Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【合法】映画、ドラマ、アニメを8カ月+α無料で楽しむ方法。隠れてみんなやってます!!

【キントリ3】『緊急取調室シーズン3』2話までの全話感想。大杉漣さんよ永遠なれ。シーズン3も重厚なストーリー!!

遂にシーズン3となる『緊急取調室』。

キャスト陣が本格派で、かなり面白い重厚なストーリーが見どころです。

シーズン3では田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、でんでんさん、小日向文世さんら、おなじみのメンバーが再集結。このメンバーはハズせないよね。

さらに塚地武雅さんが新メンバーとして加入!どうパワーアップするのか期待ですね。

 

もちろんシーズン3も全話視聴確定と言うことで放送後感想を更新していきまーーーす

岸快晴

キントリはシーズン1、2見てない人も楽しめるよ

やっぱりおもしろい!『緊急取調室シーズン3』全話感想

© tv asahi

第1話感想「完璧な人生」

全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁では、各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう、極端な指導が行われていた。ところが幹部たちが見学する中、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は反省の色がまったく見られない被疑者を、激しい剣幕で一喝。警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられてしまう。
その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史)が逃走。主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質にして民家に立てこもった野本は、なぜか交渉役に玲子を指名する。しかも、この事件は期せずして、警視庁を揺るがす事態へと発展! なんと、たったひとりで家内に突入した玲子が、野本に対して発砲し、死なせてしまったのだ。
人質救出のためにはやむなし…との見方が世間に広がる中、キントリは事件の経緯を記録するため、玲子の取り調べを開始する。キントリの面々が目を光らせる中、終始落ち着いた様子で応じる玲子。殺害時の状況に関する証言もさおりのものと一致しており、職務執行法に抵触する点は見受けられない。だが、彼女が交渉役に指名された理由はもちろん、突入から発砲までの時間の短さが、どうも引っかかる有希子たち。しかも、玲子はどういうわけか威嚇射撃は行わず、2発も発砲して…!?

出典:第1話|ストーリー|木曜ドラマ『緊急取調室』|テレビ朝日

シーズン3もやっぱりおもしろい!

立てこもり犯を発砲して殺した女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)。

やむを得ない発砲と思いきや、調べていくと見えてくる真相…

「銃が暴発した」と話す菊池だが、弾道から銃をコントロールしていたと判明します。

殺意を持って撃っていました。

自分が権力を握るためもみ消した真実を話されたくなかったってことでしたね。

うーむ。シーズン3も重厚でおもしろいなぁ。

 

最後にクレジットが流れたのもよかった。

中田善次郎役を演じてくださった大杉漣さんはこれからもずっとキントリの一員です。ありがとう善さん。

シーズン1、2を支えた大杉漣さんへのリスペクトがこもった演出でした!!

シーズン3出だしは良好。

第2話感想「」

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。
ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!
真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。
これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

どっちが犯人か?

SKE48の松井珠理奈がゲストとして登場した2話。見ごたえがありましたねぇ。

 

女流棋士対局中にスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が毒キノコ+下剤で死亡。

どっちが大庭を殺したのか?というのが見どころでした。

橘日名子(松井珠理奈)が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されます。

一方、宗形あずさ(紺野まひる)を調べていくと実家付近では毒キノコが生えていたり、怪しい点が…

最後までどちらか犯人かわからない展開!

 

途中でこれ共犯なんじゃ…って思ったんですけどいい意味で予想を裏切られましたね。

どちらも殺意はなく2人のしたことが作用しあって大庭は死んでしまったという結末。

くぅぅぅ今回も予想できない良い回でした!

 

ドラマ『緊急取調室シーズン3』全話感想まとめ

さあ始まりました。緊急取調室シーズン3!!

おもしろさは折り紙付き。

シーズン1,2を超えるシーズンになって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です