スポンサーリンク

6話は須賀健太さんが金持ちボンボンヤンキー役を熱演しました。

気づかない内にこんなに大人になってたのね。

 

肝心のストーリーもかなり重厚でおもしろかった!

6話のストーリーを追いながら次回以降の伏線も解説。

これを見れば『イノセンス 冤罪弁護士』6話のすべてがわかる!!

ここからネタバレ込みの内容になります。

自分の目でチェックしたい人はHuluで見放題作品になっているのでチェックしてみて下さい!!

新規加入者限定で2週間の無料期間があるのでお得でーーーす

【ネタバレ】『イノセンス 冤罪弁護士』6話あらすじ&感想

拓と楓は事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太)の弁護を担当することに。友人の新島彰を射殺した疑いをかけられた裕也は被疑事実を否認しているものの状況証拠が揃っており、限りなく黒い上、本人の評判も最悪。
樽前家を訪ねた拓たちは住み込みの使用人・有珠田(吹越満)から事件当日、裕也は部屋にこもって楽器を弾いていたと聞く。
自称ミュージシャンの裕也は日頃から大音量で楽器を弾くため近所から苦情が来ていたというが、事件当日に楽器の音を聞いた人は見つからない…。

金持ちボンボン・ヤンキーは無罪なのか

今回は樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太)の弁護を担当することになる拓と楓。

友人の新島彰を射殺した疑いをかけられています。

明らかに小物臭がしていて殺人はやらなそうな感じでしたね。

 

アリバイとしてその日は部屋で楽器を弾いていたと話ますが、近所でそれを聞いた人はいない。

住み込みの使用人・有珠田(吹越満)は楽器音を聞いたというが...

普段からめちゃめちゃ苦情が来ていたみたいですけど、金持ちなら防音くらいしっかりしろ(笑)

今回はその防音をしなかったことがアダとなりましたね。

 

6話も簡単な冤罪事件ではなかったです。探っていくとそこには恐ろしい闇が...

 

じゃああの女性は誰?

その頃、事務所には殺された新島の母(山下容莉枝)が樽前の弁護をやめてくれと直談判に訪れていた……。裕也のアリバイが固められない中、なんと、穂香の息子・晴斗が誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供が死ぬという脅迫メールが届く!新島の母が誘拐したと直感する拓だったが、思わぬ事実発覚で事態は急展開!
果たして拓は、科学の力で事件の真相を暴き、晴斗を救うことができるのか!?

事務所には殺された新島の母(山下容莉枝)と名乗る人物が。

樽前は学生時代イベントサークルで性的暴行をしていた過去があり、それをゆすっていた新島が殺されたと話し帰ります。

そんな中なんと穂香の息子・晴斗が誘拐。あきらかにさっき事務所に来ていた新島の母(山下容莉枝)が怪しい。

即座に新島宅に向かうも、そこには全く別人の新島の母が!新島の母と名乗って事務所に来ていた女性は新島の母ではなかった...怖すぎぃぃぃ

じゃああの女性はいったい誰なの?

 

あの女性の正体

樽前の学生時代イベントサークルでの性的暴行を知っているのは関係者しかいないと気づいた拓。事務所総出でイベントサークルの関係者を当たります。

そこで女の子が一人自殺していたことが判明。

あの謎の女性は自殺した女の子のお母さんでした。

だから子供を誘拐してまで、弁護を辞めさせたかったんですね。それくらい娘の自殺の原因になった樽前を憎んでいたと...

楽器の演奏音が聞こえなかった原因

樽前の楽器の演奏音は少し離れた家の鳥を記録しているというビデオテープにかすかに聞こえていました。しかしもっと近くの家の住人たちは全く聞こえなかったと話します。

樽前の楽器の演奏音が聞こえなかったのは聴覚特性と呼ばれるものが原因でした。

人間の耳は低い音の周波数より高い音の周波数を聞きやすい傾向にある。

事件当時は工事が行われており工事音により低いベース音が聞こえなかったということでした。

 

真犯人は使用人・有珠田

 

View this post on Instagram

 

【公式】新土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」さん(@innocence_ntv)がシェアした投稿 -


新島を殺した真犯人は使用人をしていた有珠田(吹越満)でした。有珠田は新島と樽前が乱暴をされたことで自殺した娘の父だったんですね...

使用人として樽前に近づき復讐の機会をうかがっていた。

凶器の殺傷能力のあるエアガンや樽前の靴の足跡が発見されたのは、有珠田が偽装工作をしたからでした。

娘が乱暴された倉庫で新島を殺し、その罪を樽前にきせようとした。

悲しすぎますよ...こんな結末。

でもそれだったら「楽器音を聞いた」と言わなかったらよかったんじゃ...

 

それでも拓は無罪を主張

有珠田は「黒川先生はこんな男を助けるために弁護士になったんですか」と叫びます。

それでも拓は無罪を主張します。

拓はすみませんと深々と謝罪。「もしお嬢さんの受けた被害がしっかりと司法で裁かれていたのであれば、2人をここまで追い込めることはなかったかもしれない」

このセリフには溜息がでましたよ。いやぁほんとそうなんだよなぁ。

黒川拓が憎んでいるのは冤罪ではなく、真実を追い求めない司法なんだということを強く印象づけましたね。

もししっかり操作がされていれば有珠田は人を殺す必要はなかった...

 

みんなの声

7話以降の伏線考察。拓の過去がかなりわかってきた

20歳の時の事件の犯人は拓の幼馴染

東央大学生殺人事件。この事件により秋保の妹が殺害されたことは5話で明らかになりました。

6話では

当時事件を担当したのが拓の父・黒川真、弁護したのが別府所長のお兄さんだということも分かりました。

 

さらに犯人が自殺したことが判明。その犯人は拓の幼馴染だったという...

拓は犯人として父が起訴した幼馴染を真犯人だとは思っていないってことなのかな。

幼馴染を死に追いやった冤罪を憎んでいる。そういうことなのか。

7話以降どんな新事実が出てくるか楽しみですね。

 

めちゃくちゃミスリードしちゃった最終回の予想もどうぞ

『イノセンス 冤罪弁護士』6話感想&ネタバレあらすじまとめ

6話もかなり重厚な回でした。

子供が誘拐された時は事務所に来ていた新島の母が明らかに怪しかったので新島の家に行くと全く別人の新島の母がいた時は鳥肌がヤバかった。

他人を語っていたとか怖すぎます。

 

そして今回の真犯人の動機が悲しすぎる。

みたあとズッシリくるいい話でした。

『イノセンス 冤罪弁護士』はHuluで見逃し配信中です

*配信情報は執筆時時点のものです。詳しくは公式ホームページをご確認ください

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

夏ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの夏ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

夏ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


今年の夏はドラマ熱い!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く夏ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!