スポンサーリンク

深田恭子さんと瀬戸康史さんが主演の『ルパンの娘』を早速ネタバレしていきます!!

原作から2人の恋愛はどうなるのか?祖父を殺した犯人は誰なのか?解説していきます。

 

ルパンの娘を深田恭子さんが演じると聞いて最初に思い浮かんだのが峰不二子でした。

岸快晴
冷静に考えたらルパンの娘じゃね~笑

そんなことは置いといて怪盗らしいラストが待っているのでじっくりとみていきましょ~

スポンサーリンク

『ルパンの娘』基本情報

初回放送:未定(2019年7月予定)

放送時間毎週木曜10時00分~

原作:横関大『ルパンの娘

脚本:徳永友一

演出:武内英樹

プロデューサー:稲葉直人

公式ホームページ:リンク

公式twitter@lupin_no_musume

公式インスタlupin_no_musume

【ネタバレ】怪盗らしいラストに注目!!

泥棒一家と警察一家の出会い

泥棒一家に生まれた華は小さいころから泥棒として生きるための極意を叩き込まれてきた。

三雲家の掟の一つである「盗むべきものを選べ」の考えに沿ってそれぞれが泥棒行為を働いている。

三雲家の家族紹介
  • 父親ー美術品専門の泥棒
  • 母親ー宝飾品専門の泥棒
  • 祖父ー伝説のスリ師
  • 祖父ー鍵師
  • 兄ーハッカー

しかし家族一の才能と言われた華は泥棒としての人生を選ぶことはなく、家族で唯一司書として給料をもらって生活していた。

そんな華には桜庭和馬という婚約者がおり両親に挨拶しに行くことになる。

 

和馬の家に行くと家族紹介をされるのだがなんと桜庭家は警察一家だったのだ・・・

桜庭家の家族紹介
  • 父親ー警察丁警備部
  • 母親ー鑑識課の非常勤職員
  • 祖父ー捜査一課に勤務していたが既に定年退職
  • 祖母ー元警察犬訓練士
  • 妹ー杉並警察署の交通課

この事実を知った華は自分が泥棒ではないにせよ、泥棒一家の娘が警察一家の息子と結婚することは出来ないと悟る。

そんな和馬には泥棒一家だとバレないように現在は空き家となっている祖父の別荘を自宅だと案内していた。

祖父が殺されてしまう

顔面をボコボコにされた遺体が発見される・・・

前科のある人間の指紋と一致し被害者が立嶋雅夫と言うことが分かる。

しかし兄は祖父の巌(いわお)の頼みで事件の2ヶ月前に警察のデータベースに侵入し、立嶋雅夫と祖父の指紋と顔写真を書き換えたと言う。

 

つまり死んだのは立嶋雅夫ではなく巌だと言うことである。

巌は死を察し家族に迷惑が掛からないようにデータを改ざんさせたのだ。

病理解剖を行う前に死体を確認しに行った家族は、顔はつぶされており巌だと判別できなかったが結婚指輪で遺体が巌だと断定する。

 

そして捜査一課で働く和馬は奇しくもこの事件の担当になってしまう。

警察一家で育った和馬は”刑事の勘”が人一倍鋭かった。

岸快晴
さすがはサラブレット・・・

相棒の巻と捜査にあたる和馬はこの事件にもどこか違和感を感じていた・・・

遺体は立嶋のものではない

遺体を断定できるのもデータベースの指紋のみでおかしいと感じていた和馬。

1週間をたっても被害者の足取りすら分からず迷宮入りになるという声も多く出ていた。

 

しかし和馬はなんとかNPO法人でホームレスを支援する団体の中藤を見つけ立嶋の話を聞く。

なんとデータベースの立嶋の顔を見せると同一人物ではないという証言がとれる。

岸快晴
データベースでは祖父の巌の顔になっているからですね~

中藤は続けて立嶋は既に死んでいる可能性があると言うのだ。

若いホームレスが遺体のように冷たくなった立嶋を見つけ中藤に電話してきたそうだ。

しかし電話を終えて戻ると遺体が消えていたと言うのだ。

 

事件を動かす決定的な証言だが、人の記憶よりデータベースの方が信頼できるということで捜査が進展することはなかった。

そんな時に捜査を縮小し捜査一課は手を引くという上からの命令が下る

宝石店に外国人窃盗犯が押し入りその事件を担当することになったのだ。

 

後日、担当が変わったこと知らない中藤から連絡があった。

立嶋雅夫が失踪した日に落ちていたという野球帽を持ってきてくれたのだ。

ついていた毛根をDNA鑑定にかけると遺体とは不一致とでて、遺体が立嶋ではないことが分かる。

しかし上の判断は何も変わらなかった。

 

直属の上司である松永もおかしいと思い捜査を抜けてこの山を追うことを許してくれる。

事件はひょんなことから進展を見せる

所轄の刑事に事件の概要を聞くとホームレスのダンボール小屋から立嶋の血液が付いた石が発見されたのだ。

そのホームレスは肺炎で命を落としたことから金目当ての犯行であると断定していた。

しかし被害者を特定できないようにと顔を潰す理由が全く見当たらない。

 

違和感を感じずにはいられない事件だがこれ以上捜査が進展することはなかった。

 

プライベートでは華以外は両家の内情を知る者はいないため両家顔合わせを行い順調に話が進んでいた。

和馬は礼を言おうと次の日に華の家に足を運ぶが誰も出てこないため、庭から家の中をのぞくともぬけの殻だった・・・

岸快晴
家の中を覗くってどういう状況だよ警察官・・・

近隣の住民に三雲家のことを聞くと5年くらい前に引っ越してきて1年くらいで引っ越していったと言う。

現在もおじいちゃんの巌さんはたまに寝泊まりしに来ているらしい。

その情報を聞いた和馬は警察のデータベースにあった立嶋の写真を見せた。

岸快晴
刑事の感ってやつらしいぜ笑

「三雲家のおじいちゃんね。三雲巌さん。間違いないわ」

華も独自で捜査を進める

伝説のスリ師という異名を誇る巌の情報を仕入れるためにスリ師から情報を聞いて回っていた。

すると毎月末日にある居酒屋で一人の男性と接触していることが分かった。

調べを進めるとその人物が和馬の祖父である和一であることが分かる。

 

和一は語りだした。

巌とは大学時代の同期で剣道部の仲間だった、そして三雲家の秘密も知っていると言うのだ。

和一は巌の協力もあり同期のマドンナであり現在の伴侶である伸枝(のぶえ)と交際していた。

しかし卒業の2ケ月前に伸枝(のぶえ)が性的暴行の被害に逢いそうになったと言う。

 

送っていたのは巌だったが伸枝(のぶえ)は額に大きな傷を作りさらに犯人を取り逃がしてしまったのだ。

そのことを悔やみ大学卒業後も犯人を捜し続けていたのだ。

 

そしてようやく犯人を見つけ呼び出したが犯人に反撃され殺されてしまった。

犯人と決着をつけると連絡を受けた和一がたどり着いたころには既に殺されていたらしい。

和一は現場に落ちていたMと刺繍が入ったハンカチを巌の形見にしてくれと華に差し出した。

宝石泥棒の犯人は三雲夫妻

外国人窃盗犯の痕跡を追っていた和馬はヤンという男を捕まえる。

ヤンはただの運転主だったが貴金属はは男女の2人組に横取りされたと証言したのだ。

つまり外国人窃盗犯以外の犯人がいるということである。

 

窃盗犯に詳しい草野に話を聞くとLの一族の話をされる。

Lの一族とは怪盗アルセーヌ・ルパンからきており、先祖代々盗みを生業とする家柄のことだと言う。

そして草野は三雲家が怪しいと疑って調査を進めているが証拠が一切出ないと言った。

岸快晴
草野が銭形なのか?笑

唯一の手がかりは現場に会った女性の長い髪だが誰のものか判明することが出来ず行き詰っていた。

疑惑の目を持っている和馬は早速、華の母親である悦子を呼び出し隠れてDNAを採取すると犯人と一致したのだ。

このことで和馬は三雲家がLの一族であることを確信した。

2人は別れることに・・・

華が嘘で塗り固められた人物であると知った和馬は思いのたけをぶちまける。

「なあ。華。これ以上、嘘をつくのは辞めてくれ。

俺は知っているんだよ。君があの月島の家に住んでいないこともね。

君はいったいどこに住んでいるんだよ。何者なんだよ。君は。

三雲巌というのは伝説のスリ師だ。つまり警察の目をかいくぐる悪質な犯罪者だ。

華、君はその三雲巌の孫だ。俺は間違っているか?

おい。華。何とか言ったらどうなんだよ。」

華は自分の正体がバレたことに驚くと同時に全てが終わったことを察して逃げ出す。

和馬ももちろん2人の関係が終わっていたことに気が付いていたが華を好きなことに変わりはなく和一に相談する。

「警察官である以上、悪事を見逃すことはできないと思う。

いくら知り合いだからといっても見て見ぬ振りなんか出来ないんだよ。」

そういう和馬に和一は”逃げろ”とは言えないが逃げる隙を与えてあげることは出来るのではと諭す。

 

和馬は華に告発することを伝え2日後には捜査に動くことになると伝える。

こうして2人は別れることになる。

「もしも私が三雲の家に生まれなかったら、いいお嫁さんになっていたかもしれないわね。」

「違うよ、華。俺が桜庭家に生まれなかったら俺は君を幸せにできたかもしれない。」

岸快晴
生まれた時から一緒になれない運命なんて切なすぎる・・・

家族崩壊

告発されると分かった華は家族に事実を伝える。

怒りをあらわにする家族だったがまとまって逃げると危険だとバラバラに逃げることにする。

集合場所も何も決めずこれからは一人一人が自由に生きていくと言うのだ。

華の結婚で盛り上がっていたはずが一転して家族解散になってしまった。

 

和馬も家族に全てを打ち明け泥棒の家のことは結婚できないと報告する。

桜庭家の会議に華も出席し謝罪すると、和一が過去を家族にも話した。

それでも妹の香以外は泥棒一家との結婚は認めることは出来ないと反対した。

結婚反対は決まったが、考えが1つにまとまることはなく、以降桜庭家も家族崩壊になってしまう。

岸快晴
婚約が悲劇の始まりになってしまうのか・・・

 

家族再集結

悲劇から1年が経過していた・・・

2人はそれぞれの人生を歩み、華は司書辞め祖父の巌が通ったと言う居酒屋でバイトしていた。

和馬は橋本エミリという巻の従妹と結婚することになっていた。

 

三雲家の家族とも一度もあってはいなかったが、突然兄が訪れ場所と時間を指定される。

行ってみると三雲家が集合しており結婚式に和馬を盗もうと計画を企てていた。

兄の渉(わたる)は泥棒じゃない華が幸せになれないなんておかしいと思い立ったのだ。

 

家族全員が賛同する中で、華は以前に祖父の巌から言われた言葉を思い出す。

「泥棒は悪じゃ。お天道様の下を堂々と胸を張って歩けるような生業じゃない。

だがな、華。これだけは憶えておけ。盗むことによって、何かを変えられる日が来るかもしれない。」

岸快晴
なんだかルパンっぽくなってきましたね~

新郎強奪大作戦決行!?

それでも華は盗むことに賛同することが出来ず阻止しようと考え結婚式を見張ることにする。

 

しかし三雲家は結婚式の最中ではなく結婚式当日の朝に和馬を拉致する。

そして今の自分を捨て警察としてではなく一般人として華と結婚する気はないのか?と聞く。

その気はないと言う和馬に一本の電話が入る。

 

和馬はまだ巌の事件を追っており電話では事件の核心に迫る情報を得ることになる。

その情報を華以外の三雲家に話すと、新郎強奪作戦から祖父の弔い合戦に早変わりした。

家族が元通り??

もう会うことはないと分かれた三雲家は集合し弔い合戦を始めていた。

その頃、華は結婚式に忍び込み邪魔をしようと考えていたが和馬の父親である典和に捕まり桜庭家の席で事情聴取を受けていた。

 

しかし父親以外は事情聴取という雰囲気ではなくお客さんのように家族と談笑し始めたのだ。

華と和馬の結婚が破談になって以降、桜庭家は今までのような会話はなくなり家族崩壊の状態にあった。

しかし華が現れ家族にいつもの笑みが戻ってきたことで初めて桜庭家の一同はあの夜を後悔することになる。

事件の犯人は巻

結婚式が進む中でスクリーンにLIVE映像とテロップが入った映像が流れる。

和馬と巻が話をしている映像だった。

和馬は自分の推理を口にし親戚になるなら本当のことを知りたいと言い寄った。

 

すると巻は自供を始める。

50年前に祖母の伸枝を襲おうとした人物が巻英輔だったのだ。

そして巌に突き止められ口封じに巻を差し向けたのだ。

巻は巻家では落ちこぼれの扱いを受けていたが大黒柱である英輔から頼まれたことをうれしく思い行動に移したのだった。

岸快晴
そんな理由で人殺しをするなんて・・・

もちろんこの映像は結婚会場で流れ事件は収束を向かえることになる。

2人の結婚は如何に?

桜庭家の結婚は破談に終わり、家族会議が行われる。

議題は和馬の問題行動についてで満場一致で勘当することが決定した。

 

勘当というのはていのいい口実で一人暮らしをさせるためのものだった。

もちろんそこに同居人がいたとしても家族には分かりようがないということだ。

 

和馬は華にプロポーズをして見せる。

「警察官だからとか、泥棒の娘だからとかそんなことはどうでもいいことなんだ。

俺はやっとそれに気づいた。肝心なのは一番好きな人と家族を築くことなんだよ、華。」

嬉しいと言葉にする華だったが障害が多すぎる・・・

警察一家と泥棒一家に生まれた時点で相容れない平行線のようなものだと煮え切らなかった。

そんな姿を見て和馬は手錠をかける。

「これでもう、君は俺から離れられない。絶対にね」

岸快晴
おいおい、イケメンかよ、まさかイケメンなのか?

 

老人の戯れ

実はこの事件では巌は死んではいなかった。

立嶋を使い巻に揺さぶりをかけていたところで立嶋が勝手に動いて殺されてしまったのだ。

 

巌はこれを利用し自分を死んだことにすれば2人を結婚させられるかもしれないと計画を立て、和一を呼び偽装工作を図ったのだ。

兄を唆したのもDNA鑑定の結果をすり替えたのも全ては巌の計画だった。

 

全ては警察官の息子と泥棒の娘の結婚が見たいという遊び心だった。

 

そして華のお腹には2人の子供が宿っていた・・・

まとめ

ルパンの娘は結末にとんちが利いていて楽しく読み終わりました。

ミステリーとしては後日談が多くあり全ての辻褄を合わせることは出来ませんが、2人が幸せになってよかったな以上って感じです。

 

登場人物も個性的でドラマでは面白い姿を見ることが出来ると期待しちゃいます!!

みんなで泥棒の娘の結末をこの目に焼き付けましょ~

スポンサーリンク
Huluならドラマもアニメも全部楽しめる

Huluはとにかく分かりやすい!!

「Amazonプライムビデオ」などのその他サービスは「見放題+レンタル」という場合がほとんど。配信してるじゃんって思っても「追加課金」が必要という場合も...

Huluは全作品見放題なのでわかりやすい。月額以外一切お金がかかりません。

そしてラインナップも映画、ドラマ、アニメのバランスが絶妙。

初めての動画配信サービスに最適ですよ!!

Hulu詳細はこちら>>

Huluおすすめポイント

  • 全作品見放題という分かりやすい料金形態
  • 国内・海外ともに充実のドラマ作品
  • 登録・解約が簡単3分!!

\Huluを14日間無料で楽しむ/

Huluはこんな人におすすめ
初心者(動画配信サービス初めての人)
家族で楽しみたい方

Hulu詳細はこちら>>