビンタ合戦勝者は木村多江

新たな後妻業のターゲットとなってる認知症のうどん屋の店主に朋美(木村多江)は警告しに行きます。

そこで小夜子(木村佳乃)とばったり出会う。

バチバチのどつき合いを始めます。

認知症のうどん屋の店主が急に胸をもみはじめて「こっちのおっぱいの勝ちーーー」って言ったときは何だこれって思いました。

しかも周りのおじいちゃんたちが拍手し始めるっていう…なんだこのシーン(笑)

 

なんやかんや言い合ってビンタして最後は朋美が足をかけて勝利。

W木村ビンタ対決は木村多江の勝利で終わりました。ってかこのシーンいる?

 

博司は小夜子の息子と判明

柏木が博司の部屋を東京に探しにいったことに感謝を伝える小夜子。その電話中に衝撃的な事実が…

博司は弟ではなく息子!!

実は原作小説では弟で映画版では息子として描かれていた博司。ドラマ版では息子設定のようです。

 

博司が小夜子の息子であり、それを隠しているということが今後の物語にどう関わってくるのか注目です。

 

みんなの声

【考察】5話以降どうなるドラマ版『後妻業』

小夜子の貯金通帳の残高は300,905円

4話終盤で小夜子が貯金通帳を眺めるシーンでは残高は30万円のみ…

小夜子が後妻業でだまし取ったお金は推定3億と本多が言っていました。お金どこ行った!?

やっぱり児童養護施設に募金してるのかな。

 

そして4話では朋美と事実婚の旦那佐藤司朗がアシスタントの絵美里と事務所で浮気。それを目撃しちゃうっていう展開に…

朋美は朋美で小夜子を探ってくれている本多に惹かれていってますし、5話では家にいくみたいです。

朋美と本多のラブロマンスが始まっちゃうのか!?5話に期待。

ドラマ『後妻業』4話感想&ネタバレ考察まとめ

小夜子の生い立ちを聞くと小夜子に同情せざるをえませんよね。

貯金通帳に30万円しかなかったのは衝撃的でした。

いったい何に小夜子はお金を使っているのか。

 

そして朋美夫婦の破綻が見えてきました。

ここから更にドロドロの愛憎渦巻くドラマになっていくのか!?

MEMO

FODU-NEXTビデオパスにて配信しています。『後妻業』を見るために無料期間を使う価値あります!!

他の作品も数多く配信しているのでこの機会にチェックしてみて下さい。

【公式】FOD配信作品はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です