©TOKAI TELEVISION BROADCASTING / WOWOW INC. Co.,Ltd.
スポンサーリンク

土ドラ枠でついに『ミラーツインズ』が始まりました~

 

このドラマは双子の人生が幼い時の事件で真逆になり、

兄は犯罪者として弟は刑事として育ち、20年後に再開するというオリジナルストーリーです。

軽く触れただけで面白そうな内容ですねよ~

 

そしてこのドラマの最大の見どころは主演を務める藤ヶ谷さんの一人二役の演技だと思います。

犯罪者と刑事という真逆の二人ではありますが、本質は同じところにある。

そういったところを一人二役で演じているのではないでしょうか?

そしてこの2人を待つ結末は・・・

それでは早速、ネタバレ込みの感想を見ていきましょ~

『ミラー・ツインズ』見逃し配信決定!!

うわ!!もう始まってたのか・・・って絶望している方。

そして1話見逃したら見ない派なんだよねって諦めかけた方に声を大にして言いたい!!

岸快晴
手持ちのカードは全部きったのかい?

なんとFODプレミアムにて配信しています。

今なら初回1ヶ月間の無料体験キャンペーン期間があるのでこの期間にチェックしよう!

今クールでは『ラジエーションハウス』や『パーフェクトワールド』『ストロベリーサーガ』『高嶺と花』『小説王』も既に配信しているので合わせてチェックです。

フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】ってどんなサービス?

FODプレミアム

ポイント
•フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ
•雑誌読み放題が熱すぎる
•月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる(マンガの購入に利用可能)

1.フジテレビのコンテンツが勢ぞろい

フジテレビのおもしろい番組が大集結。FOD(フジテレビオンデマンド)でしか配信していない過去の名作ドラマも多数。

 

2.雑誌が読み放題

FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!!

最新の雑誌も読み放題です。ラインナップは100冊以上。

ジャンル 雑誌名
週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA!、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc.
女性ファッション誌 MORE、CanCam、BAILA、non‐no、Oggi、Ray、VOGUE JAPAN etc.
男性ファッション誌 MEN’S NON-NO、MEN’S EX、メンズクラブ、UOMO、GQ JAPAN etc.
ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc.
ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako (ハナコ) etc.

*ほんの一例です

アプリとブラウザで閲覧可能です。紙のほうがいいと思っていましたが、FODを使ってみるとスマホがあると雑誌が読めるので便利です。

電車内やちょっとした待ち時間をワンランク上の時間にできますよ。

FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。

 

3.月額888円で月1300円のポイントがもらえる

FODプレミアムは毎月8の付く日(8日・18日・28日)に400ポイント毎月月初に100ポイントの計1300ポイントがもらえます。

 

このポイントは有料配信の作品や漫画・小説の購入に使えるポイントです。

漫画はいつでも全作品が20%ポイント還元!

888円の月額で1300円分のポイントはもはや錬金術。漫画を買う場合は超お得です。

こんな作品を配信しています

コード・ブルー
脱力タイムズ

リッチマン プアウーマン

ゴールデンカムイ
海月姫
ドラゴンボール

ドラマ『ミラー・ツインズ』ってどんな話?

本作はある殺人未遂事件から物語が始まります。
主人公は捜査に当たる事になった警視庁捜査一課刑事。事件の現場から唯一見つかった証拠品の中から、自分と全く同じDNAが発見され追われる身になる主人公・葛城圭吾。
圭吾は思います。もしかしたら犯人は幼い頃に誘拐され行方不明になっていた双子の兄・勇吾なのではないかと――。

同じ遺伝子を持ちながら誘拐事件のことを心に抱え続け刑事になった弟と、誘拐事件の被害者となり苦難の道を歩いたあげく犯罪者として現れた兄。
二人の人生は鏡のように裏表。どちらがどちらになってもおかしくないミラー・ツインズ。
だからこそ、心の奥底に浮かぶ強い思い。「俺はあいつとは違う」――

息もつかせぬ展開で描く、反目し共鳴しあう双子の運命!
果たして、どちらが本当の正義で悪なのか?!
同じDNAをもちながらも全く異なる人生を送ってきた双子を主人公に、新進気鋭の脚本家・高橋悠也が複雑で繊細な心理サスペンスをオリジナルストーリーで紡ぎあげます!

どうですか?

そそられますよね!!

双子ではないですが年の近い兄弟がいるので負けられないというか意識する気持ち分かります。

 

脚本家の高橋悠也さんは、このドラマを「各登場人物の内面にある『鏡に映るもう一人の彼ら』を探求する物語」と表現しており、登場人物一人一人に【もう一つの顔】を持たせている事が分かります。

出演者のコメントでも、「驚きがたくさん」や「本心と違うシーンが多い」等、予想できない展開が予想されるので楽しみです!!

相関図

詳しいキャスト一覧

「ミラーツインズ」全話ネタバレ&感想

メモ
警察官となったケイゴ(藤ヶ谷太輔)は
犯罪者となったユウゴ(藤ヶ谷太輔)は

第1話ネタバレ

視聴率:3.9%

双子の兄弟であるケイゴ(藤ヶ谷太輔)ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は同じように育ってきた。

しかしユウゴ(藤ヶ谷太輔)が事件に巻き込まれ連れ去られてしまう。

身代金の受け渡しを行ったのはケイゴ(藤ヶ谷太輔)だった。

その身代金が奪われた後は連絡もなくユウゴ(藤ヶ谷太輔)も帰ってくることは無かった。

 

20年経った今でも特番でユウゴの情報を募り私的懸賞金を出すという。

情報を集める中で20年前の現場で殺人未遂事件が起こる。

被害者のタジマは犯人と争った際に毛髪を掴み取り、顔も目撃している。

タジマはケイゴ(藤ヶ谷太輔)を犯人だと言う。

 

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は自分の毛髪をDNA鑑定にかけることにする。

そして容疑者とDNAが一致する。

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)が重要参考人として聴取されることに・・・

 

そして里美(倉科カナ)の家にはユウゴ(藤ヶ谷太輔)がおり親密な関係である。

感想

え??

里美(倉科カナ)さん?

倉科カナさんはユウゴ側の人間ということだよね?

 

それと最後の”復讐”って言葉ですけど1話では葛城家に落ち度はなさそうだけど・・・

過去の事件にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。とても気になるスタートとなりました!!

第2話ネタバレ

視聴率:2.9%

誘拐されたユウゴ(藤ヶ谷太輔)は犯人の義理の娘である里美(倉科カナ)に出会います。

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)の監視役をしていましたが、里美(倉科カナ)が逃がしてくれようとしまう。

しかしユウゴ(藤ヶ谷太輔)は「僕が逃げると君がひどい目に」と逃げることは無かった。

 

それでも犯人は里美(倉科カナ)に手をあげる。

そんな状況を見かねたユウゴ(藤ヶ谷太輔)は逆に犯人を殺してしまう。

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は事件に関わる全ての人物を殺すことを決意する・・・

 

一方、ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は現場のDNAから被疑者として拘留されることに。

あらゆる状況証拠が犯人はケイゴ(藤ヶ谷太輔)であると言っているようだと皆川(高橋克典)は疑う。

そして皆川(高橋克典)はケイゴ(藤ヶ谷太輔)を保釈する。

 

しかしタジマ殺しは葛城だと密告があり自宅の家宅捜索をされる。

タジマのDNAと一致する血痕が見つかりケイゴ(藤ヶ谷太輔)に逮捕状が出る。

そしてケイゴ(藤ヶ谷太輔)は逃走することに・・・

 

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は里美(倉科カナ)にアイツの本性を知ってんだろと言われる。

20年前の事件ではユウゴ(藤ヶ谷太輔)が拉致される際にケイゴ(藤ヶ谷太輔)は現場を目撃し逃走する。

感想

いや~一気に動きましたね~

20年前の真実が少しずつ分かってきました。

なぜケイゴ(藤ヶ谷太輔)は逃げ出してしまったのか?う~ん勘違いがあるような気がしますが・・・

 

逮捕状が出て逃走劇が始まります。

第3話ネタバレ

視聴率:2.9%

逮捕状が出て逃亡生活を送ることになってしまったケイゴ(藤ヶ谷太輔)

逮捕状が出る要因となったハンカチは自宅マンションにあったため、実家から出てくるのはおかしいと考えるケイゴ(藤ヶ谷太輔)は自分のマンションに入れる人物が頭をよぎる。

 

一方、皆川(高橋克典)はケイゴ(藤ヶ谷太輔)を信じ、真実を探し続ける。

タジマの所有物から地図が見つかりその場所に行くと白骨遺体が見つかる。

その遺体こそ犯人であり里美(倉科カナ)の義理の父親である吉崎誠だった。

 

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)の復讐は最終段階を迎えあと一人を残すのみとなっていた。

里美(倉科カナ)は復讐の後をユウゴ(藤ヶ谷太輔)に問うが「そんなこと考えたことない」という。

そのころケイゴ(藤ヶ谷太輔)からこの事件が終わったら結婚したいと言われる。

里美(倉科カナ)はケイゴ(藤ヶ谷太輔)ユウゴ(藤ヶ谷太輔)の間で揺れる・・・

 

警察では15時に公園に犯人が現れるというタレコミが入る。

時を同じく里美(倉科カナ)はケイゴ(藤ヶ谷太輔)に15時に公園にくるように告げる。

そこに現れたのはユウゴ(藤ヶ谷太輔)だった。

全てを打ち明けられ困惑するケイゴ(藤ヶ谷太輔)だったが、ユウゴ(藤ヶ谷太輔)を捕まえることを誓う。

感想

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)が里美(倉科カナ)に言った運命だったのかなが、悲し過ぎて・・・

容姿は同じなのに性格や発言が真逆の2人の間で揺れる里美(倉科カナ)がどっちを選ぶのか。

個人的には過去の絆を優先してユウゴ(藤ヶ谷太輔)を選び悲しい結末が待っているのかなと思います。

第4話ネタバレ

視聴率:2.3%

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)が完全に犯罪者となってしまったことを知ったケイゴ(藤ヶ谷太輔)は捕まえることを誓う。

皆川(高橋克典)は20年前の犯人があと一人生き残っていることを突き止め、その人物が海野と言う人物であることが分かる。

しかし既に時効が成立しているため警察も手出しができないためケイゴ(藤ヶ谷太輔)が張り込むことに。

 

信頼を寄せる里美(倉科カナ)にだけはその場所の住所を伝え、張り込みに行くと玄関先で女性が脅えているところに出くわす。

その女性によるとユウゴ(藤ヶ谷太輔)が先に現れたようだ。

捜査情報が漏れていることが分かるケイゴ(藤ヶ谷太輔)だったが、この情報を知っている人物は皆川(高橋克典)、久能詩織(武田梨奈)、久能源一郎(石黒賢)、ケイゴ(藤ヶ谷太輔)の4人だけである。

皆川(高橋克典)はタレコミ情報を引合いにだし里美(倉科カナ)を疑う・・・

 

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は里美(倉科カナ)を信じるが故に嘘の情報を流し内通者であるか確かめることにする。

しかしユウゴ(藤ヶ谷太輔)が現れることは無かった。

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)ケイゴ(藤ヶ谷太輔)の情報を疑っていたのだ、、、

 

数日後ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は里美(倉科カナ)を呼び出す。

しかしユウゴ(藤ヶ谷太輔)は彼女の役を演じる必要はもうない、警察にマークされているからケイゴとは二度と会うなと命令する。

それでも里美(倉科カナ)は気持ちを抑えられずケイゴ(藤ヶ谷太輔)の元へ行く・・・

そこで渡されたのは結婚指輪とプロポーズの言葉だった。

 

家へ帰るとユウゴ(藤ヶ谷太輔)は指輪に気がつき口論になる。

里美(倉科カナ)は復讐のためだと言うが、さらに気持ちは揺れていた。

そしてユウゴ(藤ヶ谷太輔)は海野の居場所を突き止め殺しに向かうが、既に海野は毒殺されていた。

 

里美(倉科カナ)を信じると決めたケイゴ(藤ヶ谷太輔)は会いに行くが、そこでユウゴ(藤ヶ谷太輔)といるところを目撃してしまう。

感想

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)はなんで罠だと気がついたんだ笑

最後ベランダ出ても大丈夫だったの?警察にマークされてるんじゃ・・・

 

次回のラスト5分に衝撃がって予告が出てたけど今回でずいぶん衝撃だったよ笑

第5話ネタバレ

視聴率:2.4%

警察に姿を見られた、ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は重要参考人として緊急手配されます。

全ての復讐が終わったように思われていたが、海野の毒殺によってユウゴ(藤ヶ谷太輔)は20年前の事件に裏があると考える。

そして、復讐のために里美(倉科カナ)をケイゴ(藤ヶ谷太輔)の元に送り込む。

 

一方ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は里美(倉科カナ)を疑っており、何気なく聞いていたつもりっだったが里美(倉科カナ)は取り調べを受けているようと感じていた。

そのことでユウゴ(藤ヶ谷太輔)ケイゴ(藤ヶ谷太輔)が気がついていると考える。

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)ユウゴ(藤ヶ谷太輔)が潜伏する里美(倉科カナ)の自宅を訪れるがそこにユウゴ(藤ヶ谷太輔)の姿はなかった。

 

毒殺について調査しているケイゴ(藤ヶ谷太輔)は山沢地広という人物に辿り着く。

皆川(高橋克典)に報告すると海野の部下で妹が恐喝されていた人物であることが分かる。

山沢地広が逃走し久能詩織(武田梨奈)は負傷してしまう。

 

そしてユウゴ(藤ヶ谷太輔)は山沢地広を追い真相を聞き出そうとするが、車にはねられてしまう。

そのユウゴ(藤ヶ谷太輔)を救ったのは皆川(高橋克典)だった。

感想

皆川(高橋克典)ぱいせーん!!

もう感想書いてる場合じゃないよ笑(あわわわ)

第6話ネタバレ

視聴率:※分かり次第更新します。

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は山沢地広の自宅近くで起きた事故を調べ、自分をはねたという証言に辿り着く。

久能源一郎(石黒賢)は皆川(高橋克典)に敵は外部だけとは限らないとプレッシャーをかける。

 

赤城克彦(渡辺大)は刑事の勘で、里美(倉科カナ)を調べあげると名前が「白石里美」ではなく、「吉崎英里」であることが分かる。

20年前の誘拐犯の主要人物と思われていた吉崎にはエリという娘がいて消息が分かっていなかった。

赤城克彦(渡辺大)はケイゴ(藤ヶ谷太輔)を問いただす。

 

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は遂に里美(倉科カナ)に対して思いをぶつける。

「君を信じたかったから、でももう信じることは出来ない。信じるわけにはいかないんだ。

その指輪捨ててくれないか?俺も君との思い出は捨てる。」

・・・

罪を犯した人間、それに加担する人間に対しては容赦しない。誰であろうと、家族であろうと婚約者であろうと・・・

一方、皆川(高橋克典)は山沢地広の情報を掴みユウゴ(藤ヶ谷太輔)に伝えるが、警察で取り押さえると説得する。

しかし逃走資金を妹からもらうと言う情報だったが一向に姿を見せなかった。

山沢地広に情報を漏らし助けた協力者がいることが分かる・・・

 

その協力者とは・・・久能源一郎(石黒賢)だった。

そして20年前の誘拐事件の黒幕も久能源一郎(石黒賢)だったのである。

感想

おーう笑

私の予想では何か情報を掴み隠したと思っていましたが、実行犯でしたね笑

久能源一郎(石黒賢)が犯罪者側で皆川(高橋克典)が誘拐された側の協力者だったんですね~

第7話ネタバレ

娘の久能詩織(武田梨奈)の手術費用に困っていた久能源一郎(石黒賢)の自作自演である可能性が高い。

久能源一郎(石黒賢)が協力者だと分かった皆川(高橋克典)だが証拠がないとユウゴ(藤ヶ谷太輔)に相談する。

そこでユウゴ(藤ヶ谷太輔)は詩織(武田梨奈)の誘拐を考える。

 

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は詩織(武田梨奈)に誰かを守るために犯した罪をどう思うか質問する。

詩織(武田梨奈)は迷いなく自己満足です。犯罪を犯すことで加害者にどれだけ迷惑をかけるか考えていないと答えてみせる。

 

詩織(武田梨奈)を誘拐された源一郎(石黒賢)は赤城克彦(渡辺大)を連れてユウゴ(藤ヶ谷太輔)の元へ向かう。

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)は母親の容体が急変し里美(倉科カナ)にユウゴ(藤ヶ谷太輔)に伝えてほしいと相談する。

その話を聞いたユウゴ(藤ヶ谷太輔)だが、源一郎(石黒賢)への復讐を選ぶ。

 

黒幕との最終決戦を迎えたユウゴ(藤ヶ谷太輔)は源一郎(石黒賢)から証言を聞き出すことができない。

しかし赤城克彦(渡辺大)がケイゴ(藤ヶ谷太輔)から預かったという当時のテープの発言からおかしな点を見つける。

皆川(高橋克典)は復讐の終りを告げ、母親のもとに行くように伝える。

 

しかしユウゴ(藤ヶ谷太輔)が来る前に母親は命を引き取ってしまう。

最後に母親が「ごめんなさい。」と言っていたが、遺言で父親が本当の父親ではないことを知る。

本当の父親は皆川(高橋克典)だったのだ・・・

感想

全ての復讐が終わり話が終わりだと思っていたらまさかの皆川が父親だったなんて、、、

過去に何があったのか?気になりますね~ここからは本当の父親への復讐になるんですね~

第8話ネタバレ

計画が完了したユウゴ(藤ヶ谷太輔)は逃げることを誓う。

一方、皆川(高橋克典)が父親だと知ったケイゴ(藤ヶ谷太輔)は真実を求める。

 

葛城家は子供を作ることが出来なかった。

皆川(高橋克典)は大学時代にドナーとなって協力していた。

そして皆川(高橋克典)は誘拐事件が実の父親である可能性を探し、自分が実の父親であることを知る。

その事実を葛城家とユウゴ(藤ヶ谷太輔)に伝える。

 

そこでユウゴ(藤ヶ谷太輔)に手伝ってほしいと頼まれ承諾したのだった。

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)の救うのは復讐を成し遂げるしかないと思ったのだ。

 

ケイゴ(藤ヶ谷太輔)ユウゴ(藤ヶ谷太輔)との面会を求めるが答えはノーだった。

お前が俺を捕まえるか、俺がお前から逃げ切るか。

しかしユウゴ(藤ヶ谷太輔)ははなから逃げる気はなくボートに乗り込みそのボートを爆発させ自殺を図ったのだ。

皆川(高橋克典)は死ぬと分かってユウゴ(藤ヶ谷太輔)を行かせたのだった。

ユウゴが望んだことなんだ、最後まであいつは逃げ切ったあいつは救われたんだ。

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)の死をもって事件は収束し、それぞれの区切りがついた。

感想

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)の死でケイゴ(藤ヶ谷太輔)の人生に大きな影響を与えましたね~

シーズン2では過去の誘拐事件の再来となる事件が起きるようなので楽しみですね!!

ドラマ『ミラーツインズ』最終回ネタバレ予想

内通者は皆川(高橋克典)

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は常に警察よりも先回りしているため内通者がいるのは間違いないです。

20年前の事件の関係者であることは間違いなく、皆川(高橋克典)もしくは久能源一郎(石黒賢)が筆頭候補になるでしょう。

 

特に怪しいのは皆川(高橋克典)で、里美(倉科カナ)が怪しいとケイゴ(藤ヶ谷太輔)を焚きつけています。

さらに皆川(高橋克典)は、ケイゴ(藤ヶ谷太輔)もユウゴ(藤ヶ谷太輔)も子供のように思っている描写があり助けたとしてもおかしくありません。

 

第5話ではユウゴ(藤ヶ谷太輔)が内通者と思われる誰かに「おい、どうなってんだよ。俺が殺さなきゃ意味ないだろ。」と電話します。

そしてケイゴ(藤ヶ谷太輔)には情報を全て共有するように求め、いち早く山沢地広の情報をユウゴ(藤ヶ谷太輔)に流しています。

 

遂にユウゴ(藤ヶ谷太輔)を助け一緒に協力している場面が明らかになりました。

ここまでは皆川(高橋克典)は何かの真相を知ってユウゴ(藤ヶ谷太輔)の復讐心につけ込み全てを操っていると予想していましたが、こんなに早く正体がバレるということは本当にただの協力者かもしれません。

20年前の事件には裏がある

皆川(高橋克典)がユウゴ(藤ヶ谷太輔)と協力して誘拐犯を殺していることが判明しました。

しかし第4話の海野は毒殺されるという2人にとっても予定外の事件がおきました。

 

ユウゴ(藤ヶ谷太輔)は「20年前の事件には裏がある」と推測します。

ここで考えられるのは、皆川(高橋克典)が既に表舞台に登場した格好となったので黒幕は新キャラもしくは久能源一郎(石黒賢)ということになると思います。

 

いやいや完全に久能源一郎(石黒賢)やん!!って思いましたが、、、

ここまでに久能源一郎(石黒賢)に怪しいところはなく、皆川(高橋克典)に捜査資料を与えたり赤城克彦(渡辺大)に内通者に気をつけろと忠告しています。

娘の久能詩織(武田梨奈)までも負傷させられているのです。

 

一つ気になった点は山沢地広の捜査を皆川(高橋克典)に一任したことです。

これはあきらかに皆川(高橋克典)を行動しやすくする発言です。

ただ20年前から知り合いで信頼してのことかもしれませんが、皆川(高橋克典)と繋がっている可能性もあると思います。

 

もう一つ考えられるパターンが最後の復讐の相手が久能源一郎(石黒賢)というパターンです。

20年前の事件で久能源一郎(石黒賢)は何かを掴んで隠ぺいした過去があったなどで復讐することに?ってことです。

 

皆川(高橋克典)がそうそうに登場したことで久能源一郎(石黒賢)が一気に怪しくなりましたが、どういった展開を見せるのか楽しみです。

「ミラーツインズ」まとめ

なぜ勇吾をひとりにしてしまったのか。なぜ自分は助かってしまったのかと一人苦しむケイゴですが、

父親までも亡くし、自分が動揺させたからだと自分を責める。

 

そんなケイゴをまつ未来とは・・・

結末が気になり過ぎてヤバいです。

「ミラーツインズ」シーズン1はFODで!!

「ミラーツインズ」シーズン2はWOWOWで!!

シーズン1は地上波で放送されますが、シーズン2はWOWOWで配信されるようです。

詳しい放送日程はコチラです。

ドラマ『ミラー・ツインズ』放送日程

シーズン 放送局 放送開始日・時間
Season1 東海テレビ・フジテレビ 2019年4月6日・毎週土曜よる11時40分
Season2 WOWOW 2019年6月8日・毎週土曜よる10時

WOWOWで放送予定のSeason2は全4話で構成され衝撃のラストもこちらで放送されます。

サッカーやテニスなどのスポーツの配信はもちろん最近はオリジナルドラマに力を入れています。

初回の加入月は無料なので気になる方はこれを気にどうぞ。

WOWOW_新規申込
※公式サイトへ

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!