Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
最強のアニメランキングあります 

【ネタバレ】『イノセンス 冤罪弁護士』7話感想&あらすじ。真犯人は依頼人・川島海荷…坂口健太郎は真相と弁護どちらを取る?

『イノセンス 冤罪弁護士』が始まって、いつかはこの時が来ると思っていました。

弁護しようと、無罪を証明しようと調査した結果…真犯人が依頼人だと分かったら…

 

今まで冤罪だと証明し数々の無罪を勝ち取ってきた拓(坂口健太郎)。

真実を追い求める拓がとった選択とは!?

これを見れば『イノセンス 冤罪弁護士』7話のすべてがわかる!!

ここからネタバレ込みの内容になります。

自分の目でチェックしたい人はHuluで見放題作品になっているのでチェックしてみて下さい!!

新規加入者限定で2週間の無料期間があるのでお得でーーーす

【ネタバレ】『イノセンス 冤罪弁護士』7話あらすじ&感想

楓(川口春奈)は、秋保(藤木直人)の妹を殺したとされた浅間(鈴之助)が拓(坂口健太郎)の幼馴染であること、自殺した浅間の冤罪を信じる拓に被害者遺族として複雑な思いを抱きつつ秋保が拓のサポートをしていることを知る。そんな中、拓と楓は、湯布院(志賀廣太郎)の代打で、資産家の乗鞍権三郎(団時朗)の殺人を疑われている若妻・満里奈(川島海荷)の弁護を担当することに。

練炭による一酸化炭素中毒で亡くなった権三郎が無理心中を図ったという満里奈は、自らも中毒症状で病院に搬送されているが、事前に練炭を買っていたことなどから殺人を疑われている。

さすがに今回こそ犯人か?

今回は資産家の乗鞍権三郎(団時朗)の殺人を疑われている若妻・満里奈(川島海荷)の弁護を湯布院先生(志賀廣太郎)が指名されます。

湯布院先生を前にテレビで見たから指名したという満里奈。終始ふてぶてしい態度です。

満里奈は練炭自殺で無理心中されそうになったと主張。「無罪にして」と言い放ちます。

満里奈が警察に疑われている理由

  • 乗鞍の体から出てきた睡眠薬が満里奈の私物だった
  • 練炭をネット通販で買ったのが満里奈だった
  • 事件の二日前に財産分与の資料を家から持ち出して貸金庫に移したこと
  • 乗鞍が死んだのに満里奈は生きていること

これは…さすがに今回こそ犯人なんじゃ…

 

満里奈はちゃんと部屋にいた

乗鞍家の廊下の防犯カメラ映像から、満里奈は一酸化炭素の充満した部屋に1時間以上いたことになるが……。
翌日、拓と楓、穂香(趣里)は乗鞍家へ。権三郎の前妻の息子・肇(六角慎司)は、練炭を焚いている間に満里奈が窓から外に出て、権三郎が死んでから戻ったに違いないと話すが、拓はあることに気づく。

公判の日、若者の目撃証言から満里奈が事件時間に窓から外出していたと主張する検察に対して、拓は庭のセンサーライトが反応していなかったことを根拠に反論。

警察は満里奈が生きているのは練炭を焚いている間に窓から外に出ていたためではないかと主張。

しかし部屋の窓を開けると防犯用のセンサーライトがつくことを拓が発見。

監視カメラ映像から事件の間センサーライトは無反応だったことを証明し警察の主張を潰します。

 

ですが弁護中拓は何かに気づいて弁護をためらいます…いったい何に気づいたのか。

 

弁護することと真実を追い求めることの矛盾

勝訴が見える中、なぜか深刻な拓に父親の真(草刈正雄)は「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動はない」と諭す。実は拓は満里奈が殺人を犯した可能性を疑い、思い悩んでいた…。
真実を追えば依頼人の嘘を暴くかもしれないことに、弁護士としてどうすべきか葛藤する拓。しかし、楓の一言がきっかけとなって命がけの実証実験を決意する!

父に呼び出され「本当のことを知りたいという動機で成り立つ弁護活動はない」と言われます。

確かに弁護士は依頼人の利益を守らなくてはいけません。しかし拓は真実を追い求めたい。

ですが今回の場合は真実を追い求めることで依頼人を追い詰めてしまうかもしれない…

いやぁなかなか難しいですね。

 

湯布院先生に依頼した理由

この事件もともと湯布院先生に依頼された案件だったんですが、なぜ満里奈は湯布院先生に依頼したんでしょうか。

そこで湯布院先生が過去に担当した事件を思い出します。

投資詐欺で一家が練炭自殺を計った事件で当時9才だった満里奈が奇跡的に助かったことが判明。

その事件の資料をみて拓は真相にたどり着きます。

しかし、真相を明らかにすれば満里奈が犯人だと証明することになってしまう…思い悩む拓に楓が一言

「どうして満里奈さんは最初に湯布院先生に弁護の依頼をしてきたのでしょうか。下手したら気づかれたかもしれないのに。わたしたちが満里奈さんのためにできることって…」

湯布院先生に依頼した理由で満里奈も気づかれたがってたってことなのかな。

 

真相を知った拓の選択

満里奈が犯人だと分かってしまった拓。

真実を追い求める自分と弁護士という仕事の責任。拓がどのように選択するのか気になっていましたが…

拓がとった選択は…

拓:「罪を認めていただければ情状弁護に切り替えます。あなたがなぜそんなことをしようとしたのか訴えて少しでも刑罰が軽くなるように精一杯戦います」

拓が「自分が満里奈のためにできること」を考えた結果がこれだったのかなと思います。

 

満里奈の家族の自殺の原因を作った乗鞍が弁護士を使って罪に問われなかったという過去があり…

うーん。フェアじゃないなと思っちゃいましたね。

拓はどんな過去や理由があろうとも真実をもみ消すことはしないということみたいですね。

 

自らの罪を認める満里奈

弁護士を別の人物にかえ無罪になる寸前までいく満里奈ですが、急に自白を始めます。

拓に言われた「犯した罪から逃れ逃げ切ることは本当に満里奈さんの利益になるんですか?」という言葉で改心したみたいでしたね。

なるほど。こうきたか。

語られた背景がヘビーなだけにモヤモヤが強く残るラストでした。

 

みんなの声

『イノセンス 冤罪弁護士』7話感想&ネタバレあらすじまとめ

7話は今まで冤罪を晴らしてきた拓が、犯人と向き合ういい回でした。

正直この結果に納得できない自分もいて…

ですが最後の拓と楓の会話が一番しっくりきました。

拓:「弁護士として僕がやったことが正しかったのか…」

楓:「満里奈さんが選んだことです。正しかったのかわからないってことは正しかったのかもしれないってことじゃないですか」

なるほどなぁ

『イノセンス 冤罪弁護士』はHuluで見逃し配信中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です