スポンサーリンク

朝ドラ『スカーレット』第12週のテーマは『幸せへの大きな一歩』

 

八郎の陶芸展の入賞、そして結婚...苦労してきた喜美子が幸せに向け大きく前進します。

2人で乗り越え幸せを掴むことができるのか!?

 

『スカーレット』第12週のネタバレポイントとあらすじを紹介します。

放送後は随時感想とTwitterの反応を更新しまーーす。

 

第12週ネタバレポイント

1.協力して苦難を乗り切る

陶芸展に出す作品を作らなければいけない。でも大野家のカフェの開店に向けてコーヒーカップを作る約束もしてしまった。

喜美子はいっぱいいっぱいになる八郎を手伝い、一緒に苦難を乗り越えたいと涙ながらに訴えます。

そこで八郎は喜美子にコーヒーカップづくりを半分任せることに。

2人は協力しながら困難に立ち向かいます。

 

2.喜美子の初キス
12週では喜美子が初キスを経験します。

手にしたノートに将来の夢を次々書き込み語り合う2人。

そんな中、「初めてのキスはいつ?」と八郎が言い出し...

 

『スカーレット』第12週出演キャスト

©NHK

11週は八郎と常治の攻防が見どころです。

八郎は喜美子との結婚を許してもらえるのか?

 

各キャストの詳しい情報は別記事でまとめてあります。

もっと詳しく

 

『スカーレット』第12週の視聴率

話数 視聴率 放送日
67話 19.2 12/16
68話 20.4 12/17
69話 20.0 12/18
70話 19.1 12/19
71話 19.9 12/20
72話 20.2 12/21

 

目指せ週間視聴率20%!

前回までの視聴率はこちら

 

『スカーレット』第12週のあらすじ

『スカーレット』67話あらすじと感想

正月、川原家に東京で働く直子(桜庭ななみ)が帰ってくる。だが喜美子(戸田恵梨香)は久しぶりの再会もそこそこに、陶芸展に出品する作品作りに励む八郎(松下洸平)を手伝うため会社へ。陶芸展での八郎の入選が、常治(北村一輝)の出した結婚を認める条件。しかし期限が迫る中、八郎の創作は思うようにはかどらない。そんな中、大野(マギー)から珈琲茶碗の制作を頼まれてしまう。心配する喜美子は代わりに作ると言い出して…

考え方の違いを認め受け入れる


未満の技能の対価


八郎の中に常治の影


価値観の違いを乗り越えられるのか?

八郎と喜美子の価値観の違いが浮き彫りになった67話。

八郎は優しさゆえの奉仕型なんだなと。若干常治っぽさも感じますね。単純にお金だけでは考えていないとことか...見返りを求めないとことか...

他人への優しさが家族にどう跳ね返ってくるかを知っている喜美子は納得いかない雰囲気でした。

結婚するということはこれまで他人だった2人が一緒に生活を共にするということ。違う価値観なのは当然です。その異なった価値観をどう受け入れていくのか...12週も楽しみです!

 

『スカーレット』68話あらすじと感想

喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)の珈琲茶碗作りを手伝いたいと、涙ながらに訴える。結婚に向けた試練を二人で乗り越えたいという喜美子の願いを八郎は受け入れ、茶碗の半分を喜美子に任せて、自分は陶芸展の作品作りに集中することに。喜美子は早速、茶碗を作り始める。出足は好調だが、すぐ壁にぶつかり悪戦苦闘。深夜になっても終わらない。心配した常治(北村一輝)がマツ(富田靖子)に様子を見に行かせたところ…

初心者の陶芸あるあるが詰まってる


苦難を分け合う


八郎は喜美子があまえれる存在


分け合う2人

喜美子が大野家の食器づくりを手伝うことを八郎は許しました。

困難を2人で乗り越えようとする喜美子の気持ちはしっかり八郎に届きました。

大野さんに電話で報告する当たり義理堅い人なんだなぁ。

 

困難は半分に、幸せは2倍になる。支え合う2人に朝から感激しっぱなしでした。

 

『スカーレット』69話あらすじと感想

徹夜で10個の珈琲茶碗を作り上げた喜美子(戸田恵梨香)。初めての作陶に喜びを覚える喜美子は、八郎(松下洸平)が作った分と併せて仕上げの作業を進め、最後の工程に入る。無事、茶碗が焼き上がるよう祈りつつ、完成を待つことに。肝心な陶芸展へ向けた作品作りはまだこれからだが、二人は結婚後の想像を膨らませる。手にしたノートに将来の夢を次々書き込んで、語り合っていると、「初めてのキスはいつ?」と八郎が言い出し…

普通そこで止めるか?


色気スイッチ入れましたよね?


恋愛という魔法で上手くいってるように見えてる説

視聴者生殺し回

朝から濃厚な15分をみせつけられ赤面した人も多かったはず。

普段温和な八郎の男スイッチが入った瞬間が分かりましたね。役者の松下洸平さんの底力をみました。

まさかのキスのタイミングで終わっちゃったので明日どんなシーンからスタートするのか楽しみです。

シレっと本編に戻ってるパターンかなぁ。

 

『スカーレット』70話あらすじと感想

初キスした喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)は結婚に向かってまい進。それぞれ10個ずつ作った珈琲茶碗を納品し、喜美子は自分の陶芸作品が売れたことに喜びを爆発させる。陶芸展に出品する八郎の作品も完成。喜美子は二人の結婚条件の入賞は間違いないと確信し、結婚後の生活に思いを巡らせる。その様子を眺める常治(北村一輝)にはある秘密の計画が。一方、信作(林遣都)と照子(大島優子)が喜美子を訪ねてきて…

作品とは作者の感情の発露


敏春の笑顔がいい


信作と13人の女がトレンド入り


恋は人生を豊かにする

前回生殺しにされたキスシーンですが、キスする直前コーヒーカップの底に花を書くことを思いついた喜美子。

そしてラストシーンでお披露目となった八郎の皿の鮮やかな色。

創作活動は人の心の豊かさが色濃くでる。

2人の充実した生活が作品に反映された結果、素晴らしいものが出来上がりました。

これからどんどんいい作品が生まれそうな予感!!

 

『スカーレット』71話あらすじと感想

喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の結婚をかけた陶芸展の結果発表直前、川原家では喜美子と八郎が暮らす部屋が増築される。常治(北村一輝)も口では反対しているが内心、喜美子と八郎の幸せを願っている。そして朗報が。照子(大島優子)が八郎の入選を告げる。その知らせは信楽中に広まり、祝福の声が次々に届く。喜美子と八郎の結婚準備も始まり、信楽にある人物が訪れることに。一方、喜美子に意外なオファーが届く。

常治とマツが信楽で築き上げたもの


いいタイミングで照子が乱入


衝撃のパーマ


喜美子結婚します!

八郎が入選し、とんとん拍子に結婚の話が進みました。

常治は長距離運転手にジョブチェンジする描写がありましたが、家を増築するためだったのか!

常治も喜美子の結婚にむけてしっかり動き出してたのね。

 

そして結婚の記念写真を撮ろうという場面で喜美子になにやら連絡がありました。仕事の依頼かな?

 

『スカーレット』72話あらすじと感想

喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の結婚を記念して家族写真を撮ることに。ところが撮影直前、晴着姿の喜美子が電話で呼び出される。あぜんとする家族を残して、家を飛び出していく喜美子。向かったのは信作(林遣都)の実家のカフェ。客のひろ恵(紺野まひる)が喜美子の作った珈琲茶碗を気に入り大量の注文をしたいと頼まれる。喜美子は未熟な陶芸技術に自信を持てず、ちゅうちょする。すると同行した八郎がある宣言をする

作品作りの気持ちに蓋をする


脚本の不穏さ


次週も荒れそう


すべてが順風満帆にみえる

結婚、独立、出産とジェットコースターのような15分でした。

全てが順風満帆に見える喜美子が最後のシーンで残した悲し気な表情...

Twitterで「缶の蓋を閉めるシーンで終わるのは、自分の作品作りへの気持ちに蓋をするってことなのかな…」と書いている人がいてなるほどなぁと思いました。

八郎を支えることに徹し、世間でいうところの成功を収めたように見えますが実際は...

強い女性の仕事と葛藤がテーマですからね。

喜美子が本当にしたいこととは?喜美子が思い描く理想とは?

 

まとめ

第12週では喜美子が幸せに向け大きな一歩を踏み出します。

 

八郎の陶芸展入賞、喜美子との結婚。盛りだくさんな展開になりそうです!

前の週の振り返りはこちら

画像出典>>連続テレビ小説「スカーレット」|NHKオンライン

見逃し配信・再放送日程
キャスト
視聴率
ストーリー

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!