スポンサーリンク

2020年の大河は戦国時代です。

やはりキャラクターが強く大人気の時代とあり期待感が高まりますね。

 

2019年大河の『いだてん』はいつもとは違う感じだったのですが、今回はNHKが真っ向勝負をするようです。

 

主演の長谷川博己さんが演じるのは裏切り者のイメージが強い明智光秀です。

しかし制作サイドはそんなイメージを捨てて、一人の名も無い青年としてみて欲しいと語っています。

 

戦国時代や歴史を知らなかったり、興味がない人でも楽しめると語る大河がどうなるか楽しみです。

ビジュアルがカッコ良すぎるのでじっくりと大河『麒麟がくる』を感じていって下さい。

 

ポイント
  • 時代は戦国〜安土桃山時代
  • 主人公は織田信長ではなく明智光秀
  • ビジュアルがカッコいい!!

 

【あらすじ】

室町時代末期(1547年)。

幕府は弱体化し、世の秩序は乱れ、地方を巻き込んだ争いは絶えることがなかった。

 

そんな時代に、美濃の国に武士として生まれた。

 

戦の絶えない混迷の時代、

その若者は多くの人と出会い、

戦国の世に翻弄されながら必死に生きた。

 

まだ何者でもない1人の青年の物語がはじまる。

岸 快晴
ドラマは、明智光秀が二十歳のころからはじまるよ〜

 

 

これまでの放送
動画配信サイトで過去の放送を視聴できます

『麒麟がくる』

 

相関図

 

『麒麟がくる』キャスト一覧と役柄詳細

 

画像をクリックすると役柄を読むことが出来ます。

美濃

身分が高いとは言えない美濃の明智家に生まれるが、勇猛果敢な性格と類まれなる知力を、美濃を牛耳る斎藤道三に見いだされ、道三の家臣として重用されるようになる。やがて、主君として付き従った道三が討たれると、美濃を追われるが、後半生の主君・織田信長と出会ったことで彼の運命が大きく動き出していく。

美濃の守護代で光秀の主君。一介の油売りだった亡き父とともに親子二代で美濃の国盗りを目指す戦国下剋上の代名詞的存在。天才的な軍事力と狡猾(こうかつ)な政治力を持ち、金銭への執着も強い。

母は守護・土岐頼芸の愛妾だった深芳野(のち道三の妾)。自らの出自の謎にこだわるが故、父との折り合いは悪い。光秀の幼いころからの学友。

斎藤道三の娘(母は正妻・小見の方)。光秀とは姻戚関係であり、幼いころからの付き合いでもある。政略結婚により、のちに織田信長の正妻となる。

道三の側室で斎藤高政(義龍)の実母。そもそもは守護・土岐頼芸(とき・よりのり)の愛妾であった。ゆえに高政は自分の出自について疑いを抱いている。

光秀の叔父(父の弟)。明智家の当主で、道三の家臣。
明智家の行く末を常に案じている。

光秀が幼少時に死んだ父の代わりに「武士としての心構え」を諭す厳しくも心優しき母。

かつて道三と結託し、兄を守護の座から追い落とした過去を持つ。鷹の絵を描くのを好む。

光秀の正室。美濃の土豪・妻木氏の娘。戦乱に明け暮れ疲弊する光秀の心の支えとなる女性。

 

その他

光秀が美濃で出会う三河出身の農民。神出鬼没で、敵か味方かわからないが、常に光秀の危機を助ける。

京の戦災孤児・駒が、東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘。今は一座の座長になっている。全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議な女性。

 

尾張

尾張に根を張る、道三のライバル。海運を牛耳り、豊かな経済力を背景に、美濃の道三や駿河の今川と争う勇猛果敢な戦国武将。

織田信秀の継室であり、信長とその弟・信勝(信行)の生母。うつけと言われた信長を疎み、弟・信勝ばかりを可愛いがっている。

のちの秀吉。最下層の農民であったが、持ち前の人懐っこさと庶民ならではの自由さを武器に、信長の家臣として頭角を現していく。光秀生涯のライバル。

 

京に暮らす医師。今は落ちぶれているが、朝廷や各地の戦国大名などに不思議な人脈を持つ。生涯にわたって光秀を導く存在になる。大の双六好き。

光秀が京で出会う娘。医師・望月東庵の助手をつとめている。
戦災孤児で、伝説のいきもの・麒麟の存在を信じている。

主に畿内(きない)を中心に勢力を広める戦国武将。軍事政治両面で力を発揮し、荒々しく、したたかな生き方で、若き光秀に大きな影響を与える。戦国三大梟雄の一人。

塚原卜伝にも師事したといわれる剣豪将軍。
父・義晴とともに、混迷する京の情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍。三淵藤英を通じて、光秀と知己を得る。

室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)。光秀の盟友・細川藤孝の異母兄。幕臣として、将軍・足利義輝、足利義昭に仕える。

光秀の生涯の盟友。将軍奉公衆として室町幕府の再興に尽力する。当代きっての文化人であり、文武両道の人物。

 

駿河

「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を持つ有力戦国大名。その家柄と参謀・太原雪斎(たいげん・せっさい)の後ろ盾により、道三たちがおびえる東海最強の戦国武将。

 

三河

徳川幕府の創始者。幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、母と離れて孤独な子ども時代を過ごす。桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。のちに今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。

 

大和

もともと将軍家の家督相続者以外の子として仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府最後の将軍として擁立される。政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。

 

スタッフ一覧&基本情報

脚本:池端俊策 / 前川洋一 / 岩本真耶

演出:大原拓 / 一色隆司 / 佐々木善春 / 深川貴志

語り:市川海老蔵

公式ホームページ:リンク

公式twitterこちら

公式インスタ:無し

 

放送日程

初回放送:2020年1月19日スタート

放送時間

  • 総合:毎週日曜20時〜
  • BSプレミアム:毎週日曜18時〜
  • BS4K:毎週日曜9時〜

 

まとめ

さすが大河と言える豪華出演者が揃いましたね。

あれ?この違くない?であったりこの人完璧というキャスティングがそれぞれあると思いますが、見終わった後どうなっているか楽しみですね。

 

朝ドラとはまた違った盛り上がりを見せてくれそうです。

 

記事内の画像出典:「麒麟がくる」公式ホームページ

スポンサーリンク
FOD(フジテレビオンデマンド)は映画、ドラマが見れるだけじゃない

FODプレミアムおすすめポイント

  • フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ
  • 雑誌読み放題が熱すぎる
  • 月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる(マンガの購入に利用可能)

 

FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!!

最新の雑誌も読み放題です。ラインナップは100冊以上。

ジャンル 雑誌名
週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA!、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc.
女性ファッション誌 MORE、CanCam、BAILA、non‐no、Oggi、Ray、VOGUE JAPAN etc.
男性ファッション誌 MEN’S NON-NO、MEN’S EX、メンズクラブ、UOMO、GQ JAPAN etc.
ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc.
ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako (ハナコ) etc.

*ほんの一例です

FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。

>>他の配信作品を公式ホームページで確認する

\FOD2週間無料で楽しむ