Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
最強のアニメランキングあります 

【ネタバレ】『イノセンス 冤罪弁護士』5話感想&あらすじ。パワハラ顧問は結局無罪なの?

だから間違ったことをしてもいいなんて理屈はないんだよ by拓

5話は部活の顧問によるパワハラ&体罰を取り扱った回でした。

『イノセンス 冤罪弁護士』は毎回見た後モヤモヤさせられますが、今回のモヤモヤ度は半端じゃない!!

スポーツ界の指導者のパワハラや体罰は最近なにかと話題ですよね。

現代の社会問題に一石を投じるようないい回でした。

 

5話のストーリーを追いながら次回以降の伏線にも注目です。

これを見れば『イノセンス 冤罪弁護士』5話のすべてがわかる!!

ここからネタバレ込みの内容になります。

自分の目でチェックしたい人はHuluで見放題作品になっているのでチェックしてみて下さい!!

新規加入者限定で2週間の無料期間があるのでお得でーーーす

【ネタバレ】『イノセンス 冤罪弁護士』5話あらすじ&感想

高校の名門フェンシング部で顧問を務める高松洋介(豊原功補)から依頼を受けた拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)。高松は部活の指導中に剣で突いたエース選手の藤里(清水尋也)が、不整脈による心停止を起こしたことで業務上過失傷害で在宅起訴をされたという。藤里は一命こそ取り留めたものの、現在も自宅で療養中。高松は必要以上に強く突いた可能性はないと話す。

藤里に話を聞くため自宅を訪ねる拓と楓、穂香(趣里)だが母親に門前払いをくらい学校へ。校長と部員たちは優秀な指導者だった高松と藤里の間にトラブルはなかったと証言し、部員の田代(柾木玲弥)は高松のためなら法廷で証言をしてもいいと申し出る。

聡子さとこ(市川実日子)が手に入れた事故当時の練習の様子が映り込んだ映像をチェックする拓たちだが、肝心の事故の瞬間にちょうどノイズが入っていてよく見えない。

そんな中、かつて楓が所属していた大手弁護士事務所内での悪質なセクハラが表沙汰になり、週刊誌から取材依頼を受けた楓はセクハラ被害の辛い記憶を掘り返されることに思い悩んでいた。
そして迎えた高松の裁判の弁護側証人尋問の日。証言台に立った田代の発言に法廷は大混乱に陥る!
しかし、地道な調査と秋保(藤木直人)の協力で拓があぶり出したのは誰も予想しなかった意外な真相だった…!

今回の依頼はパワハラと体罰を疑われた顧問

名門フェンシング部の顧問・高松洋介(豊原功補)。部活中エース選手の藤里(清水尋也)が心停止を起こしたことで業務上過失傷害で起訴をされてしまいます。

フェンシングは電子機器を使った競技で、今回の事件は心停止が原因なので冤罪の匂いがプンプンです。

今回はけっこう余裕な案件かなと思っていたんですが、事件を知らべていくと深い闇が!!

 

部員の田代(柾木玲弥)は最初顧問の先生に好意的な感じでしたが証言台では一変…

「高松監督はいつも高圧的で体罰も行われていました」と証言します。そして高松監督が藤里をビンタする体罰の証拠映像を披露。

いやぁ厳しい状況まで追い込まれました。

  • フェンシングの突きでは心肺停止は起こりえない
  • 田代(柾木玲弥)はなぜ証言を変え高松監督を告発したのか

 

高松監督の暴力の真相

高松監督:「どれだけきれいごとを言ってもスポーツには才能が必要になってくる。部員たちを平等に扱うことが自分にはできなかった」

そう話す高松監督はエース選手の藤里を相当期待していたようです。

その藤里が酒とたばこを持ち込んでいることを目撃した高松監督。それでビンタしてしまった。

体罰はそれ一回きりだったそうですが、一回でも動画でばっちり撮られちゃいました。

 

心停止の原因

心停止の原因はやはりフェンシングの道具関連。

テスラコイルと呼ばれるものを体育館ステージ下に設置し、剣先の接触により50mAの電流を流すよう仕掛けを作ったという真相でした。

ココで重要なのは今回の事件は事故ではなく人の悪意によってもたらされたものだということです。

この仕掛けを作ったのは名門科学部の部員でした。

彼は「命令されてやった。本人の希望でやった」と衝撃的な証言を…

 

黒幕は心停止した藤里本人

 

View this post on Instagram

 

【公式】新土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」さん(@innocence_ntv)がシェアした投稿


まさかの心停止事件を仕掛けたのはエース選手の藤里でした。

「監督の期待が重かった」と話す藤里。「単独メニューなどをさせられて部内では孤立。辞めたかったが監督も親も辞めさせてはくれなかった」だから自殺しようと考えたみたいです。

部員の田代は逆に高松監督が自分を認められないことに腹を立てていた。そこで高松監督からフェンシングを奪おうとこの作戦を提案。「監督の突きで藤里が死ぬ計画」は藤里、田代、理科部員の3人が共謀して起こしたものでした…

さすがに幼稚すぎんだろって思ったんですが、逆にリアルっていうか高校生って感じでよかったと思います。藤里を演じた清水尋也さんもクソガキ感が素晴らしかった!!

 

「どうすればよかったんですか」と聞く藤里に拓が「僕にも分らなかったかもしれない。だから間違ったことをしてもいいなんて理屈はないんだよ」と叫んだシーンは胸に刺さるものがありましたね。

 

拓が断言できることは2つだけあるといいます。

  • 藤里は間違ったやり方をしたこと
  • 藤里が死ななくてよかった

拓の優しさが身に沁みますよ。

高松監督に罪はないのか

 

View this post on Instagram

 

【公式】新土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」さん(@innocence_ntv)がシェアした投稿

今回の事件のモヤモヤポイントはココに集約されると思います。

たしかに心肺停止をおこした原因はエース藤里であり、高松監督は無関係でした。

でも藤里が追い込まれたのって高松監督にも責任があるんじゃ…

法外な指導ではなかったのかもしれませんが、体罰をした事実はありますし…これパワハラじゃね?

 

高松監督無罪だからバンザーイ!って話じゃなくて指導者として高松監督も間違えていたってことなんじゃないかな。そして仕組まれたものだったにせよ体罰の動画が明るみにでてその責任を負うことになった。

そもそもエースと信頼関係を築けないなら指導者失格でしょ。

高松監督:「どれだけきれいごとを言ってもスポーツには才能が必要になってくる。部員たちを平等に扱うことが自分にはできなかった」

まあこの時点で高校の部活顧問ならお察しですよ。

結果高松監督もその代償を払うことになりました。

みんなの声

6話以降の伏線考察。秋保(藤木直人)の妹は事件で殺された!?

徐々に明らかになる拓20歳の時の事件

学生時代に拓を大きく変える事件があったのは間違いないですが、その全貌が徐々に明らかになってきてます。

4話では湯布院弁護士、別府所長、有馬が関係者だということが明かされましたが、5話では一転。当事者は秋保だけみたいです。

楓(川口春奈)のもらったファイルには新聞の切り抜きが貼ってありました。そこには被害者・秋保彩花の文字が!!

実は秋保妹が事件の被害者っていうのを予想していて的中しました。よかったら的中したのも読んでみてください。

『イノセンス 冤罪弁護士』5話感想&ネタバレあらすじまとめ

5話はなかなか難しい話でした。

『イノセンス 冤罪弁護士』はどっちかに振り切らないのがいいですよね。

現実は正義と悪で簡単に分けられるものではないですから。

モヤモヤして何時間もそのあと考えてしまうようないい回でした。

『イノセンス 冤罪弁護士』はHuluで見逃し配信中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です