スポンサーリンク

NHKらしくない(いい意味で)

イギリスの海外ドラマ『ミストレス』を日本でリメイクって聞いた時はまたスゴイの持ってきたなと思いましたけど...まさかのNHKがリメイク。

 

NHKはやっと視聴者が求めているものを理解したようですね。NHKだって攻めてるドラマを作ったっていいんです!!

本家はかなりの人気作でアメリカはもちろんロシア・スロバキア・韓国でもリメイクされています。

まあ、あれだけのドロドロな作品、世界中でリメイクされるのも納得。

おもしろいのは確定。原作の展開がドロドロすぎるので、NHKがどこまで再現するのかに注目です!!

 

ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』の全話感想を更新していきまーーーす

1話感想 2話感想 3話感想 4話感想
5話感想 6話感想 7話感想 8話感想
9話感想 10話感想

ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』全話感想

【あらすじ】ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』ってどんな話?

一人では抱えきれないほどシリアスな秘密を持つ、4人の女たち。
彼女たちは暇を見つけて集まっては、食事し酒を飲み、互いに自分の胸の内を明かして、うっ憤を晴らす。だが、それぞれの問題が極限に達した時、彼女たちは協力して自らの人生を賭けた大きな勝負に挑んでいく!

アラフォー女性4人組の愛のカタチを描く『ミストレス』。

登場人物

  • 長谷川京子 役・柴崎香織

内科・心療内科医。患者であった父と愛人関係にあったのではないかと息子に疑われている。

  • 水野美紀 役・野口友美

パン屋で働く主婦。7年前、海外の事故で夫が行方不明となり最近死亡保険金を受け取る

  • 玄理 役・原田冴子

化粧品会社に勤めるビジネスウーマン。子供を作るかどうかで夫の悟史と意見が合わない。

  • 大政絢 役・水島樹里

フィットネスジムのトレーナー。男性を取っかえ引っかえしている。

原作とは細かく設定が異なり、日本版独自の目線も加えようという意気込みを感じました。

この4人それぞれにドラマがあり、愛に溺れていきます。

4人の愛が同時進行するので見ごたえはバッチリ!

ジェットコースターのようなスピード感あるドラマになるのではないでしょうか。

 

第1話「予期せぬ出来事」感想

医師の香織(長谷川京子)は不倫関係にあった患者の死をめぐり、その息子・貴志(杉野遥亮)から疑いの目を向けられる。女手一つで娘を育てる友美(水野美紀)は7年ぶりの恋の予感に心が沸き立ち、キャリアウーマンの冴子(玄理)は子供を作るべきかで夫・悟史(佐藤隆太)と対立していた。奔放な恋愛をおう歌する樹里(大政絢)は、ある女性との出会いになぜか心がときめく。そんな四人の女性の運命が交錯して、思いもよらない物語が始まる。

豪華キャストのドロドロ恋愛模様

これは豪華!!

長谷川京子、水野美紀、玄理、大政絢というそうそうたるメンツがそろった『ミストレス』

1話は現在の状況説明回でした。

香織(長谷川京子)

自分の患者と不倫関係にあった香織。その患者が死んでしまいます。冒頭シーンで患者がバックを見つめていたので、薬を盗み服用したことが患者自身の死期を早めることになったか...

父の死に違和感を覚えた息子の貴志(杉野遥亮)は香織に疑いの目を向けますが...

貴志は急に家の近くに来たと電話してきたりちょっと怖い...

 

友美(水野美紀)

7年前夫が行方不明になり最近やっと死亡保険金を受け取りました。

そこに現れた娘の同級生のお父さん。お茶に誘われます。保険金の受け取りを何らかの形で知ったお金目当てのおとこなんじゃ...

無言電話が定期的にかかってきているようで、この点にも注目していきたい。

 

冴子(玄理)

化粧品会社に勤めるビジネスウーマンの冴子。夫の悟史(佐藤隆太)は子供を作りたい様子ですが、まだ冴子はその気じゃないみたい。

後輩の坂口新(細田善彦)に間違えて下着姿の写真を送ったぽかったので2話でどうなるのか....

 

樹里(大政絢)

お嬢様の樹里は筋肉が好きでフィットネストレーナーをしています。奔放な恋愛をしてきた樹里。

お父さんからそろそろ結婚したほうがいいと言われそれもイイかなと言います。

筋肉男:「結婚するの?じゃあもうお別れだね」

樹里:「なんで?このまま続けようよ」

自由過ぎだろ(笑)

 

4人それぞれのドラマがここから展開していくと思うとワクワクしますね。

4人に待っているのはハッピーエンドかバッドエンドか...

第2話「危険な香り」感想

香織(長谷川京子)は死んだ父の愛人ではないかと貴志(杉野遥亮)から疑われるが、シラを切り通す。友美(水野美紀)は安岡(甲本雅裕)とデートの約束をして舞い上がったものの、キャンセルされて落ち込む。悟史(佐藤隆太)と子作りのことで意見が合わずにもめている冴子(玄理)は、同僚の坂口(細田善彦)と急速に接近してしまう。しばらくして貴志が香織の前に再び現れ、付き合って欲しい場所があると香織を誘い出す。

愛の沼に引きずり込まれる4人

香織(長谷川京子)

愛人だった男の息子にしつこく探られる香織。

シラを切り通します。

疑ってしまったことを真摯に謝る貴志(杉野遥亮)...

そこでまさかの見つめ合いキス。キスするんかーーーい

どういう展開(笑)

香織も死んだ患者の面影を貴志に重ねていて惹かれていたのか。

友美(水野美紀)

ランチじゃなくディナーに誘われる友美。7年ぶりの男からの誘いに色めきだった友美が可愛かった。

ですがディナー予定日に娘が熱が出たとドタキャンされます。

居ても立っても居られなくなって料理を届けに行く友美。

その流れでキスしそうになるも寸前で友美がかわします。

安岡(甲本雅裕)は金目当て?それとも純粋に好きなの?

冴子(玄理)

バリバリのキャリアウーマンで仕事を全力で頑張る冴子。でも夫は子供が欲しいみたいですね。

女子会の帰りに樹里と話していた内容が気になりました。

冴子:「愛のない結婚すると、後で後悔するよ」

冴子の結婚は愛のないものなのかな...?

 

プロジェクトリーダーになろうと頑張ってきたのにまさかの選ばれたのは自分ではなく別の男...

理由が"男を育てたいから"とか...納得できるわけない!!

やけになって坂口(細田善彦)とお酒を飲んでいると、冴子が「チューしていい?」と聞きキス。

ぎゃぁーーー

樹里(大政絢)

遂に樹里の前に現れた婚約者が樹里の好きなタイプとは正反対な感じでした。お父さんのセンス...

そんな樹里は結婚式をあげるというレズビアンの須藤玲(篠田麻里子)と徐々に接近。

玲:「あなた本気で誰かを好きになったことある?」

樹里は結婚に対してもかなりテキトーな感じなので、まだ誰も本気で好きになったことはないのかな。

これから本当の愛を知っていくのか!?

 

物語が動き出した2話。香織が愛人だった人の息子に惹かれるっていう展開は衝撃ですよね。

冴子はこのまま後輩に流れていく感じなのかな?

第3話「愛の落とし穴」感想

香織(長谷川京子)は大学生の貴志(杉野遥亮)から突然キスをされ拒絶するが、それでも貴志は執ように付きまとう。友美(水野美紀)は再び安岡(甲本雅裕)から食事に誘われ、久しぶりの恋の予感に胸躍らせる。冴子(玄理)と悟史(佐藤隆太)はついに不妊治療を始めるが、その検査結果にがく然となった。樹里(大政絢)はレズビアン女性の玲(篠田麻里子)と頻繁に会うようになり、4人それぞれの女たちの愛の物語が急展開を迎える。

愛の沼

香織(長谷川京子)

2話でキスしてしまった香織と貴志。

患者と医者の関係だと釘をさすも花束を持って診療所に登場。全然話聞いてない(笑)

 

そんな中、元恋人の医者・小田からご飯に誘われます。

食事に行った帰り道で貴志と遭遇...どうなっちゃうの?

友美(水野美紀)

遂に朋美と安岡はデートかと思いきや今度は友美の子供が病気に...

なんと3話でもデートはお預けでした。

 

今度は友美の家に駆け付ける安岡。2話で料理をもらったお礼にクッキーとおすすめの絵本をくれました。

安岡:「少し早いんですけどホワイトデーのプレゼント」

ホワイトデーのプレゼントって言葉に友美はニンマリでしたね。

その流れでキス。一瞬でしたが、遂にキスまで到達。ゆっくりですが関係が進展していますね。

冴子(玄理)

姑から子供を作れと圧をかけられる冴子。

これ以上口出しされないように病院で検査を受けることにします。

結果冴子には問題がないが、夫・悟史は精子の数が少ないと診断されます...

悟史は自暴自棄になり冴子にキツく当たります。悟史の気持ちもわかるけど冴子はなにも悪くないんだよなぁ...

 

すれ違ってく2人。そこに後輩坂口が冴子に優しく付き添います。

2人はそのままホテルへ...ダメぇぇぇ

 

樹里(大政絢)

樹里はレズビアンの玲と急接近。

一緒にウエディングドレスを選んで欲しいと2人っきりで会うことに。

樹里にもドレスを着てと頼む玲。

玲:「どちらかと言うとこっちのドレスのほうがイイかな」

樹里:「じゃあ脱ぐ」

玲:「脱がないで。すごい可愛いから」

ここでキス。1度目のキスから樹里が2度目のキスにいったシーンはよかった。

大政絢と篠田麻里子さんのキスが見れるとわ!!

画になる2人だなぁ。

 

4人ともそれぞれの人物と関係を深めた3話。

特に冴子と悟史の関係悪化は悲しいなぁ...悟史が自暴自棄になる気持ちもわかるし、でも冴子にあの態度はダメだよね。冴子の気持ちが離れて当然。

そんな中、あの後輩・坂口の底抜けな優しい感じでしょ。持ってかれちゃうよね。ズルい!!

 

第4話「危ういキス」感想

図らずも年下の同僚と関係を持った冴子(玄理)は、ひどく後悔して落ち込む。見かねた樹里(大政絢)が冴子と悟史(佐藤隆太)の夫婦仲を取り持ち、2人はもう一度やり直すことを決意する。友美(水野美紀)は7年ぶりの恋を成就させようとセクシーな下着を買い込み、遅まきながらダイエットに奮闘する。香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)から執ように付きまとわれるうち、次第に彼の求愛にあらがえない自分の気持ちに気づき始める。

まさかの妊娠

香織(長谷川京子)

大学に戻らない貴志。そこで大学に戻るよう説得します。

貴志はあっさり大学に戻ることを決心します。

大学に戻るということは香織の前を去るということ...

 

別れ際キスする香織。どんどん自分から行く感じになっちゃってますね。香織はいままで理性で跳ねのけてきましたが理性が負けそう...

友美(水野美紀)

子供たちがクラスのお泊り会に行ったので2人で過ごすことにした友美と安岡。

映画の途中に離脱し樹里からもらった下着に着替え準備完了と思ったらローストチキンが焦げるハプニング。

変な登場の仕方になっちゃって部屋にこもる友美。

 

そこで安岡が遂に自分の思いを言葉にします。

安岡:「あなたとは時間をかけて大切につき合っていきたいんです。野口友美さん好きです」

おーーやっと告白きたか!!

冴子(玄理)

後輩坂口とホテルへいっちゃた冴子。「忘れて欲しいの」と言う冴子に坂口は「俺のことからかってストレス解消したんですか」と言います。坂口も困惑するよね。そりゃあ...

 

夫・悟史は一時的に実家に戻りますがもう一度2人でやり直すことを決心したみたいでしたね。

そんな矢先、冴子は妊娠し...

これは坂口の子供ですよね...戻った2人の関係はまた壊れてしまうのか...

樹里(大政絢)

樹里はレズビアンの玲との約束をドタキャンされ、婚約者の曽我部を家に招きました。

曽我部のいい奴感!!

線香花火を一緒にやっている感じは結構よさげでしたけど...やっぱり樹里は玲に惹かれているみたいですね。

 

4話では香織が貴志にかなり惹かれている感じでしたね。

香織は歯止めがきかなくなってきてますよ。

そして驚愕の展開、冴子の妊娠。まだ夫の子供という可能性も残っていますが...ここからはかなりヘビーな展開になりそう

第5話「誤算」感想

貴志(杉野遥亮)が京都の大学に戻り、香織(長谷川京子)は寂しい毎日を送っていた。一夜の過ちで坂口(細田善彦)の子を身ごもった冴子(玄理)は悟史(佐藤隆太)に真相を打ち明けられずに苦しみ、毎日無言電話に悩まされる友美(水野美紀)は樹里(大政絢)と一緒にその犯人捜しにやっきになる。ある日突然、大学に戻った貴志から香織にメールが届いた。それを受け取った香織は彼への気持ちが抑えきれなくなってしまう。

謎の愛人登場でさらにカオスに

香織(長谷川京子)

大学に戻った貴志。香織はめちゃくちゃ悶々としてる様子でしたね。

元恋人の医者・小田に「結婚する気ない」と聞かれますが「私好きな人がいるの」と突っぱねます。

好きな人ってもちろんあの人だよね...

 

ラストシーンでは遂に貴志登場!!

香織と貴志が大変なことに...あぁぁぁ

友美(水野美紀)

いつもの無言電話がかかってくるんですが、今回は非通知じゃなくて電話番号あり。

無言電話はホテルからかかってきていることが判明。部屋に行くと女性と子供が!!イタズラ電話をかけてしまったと謝るのですが、なんか怪しい...

 

と思ったらやっぱり意図的な無言電話でした。友美の死んだ旦那の愛人だったらしい。

なんかゴチャゴチャしてきましたね。

冴子(玄理)

病院の約束をすっぽかした冴子。

それを心配して旦那が職場に登場しました。そこで部下の坂口とバッタリ。めちゃくちゃ気まずい状況に...

旦那が上司に妊活中って話したり自分勝手な印象なので必然的に坂口を応援してる自分がいます。

樹里(大政絢)

樹里は玲とダブルデートを提案。樹里と曽我部、玲とミナでお家デートをします。

曽我部とミナはイイ感じに話していましたし、もしかして樹里と玲、曽我部とミナって感じでおさまるとかないかな?

曽我部いい奴だから幸せになって欲しいんだよなぁ。

 

ずっと謎だった友美への無言電話の秘密が解き明かされた5話。

謎の愛人登場で物語はどう動くのか!?

そして香織と貴志は遂に一線を越えました。

長谷川京子さんが今日も美しかった!!

 

第6話「溺れる女たち」感想

とうとう香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)と結ばれ、より一層彼のとりこになっていく。死んだ夫の愛人と名乗るミキ(筧美和子)から、保険金を分けて欲しいと言われた友美(水野美紀)は恐怖と怒りに震える。悟史(佐藤隆太)は妻が妊娠したのが自分の子だと勘違いして大喜びするが、その姿に冴子(玄理)は何も言えなくなる。そして玲(篠田麻里子)の結婚前夜、やっと樹里(大政絢)は自分の素直な気持ちを玲に伝えるのだが…。

曽我部の健気さに熱くなる

香織(長谷川京子)

遂に結ばれた貴志と香織。

貴志は大学を辞め東京で仕事を探すと言い始めました。

貴志:「建築家を諦めたわけじゃないんです。ただ、あなたのそばにいたいから」

ぞっこんすぎでしょ。

貴志のことで香織は友美とケンカしちゃうし、ちょっと暴走気味の香織。

ラストシーンでは貴志のお母さんが登場!波乱の予感です。

 

友美(水野美紀)

友美の死んだ旦那の愛人が登場しドタバタしている友美。

愛人の目的は保険金でした。お金かぁ...これは巧妙な詐欺なのか?それとも本当にお金に困った愛人?

そんな中、安岡の秘密が発覚しました!!

同級生のお母さん情報によれば安岡は奥さんと離婚しておらず、慰謝料を請求されてお金に困ってるらしい。

離婚してないのに慰謝料?

嘘の可能性もありますが、安岡単純にお金に困ってそう。お金目当てに近づいたなんて展開だったら悲しすぎる。

 

冴子(玄理)

遂に冴子の妊娠が旦那にバレました。

まだ旦那の子供ではないと気づいてはないですが、今後どうなっていくのか...

 

樹里(大政絢)

樹里は玲と結婚式前夜を共にします。

 

ですが朝になると結婚したらミナを裏切れないと言う玲。

さよならをすることに...

結婚記念パーティーに行くも樹里は泣き出しパーティーを去ります。

ずっと樹里のそばにいる曽我部の可愛さよ。

そして2人は遂に...

曽我部頑張った!!

友美は愛人登場でドタバタしてるタイミングで安岡の秘密が明かされかなり面白い展開になってきました。

6話でも曽我部は絶好調。ニブそうだけど樹里が曽我部に気がないってことは気づいてるんだろうな...

悲しき曽我部の生き様に注目したいですね。

 

第7話「嘘の代償」感想

香織(長谷川京子)は貴志(杉野遥亮)の母・佳恵(麻生祐未)に2人のつきあいがばれるのではと気をもんでいた。安岡(甲本雅裕)の離婚が成立していなかったと知ってショックを受けた友美(水野美紀)は緊急の女子会を招集する。冴子(玄理)はおなかの子が悟史(佐藤隆太)の子ではないと白状し、玲(篠田麻里子)との恋愛に悩む樹里(大政絢)を含め、女4人そろって自分の心を偽る苦しさに押しつぶされそうになっていく。

4人それぞれの関係が崩れていく

香織(長谷川京子)

前回香織のもとに貴志のお母さんが登場しどうなることかと思いましたが...

貴志母:「あのこと、息子には言ってませんよね...主人のモルヒネのこと」

貴志のお母さんはモルヒネの過剰投与を知っていたんですね。

 

ラストでは香織は貴志に自分が貴志の愛人だったと明かします。

さすがにぞっこんだった貴志もかなり困惑していましたね。

父の愛人と付き合う...確かにちょっと嫌だなぁ

 

友美(水野美紀)

愛人の登場で混乱しているところに安岡が訪ねてきました。

 

安岡が離婚してないことを直接ぶつけました。

友美:「慰謝料を請求されて困っているって噂を聞きました。保険金が入ったから私に近づいたの?」

安岡:「何ですか...それ。あなたにそんな風に思われていたなんて悲しいです」

これは安岡が本当に友美を心配してきたならツラ過ぎる展開ですね。

安岡はお金目当てじゃないと信じたいけどなぁ

 

冴子(玄理)

冴子は妊娠がきっかけで念願のプロジェクトリーダーに抜擢されました。

この仕事を受ける条件に後輩の坂口を外すことを要求します。

 

坂口は冴子の子供が自分の子供なんじゃないかと察しました。ここから坂口がどうするのか。

樹里(大政絢)

樹里は玲に会いに行きセフレ提案をします。NHKぇぇぇ

玲:「あなたらしくない。自分を安売りするのは辞めたら」

玲は樹里を突っぱねました。

 

その後「いい友達でいよう」と提案され2人は友達に...

篠田麻里子さんと大政絢さんのなんともいえない表情の演技が絶妙でした。

友美と香織が仲直りして仲良し4年組が戻ってきました。

7話ではわたし推しメンの曽我部に苦難が...樹里に好きな人いる宣言をされてしまいました。

曽我部、そんなんに負けんじゃねえぞぉぉぉ

 

第8話「告白」感想

香織(長谷川京子)が父親の愛人は自分だったと貴志(杉野遥亮)に告げ、二人の関係はあっけなく終わった。一方、友美(水野美紀)から避けられていると感じた安岡(甲本雅裕)は身を引く決意をする。悟史(佐藤隆太)の音頭で冴子(玄理)の妊娠を祝う女子会が開かれ、樹里(大政絢)たちは夫に真実を打ち明けられない冴子の相談に親身に乗ってやる。そんな中、香織は佳恵(麻生祐未)から突然自宅に呼び出され戸惑う。

あなたの子供じゃない...

香織(長谷川京子)

貴志・母との修羅場が巻き起こりました。

貴志の母は夫が香織と不倫していたことも、香織が自殺を手助けしたことも知っていましたね。

 

ですが貴志の母が知らなかったことが一つ...

香織と貴志が付き合っていたこと...

 

貴志の母は夫と息子を香織に取られたってことになりますよね。

これは次話以降、貴志の母が鬼と化すんじゃないでしょうか。

友美(水野美紀)

友美は旦那の保険金を半分渡すことを決意。

お金を払ったらもう一度自分の人生をやり直せる気がすると言っていましたね。

 

一方、安岡はあきらめムード。

そんな中友美がランニング中の安岡を捕まえます...

安岡:「あれからずっと考えていたんですけど、どうしてもあなたのことが頭から離れなくて...でももうあきらめて吹っ切ろうと」

友美:「吹っ切らないでください」

おぉぉぉ

安岡と友美はうまく仲直りしました。良かった!

冴子(玄理)

冴子は遂に夫・悟史(佐藤隆太)に別の男の子供だと打ち明けました。

子供ができて悟史がかなりはしゃいでいましたからね。

あんな悟史を見て隠し通すのはツラ過ぎます。

 

この事実を聞いて悟史はどうするのか。注目です!

樹里(大政絢)

樹里と玲は再び惹かれ合う展開に。

玲:「やっとの思いであなたを諦めたんだから。あたしが辛くないとでも思った」

ここから2人はくっついちゃうの!?

でも樹里には曽我部がいるんだよぉぉぉ

タイトル「告白」の通り、告白がキーポイントになった8話。

告白をしてよかった人、さらに泥沼に突き落とされた人...明暗が分かれる結果に。

冴子、悟史はどういう決断をするのか...かなり終盤に近づき目が離せません。

 

第9話「逆襲」感想

父の自殺に関わったことを認めた香織(長谷川京子)を貴志(杉野遥亮)は許せないでいた。7年前に死んだ夫の俊哉(吉沢悠)が生きていると知った友美(水野美紀)は、一度会ってミキ(筧美和子)との関係を問いただしたいと願う。樹里(大政絢)は玲(篠田麻里子)に対する恋心が再燃し、密かに逢瀬を重ねるようになった。冴子(玄理)は夫との関係が決裂し、樹理の家に転がり込む。そんな時、香織は警察の取り調べを受ける。

最終回に向け盛り上がってまいりました

香織(長谷川京子)

香織は貴志の父の自殺を幇助した疑いで警察から調べられました。

貴志からの愛も失い自暴自棄になっちゃってますね。

 

事実としてはモルヒネは持って行ったが渡すはずじゃなく、貴志の父が隙をみて盗んだってことみたいですね。

香織は自分のキャリアと名誉のために戦う元気を取り戻せるのか!?

これが愛に溺れた代償ってことなんですかね。

 

友美(水野美紀)

友美の前には死んだはずの旦那が登場しました。

愛人だったミキが何をしでかすかわからなかったし、仕事でミスをしたから行方をくらませたと言っていましたが...

そもそもどうやって死んだことになってる人間が日本に来たんだよっていうのは野暮なツッコミかな。

 

いきなり現れてこの家に戻りたいなんて都合が良すぎる。

 

安岡さんルートで頼みます!

冴子(玄理)

冴子は夫・悟史(佐藤隆太)に離婚を切り出されます。

これはしょうがないかぁ。

 

冴子はどうするのか?後輩の坂口くんとくっつくパターンとか?

9話では曽我部と出会っていたけど....さすがにないか。

 

樹里(大政絢)

樹里と玲は関係復活。

他の3人とは違って樹里だけは幸せな様子です。

今回曽我部が空気だったけど大丈夫かな?

最終回は曽我部が報われる展開になってくれ。

最終回に向けてしっかり盛り上げてきましたね。

でも、これ最終話でまとめきれるの?

かなりごちゃごちゃしてて全員が幸せになる展開がみえないのですが...

樹里も玲と関係が戻って幸せなんだろうけど、不倫関係でこれで良しってのもしっくりこないよなぁ

どんな結末が待っているのか...期待したいです!もちろん曽我部にも注目

 

【最終回】第10話「新しい世界」感想

香織(長谷川京子)は自殺ほう助の罪で、貴志(杉野遥亮)の母・佳恵(麻生祐未)から訴えられ警察の取り調べを受ける。友美(水野美紀)はそんな香織を守ろうとするが、彼女も生きていた夫・俊哉(吉沢悠)とどう決着を付けるかで悩んでいた。冴子(玄理)は一人で子供を産み育てていく決意をし、玲(篠田麻里子)への愛に目覚めた樹里(大政絢)は人生初の純愛に苦しむ。4人は自らの幸せをつかみ取る、人生の分岐点に立っていた。

バットエンド?ハッピーエンド?

香織(長谷川京子)

香織は貴志と決別。

最後は貴志は香織のことを信じてくれたみたい。

 

香織の結末は「正しい方向になった」って感じがしますね。

香織は病院をたたんで新天地で働き先を探すというラストでした。

 

友美(水野美紀)

友美は元夫を警察に通報。

安岡さんを選びました。

保険金はなくなっちゃったけど安岡さんがいるから大丈夫だよね。

 

最初は保険金目当ての男かと怪しんでいましたが、真っ直ぐで優しい人でしたね。

 

冴子(玄理)

冴子は結局は夫・悟史(佐藤隆太)と結婚を続けるという展開になりました。

悟史は他人の子を育てる覚悟を決めました。

後輩の坂口くんも良さげでしたけど悟史ルートでしたね。

 

樹里(大政絢)

9話では樹里だけ順風満帆感がありましたが、まさかの玲と決別。

不毛な恋に終止符を打ちました。

 

そして気になる曽我部ですが...

曽我部:「どういう風に違うんですか?その人は他の人と。つまり僕と」

樹里:「全部」

曽我部ぇぇぇ

 

この仕打ちにもめげない曽我部が愛らし過ぎました。

曽我部:「樹里さん。僕はそかべじゃなくてそがべです!曽我部と呼んでくれるまであきらめませんから」

この2人がどうなったのかわかりませんが曽我部なら大丈夫!未来ではきっと付き合ってる。

最終回...これはハッピーエンドなのかな?

ただ全員が前を向いて歩きだす展開だった気はします。

この4人の美女の恋愛模様。毎話楽しめました。

そして曽我部がめちゃくちゃいいキャラだった!

 

主題歌『ばけもの』がかなりイイ

毎話ラストに流れるNakamuraEmiさんの『ばけもの』。

この曲めちゃくちゃいいですよね。

ミストレスのちょっと歪んだ世界観にピッタリの曲だと思っていたんですが...

「ミストレス ばけもの」って検索したら"合わない"って出てきて驚きました。

 

個人的にはサイコ感がマッチしてると思いますけどね。シンプルに好きです。

フルで聞くとまた違った印象を受けたのでぜひ聞いてみてください!!

 

ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』全話感想まとめ

原作の良いところはしっかり再現しつつ、日本版として上手く再構築しているような印象でした。

大体海外ドラマのリメイクとなると劣化版コピーになりがちですが、このクオリティ...日本版『ミストレス』かなり期待できます!!

BBCドラマの原題”Mistresses” は直訳すると「愛人たち」。

愛に溺れる4人の様子をしっかり見届けたいと思います。

 

【反省会】『ミストレス~女たちの秘密~』はおもしろかったか?

ドラマ『ミストレス』豪華美女4人が素晴らしかった!

原作が原作だったので10話でまとめるのはきつそうだなと思っていたんですが、全員が前を向くラストでよかったと思います。

登場人物の設定を変えて上手く日本になじませようとしている点は評価できました。

特に曽我部が最高すぎた。曽我部の行く末を楽しみにみていました。

冴子の恋愛模様は結構改変されていた部分があって共感できる部分が少なくなっていたような気もしないでもないですけど...

トータル良かったと思います。

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!