スポンサーリンク

2019年春アニメで『MIX』が始まります!!

 

Mixは見ての通り熱血野球アニメですが、巨匠であるあだち充先生の作品ということで注目作品です。

コミックスの累計発行部数は電子版を含め750万部にも登っております!!

タッチの続編!?と思われるかもしれませんが、一応続編ではないようです笑

その辺も後述しておきました~

 

そんな『MIX』の見逃し配信情報からあらすじ・キャストなどをじっくり見ていきましょ~

最後には全話のネタバレ込の感想を書いていきます。

『MIX』あらすじ

まずは相関図をチェック!!

先ほどタッチの続編ではないと言いましたが、あだち充先生は続編を書くことが大嫌いなのです!!

しかし担当者から「明青学園をもう一度、甲子園に連れて行ってください」と言われて『MIX』が始動したそうです。

絶対、南の言い方で言ってますよね?これ?

 

そんなことは置いといて、続編はイヤだけど同じ舞台ならと『タッチ』と同じ明青学園が舞台になったそうです。

タッチから30年後世界を描いている通り、ところどころでタッチの懐かしいキャラが登場するのでファンには堪らない設定となっているようです。

 

主人公は親の再婚によって、血は繋がらないが誕生日が同じ、双子?の兄弟となった「立花走一郎」と「立花投馬」。

明青学園・中等部の野球部に所属する中学2年生で走一郎は捕手、打者として投馬は三塁手として活躍していた。

しかし投馬は人並み外れた投手の才能を隠し持っていた。

 

やがて高校に進学する2人は、甲子園の土を踏むことが出来るのか??

今、運命の兄弟が物語の扉を開く・・・

『MIX』見逃し配信の視聴方法

放送開始:2019年4月6日~

放送開始

放送局 放送時間
日本テレビ 4月6日から毎週土曜17時30分~

大手動画配信サービスによる配信情報

様々な配信サービスで配信が予定されております!!

数が膨大となってしまうので大手のVODサービスをピックアップして表にまとめてみました~

動画配信 配信情報 無料お試し期間

Hulu

見放題
2週間
FODプレミアム
FOD
× 1カ月間
ビデオパス
ビデオパス
× 30日間

dTV
× 31日間
U-NEXT
U-NEXT
× 31日間

Paravi
× 初月無料

Amazonプライム

都度課金
30日間

TSUTAYA TV
× 30日間
dアニメストア
dアニメストア

見放題
31日間

※動画配信サービス欄をクリックすると公式サイトに移行します。

表を見て一目瞭然ですが、唯一見放題作品になっているHuluがオススメです。

タッチで有名なあだち先生ですが、Huluではなんとタッチも配信しています。

アニメ配信NO.1のdアニメストア

アニメのVODサービスでダントツの配信コンテンツを誇るのがdアニメストアです。

アニメに特化した内容となっており、もはやアニメ好きはこのVOD一択です!!

 

自称アニオタは加入必須とされている聖域といえるでしょう。

なんといってもコスパが最強です。

月額400円でアニメ見放題は神すぎます!!もちOVAも視聴できます。

初回登録者限定で31日間の無料体験期間が用意されているので是非試してみて下さい!!

ちなみに『MIX』は毎週月曜12時更新予定です。

※31日以内に解約すれば一切費用はかかりません。

おすすめ配信作品
  • ソードアートオンラインシリーズ(アニメ)
  • 東京喰種シリーズ(アニメ)
  • 銀魂シリーズ(アニメ)
  • NARUTOシリーズ(アニメ)
  • テニスの王子様(アニメ)

執筆時時点のものですのでdアニメストア公式サイトでご確認ください

スタッフ一覧

監督:渡部穏寛

シリーズ構成・脚本:冨岡淳広/樋口達人/山田健一/福嶋幸典/北条千夏

キャラクターデザイン:牧孝雄

声優

  • 立花投馬:梶裕貴
  • 立花走一郎:内田雄馬
  • 立花音美:内田真礼
  • 大山春夏:花澤香菜
  • 立花英介:高木渉
  • 立花真弓:井上喜久子
  • 西村勇:中尾隆聖

『MIX』原作は??


原作はあだち充さんの同名漫画『MIX』です。

執筆時時点で14巻までコミックが発売しております。

紹介CMがこちら

漫画を簡単に読む方法はないの?

漫画好きはeBookJapanがオススメです!!

eBookJapanは約50万冊の本を配信している世界最大級の電子書店です。

 

まじで電子書籍おすすめです!!

なんせ通勤時間や通学時間など空いた時間に重い本を持っていなくてスマホ一つで気軽に読むことが出来るからです。

 

eBookJapanを初めて利用する人には初ログインで50%割引クーポンがあたる期間もあるのでまとめて揃えてみてはどうでしょうか??

さらに『MIX』は有料ですが、約9000作品が無料で読める読み放題コーナーもあるのでチェックしてみて下さい!!

 

『MIX』OP・EDを紹介!!

第1クール

オープニング:「イコール」sumika

 

エンディング:「君に届くまで」Little Glee Monster

 

第2クール

オープニング:「VS」ポルノグラフィティ

 

エンディング:「君に伝えたストーリー」Qyoto

 

『MIX』全話感想

第1話ネタバレ

第68回初出場初優勝を果たしてから明青学園野球部は、高等部・中等部共にすっかり低迷していた。

立花走一郎はキャッチャーとして立花投馬はサードとしてプレーしている。

 

1年生として入部した夏野はエースを目指すも、最初の投球練習を見て監督から外野手に指定される。

エースは3年の二階堂だが、夏野は納得できずにいた。

 

そして監督と二階堂が帰宅したあとに立花投馬の投球を目撃し・・・

一言感想:エースの風格笑

 

第2話ネタバレ

投馬の父親と走一郎・音美の母親が再婚して兄弟になった三人。

夏野は投馬の実力を見てエースに対して疑問を持つ。

詳しく聞くと、エースの二階堂は監督の大親友でOB会長の息子だった。その息子である二階堂の横暴は監督そして、キャプテンに容認されていたのだ。

 

そんな再婚した両親は今もラブラブでデートに出かけていた。

走一郎もデートに出かけおり、音美を置いて投馬も遊びに行くことに・・・

走一郎から「お前がいるから安心してデートしていたのに」と音美を置いて遊びに行くことを責められた投馬は家に帰ることに。

投馬はフルートの練習をする音美との日常に戻る。

一言感想:音美ちゃんの吹部がやっぱり夏い!!いや熱い!!

第3話ネタバレ

エースの二階堂は練習試合ですら5回で帰ってしまう。

しかし走一郎は自分のサインに首を振らず勝負に異常なまでの執着を見せる二階堂へ違和感を感じていた。

 

それでも明青中学のやり方には不信感しかなく、高校へ行っても同じ結末が待っているのではと心配していた。

投馬は野球部は明青だけじゃないとつぶやくが、一体どんな決断を下すのか・・・・

一言感想:二階堂がエースを譲る時も近いのかな??

 

第4話ネタバレ

ブロック代表決勝戦が始まる。

ここ一番の集中力を発揮した二階堂は完封勝利を収め「自分がこのチームのエースだ」と豪語する。

 

一方、投馬は駒と期末テストで勝負することに、、、

いつもはギリギリの勝負を演じているが走一郎のせいで音美のデートをかけることになり圧倒的集中力でクラス5位の成績で勝利する。

 

そんなこんなで都大会が開幕するもエースの二階堂は姿すら見せない。

都大会の初戦は強敵相手で、予選でもほとんど点を取られていない西村拓味を要するチームだ。

そしてマウンドに上がったのは投馬ではない控えピッチャーだった。

 

相手もエースの西村を温存したことで乱打戦にもつれ込み、常に明青学園野球部がリードする展開となる。

しかし西村がマウンドに上がってからは全く完全に抑えられてしまう。

そして遅れてきた二階堂がマウンドに上がるも、直ぐに西村にホームランを打たれ同点に追いつかれてしまう・・・

一言感想:勝負はここからだぜ??

第5話ネタバレ

同点で出てきたエースの二階堂だったが、滅多打ちにされて5点を失い5-10となる。

打撃陣は西村を最後まで攻略できなかった。そして最終回ではベンチに二階堂の姿はなかった。

 

負け試合の後、西村が同じ高校に進もうと父親が監督を務める高校に案内される。

しかし西村監督は息子にエースを与えられないかもしれないと投馬の投球を見て進学を拒否する。

その頃、音美は明青の馬鹿監督が自宅に礼をする姿を目撃する。

一言感想:二階堂と監督はこの後どうするのか・・・

 

第6話ネタバレ

野球部の監督がキャプテンに走一郎を指名し突然辞任した。

今川キャプテンに誘われて病院へ向かうと二階堂先輩は入院していた。

心臓に病気を抱え手術を受けていたのだ。難しい手術だったが奇跡を起こしたのだ。

 

父親は二階堂を天才だと信じて疑わず期待に応えるために監督と二階堂でエースを守り続けていたが、限界を迎えたのだ。

見舞に行くと二階堂に「死ぬ前の我がままぐらい大目に見ろ」と言われ、小さくうなずく二人だった。

こうして様々な想いの詰まったエース番号を託された投馬だった。

 

新チームは精鋭ぞろいでは無かったが、ノーヒットノーランを達成するなど注目の存在となる。

明青学園高等部に進学するすることを決めていた2人は、ある日父親の親友で元明青学園高等部キャプテンで、現明青学園高等部監督の大山と出会う・・・

一言感想:妹の音美である。笑

 

第7話ネタバレ

明青学園高等部に進学した立花兄弟。

投馬のクラスには男に大人気の大山監督の一人娘・春夏の姿もあった。

その傍には南郷という男が立ちはだかる。大山監督にほれ込み高校野球は監督のもとですると春夏と一緒に九州から進学してきた。

 

野球部では大山監督の方針で1年生は走り込み中心のメニューで体作りを行っていた。

しかし今川を始めとする先輩たちが、何故投馬のピッチングを見ないのかと大山に抗議する。

一年生を特別扱いしたくない大山だったが、投馬のピッチングを見て納得する。

 

そのころ西村監督(父)は立花兄弟のことを息子に聞くが「どうせ明青だろ」と相手にしていなかった。

一言感想:3回戦負けのチームに九州からの男が入るなんて監督は何者だったんだ??

 

第8話ネタバレ

投馬が家に帰ると後ろに南郷もついてきていた。

監督に言われてついてきたようだが、投馬が監督の文句を言うと「監督の悪口を言うな」と言う。

南郷は昔監督に命を助けられたらしい。

 

一方、走一郎はファミレスで甲子園ベスト8した東秀高校のエース三田浩樹に遭遇する。

音美の同級生で人気ランキング2位の亜里沙の兄だそう・・・

後日、その東秀高校と練習試合をすることに。

 

先発は先輩投手が務めたが滅多打ちにあい、3回のノーアウト満塁で出番が回ってきた立花兄弟。

やけ気味で投げたが奇跡的にトリプルプレーで難をしのぐ。

 

バッティングでは三田浩樹のボール球をストライク判定にされ三振するが、そのコースをうまく使い東秀高校相手に三振の山を築く。

一言感想:全国ベスト8に三振の山だと・・・

 

第9話ネタバレ

立花兄弟は東秀高校相手に食い下がり、それが走一郎のリードであることを東秀監督は気が付いていた。

しかし投馬が結局9回までの7回を被安打2で抑えたことに驚愕していた。

 

三田浩樹も高校のデビュー戦を7回被安打2の失点0で抑えており、重ねていたのだ。

一方、その三田も明青学園相手に完全試合をやってのける。

投馬・走一郎も最後の打席で三田浩樹の最高のボールに三振してしまう・・・

一言感想:音美はしらずしらずにモテる魔性の女ですね笑

 

第10話ネタバレ

春夏から散歩のお誘いのラブレターを貰う投馬。

走一郎が春夏のバイトしているラーメン屋に通っていることからうすうす好意を感じていた投馬は断ろうとするが、

機転のきいたラブレターで散歩することになる。

 

2人は3歳のころにも会ったことがあるようで思い出の場所を巡っていた。

しかし帰りのバスが運行休止になっており帰ることが出来なくなってしまう。

 

春夏を心配する走一郎は2人で出かけたことを知ることに・・・

一言感想:バス休止の紙をむげに扱うなよ笑

 

第11話ネタバレ

勢南高校野球部のバスが偶然通り送ってもらうことになる。

西村監督は立花兄弟を気にしており明青にただならぬ思いを抱いていたが、嫌味を言い放つ。

それに反応した春夏は投馬がいるから大丈夫だと強気で応戦する。

 

翌日、練習に励む立花兄弟は走一郎が投馬にピッチングを教えていた。

それを見た大山監督は走一郎にピッチャーとしての才能を発見し投げてみろと言う。

 

投馬にも負けず劣らずのピッチングを見て、よくよく話を聞くと小学生時代は2人でエースを争っていたと言う。

しかし中学に上がると同時にジャンケンで投手を決めたらしく走一郎にその気はなかった。

 

同じころランニング中だった投馬はかつての明青学園のライバル・須見工が名前を変えた健丈高校の前を通りかかる。

その健丈高校から特大ホームランと思われる打球が飛んでくる・・・

一言感想:夏の大会は甘くなさそうですね~

 

第12話ネタバレ

音美のクラスメイトである赤井の兄・遼が健丈高校の野球部だと言うことが分かる。

今年は一年生を中心に強力打線を組み、復活の兆しが見えていた。その中で中心打者として四番を任されているのが赤井兄だった。

 

その頃、走一郎と音美は自分の父親が明青学園野球部が日本一になって以降ナンバー1のピッチャーだと知る。

監督から親父の無念を晴らすためにピッチャーをやらないかと打診される。

 

しかし投馬をなめていると速攻で断る。

夏の東東京大会の注目選手には立花兄弟は選ばれず、健丈高校の1年生4番である赤井遼の名前があった。

そして東東京大会明青学園の初戦は健丈高校に決まる。

一言感想:因縁の対決になりましたね~

 

第13話ネタバレ

投馬は春夏から健丈高校が予想通りの機動力と強打のチームだと教わる。

しかしそういうのはもう一人の立花の仕事だと匙を投げられる。

走一郎は適当に眺めているようでしっかりとチェックしていた。

 

こうして新生明青学園高校の幕が開ける。

赤井が打席に立つと会場が湧く。

チェンジアップで完全にタイミングを崩したがツーベースヒットを打たれる。

 

後続を抑え投手戦が続く中、2打席目は捉えられるも奇跡的にファーストライナーに仕留める・・・

一言感想:投馬ってどれぐらいの球投げてるんだろ??

 

第14話ネタバレ

健丈高校の先発は変則ピッチャーでなかなかタイミングが合わず手も足も出なかった。

しかし投馬のホームランで先制する。

 

それでも健丈高校の小宮山監督の「自分たちはかんたんに完封されるようなチームではない」という言葉通り4番の赤井に逆転2ランを打たれてしまう。

 

その裏の攻撃で逆転を狙い打席に立つ投馬だったが、デッドボールを受けてしまう。

狙ったのかもしれないと不穏な空気が漂う中で、その空気を振り払うように投馬の奪三振ショーが始まる。

 

一言感想:1年でホームランだなんて両者逸材過ぎる...

 

第15話ネタバレ

逆転を許した明青学園高校は8回裏も簡単にツーアウトを取られ、ランナーなしで走一郎を迎える。

案の定敬遠気味に歩かされてしまい監督の大山は「打順を間違えたかなァ」とぼやいていた。

 

しかし続く四番の今川もファーボールを選び、5番の尾木のポテンヒットにエラーも重なり再び同点とする。

9回も投馬は自分のピッチングを貫き赤井に回る前に勝負を決める。

これで優勝候補の一角と目された健丈高校が1回戦で姿を消すことになった。

 

一言感想:伝説の幕開けですね。

 

第16話ネタバレ

視察に向かった春夏が怪我をしてしまい新体操部を休部し、野球部のマネージャーに就任する。

期間限定でも女子マネージャーが加わった野球部は活気が出ていた。

走一郎もまた力んでいた...

 

一方で音美は因縁のライバル?である亜里沙とプールで勝負することになるが、負けてしまう。

しかし音美はプールの底で先生が無くしたと困っていた鍵を拾っていたのだった。

そんな音美を見て赤井は自分の気持ちに気が付き、「俺、立花音美が好きだ」と夏野に向かって宣言する。

 

一言感想:青春ですな~

 

第17話ネタバレ

春夏は強豪校をみても試合では何が起きるか分からないと言うが、走一郎は野球とジャンケンは違うと釘をさす。

意見が合わない走一郎と春夏だったが、家に帰ると投馬は春夏と同じことを言う。

 

そんな中で始まった二回戦・三光学院戦は立ち上がりからコントロールが定まらない投馬は何度もピンチを迎えていた。

それでもヒットが出ない状況を見かねた江古田監督は30年間で一度だけ上杉達也に味わったノーヒットノーランを思い出す。

 

その思い出通り投馬はノーヒットノーランを達成する。

 

第18話ネタバレ

音美は赤井に誘われてボーリングに行くことになる。

そこに夏野も現れたが、音美がデートだとは思わず誘ってしまったのだ。

 

音美を巡って赤井と夏野は勝負を繰り広げるが赤井が圧勝する。

 

第19話ネタバレ

そんな赤井は再婚で兄弟が出来ていた。

音美が血が繋がっていないと教えると仲の悪い自分たちと比較する。

 

翌日、球場に現れた赤井は野球の凄さを痛感する。

そんな明青学園はベスト8まで勝ち上がる。

順調すぎる夏に音美は少しだけ不安に包まれる。

 

第20話ネタバレ

その不安はエース投馬の疲労にあった...

走一郎は投馬のストレートが練習ではしっていないことが分かり監督に相談する。

無意識で肩を抑える投馬の姿を目撃した春夏も心配していた。

 

そして準々決勝は投馬ではなく宮下が先発する。

南郷のホームランで先制すると乱打戦の様相を呈する2-2で後半戦に突入する。

 

第20話ネタバレ

結局、投馬が投げないまま6-3で9回裏を迎える。

簡単に1アウトを取られて万事休すかと思われたが、相手エースが足をつってしまい大逆転勝利する。

 

そして運命の東東京大会準決勝、東秀戦が始まる。

 

第21話ネタバレ

東秀戦は5回まで0-0で試合を進める。

三振を立て続けにとる三田に対し、打たせて取るピッチングに徹する投馬。

 

6回は三田から一塁二塁のチャンスを作り、走一郎がバッターボックスに。

ポールギリギリの鋭い打球を見せるも、三田がもう一段階ギアをいれ三振に倒れてしまう...

 

第22話ネタバレ

明青のバッターを力でねじ伏せてくる三田とは対照的にコントロールを重視して打たせて取るピッチングをする投馬。

スタミナ勝負になると潰されることが分かり別の戦い方を選んだ投馬だったが、それでも疲れが見え始める...

 

第23話ネタバレ

三田にツーベースを打たれるも3盗を防ぐ。

三田が疲れファーボールをだし崩れるかと思ったが、その後は3者三振に打ち取られる。

 

その後も完璧に抑える三田とラッキーも重なり抑える投馬の2人は対照的だが、延長戦に突入する。

 

第24話ネタバレ

延長戦に入って覚醒した投馬は理想的なフォームになり、三田と似ているフォームとなっていた。

投馬の覚醒で一進一退の試合展開となるが、守備の乱れでピンチを迎える。

 

ピッチャーゴロに打ち取るも自身のエラーで失点し負けてしまう。

 

それでも投馬たちの夢は続く...

 

 

『MIX』まとめ

このタイミングでMIXは熱いですね~

野球熱が盛り上がっている状態で夏の甲子園を迎えることになりそうです!!

 

今クールはダイヤのエースの続編も放送しているだけに野球アニメ好きには堪らないクールとなりました。ニヤニヤ

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!