スポンサーリンク

大人の土ドラに奇妙な主人公が誕生しました。

ブラックスキャンダルで大きな躍進を遂げたイメージがある山口紗弥加さんがまたまた主演い抜擢されました!!

 

主人公って大体”正義”を貫くことがカッコいいはずですが・・・

「私、何か間違ったこと言ってる?」をキメ台詞に狂気じみた正義を振りかざす主人公を熱演します!!

いったいどんなドラマになるんだ、、、

さぁ早速、『絶対正義』に迫っていきましょう!!

[memo title="MEMO"]

動画配信はFODプレミアムにて見放題配信してますよ~

FODプレミアムでは『トレース-科捜研の男-』『スキャンダル専門弁護士QUEEN』や『JOKER×FACE(ジョーカー・フェイス)』等の最新作も配信しています。

[/memo]

ドラマ『絶対正義』あらすじ

[youtube]

https://youtu.be/R_i-bZ1IyJo

[/youtube]

ひとつの間違いも犯さず、一切の過ちも許さず、
法律のみを唯一の価値基準として生きる“絶対正義”の女
彼女の“正義”が周囲の人々を翻弄し、運命を狂わせていく恐怖を描く、
衝撃の心理サスペンス!

[open title='1話あらすじ']

正義のヒロインは、救いの天使か、全てを壊す悪魔なのか。

高校卒業間近の1月、高規範子(白石聖)は転校してきた。由美子(桜田ひより)はバスで痴漢されたのを範子に助けられて以来、彼女を慕い、仲間に入れる。  しかし、由美子たちは気づいていなかったのだ。地味で礼儀正しい普通の子だと思われた範子の、本当の素顔に…。法律を唯一無二の基準として生きる範子の正義感は、やがて周囲の人間を容赦なく追いつめるようになっていく。

温情で学生の喫煙を見逃した体育教師・矢沢(水橋研二)と警察官を懲戒解雇に追い込み、廃屋で寒さをしのいでいたホームレスを排除するなど、次第に範子の行動はエスカレートする。“正義のヒロイン”と範子を頼りにしていた由美子たちだったが、一方でその行き過ぎた正義感に違和感を感じ始めていた。

幾度となく範子から繰り出される「私、何か間違ったこと言ってる?」の言葉。 正しいがゆえに反論できない、でも受け入れがたい…真綿で首を絞められるように、ヒタヒタ、ジワジワと、戦慄と恐怖が彼女たちに忍び寄る。頼りにしていたはずの“正義”に苦しみもだえる少女たち。“正義”が“絶対正義”に変わった時、親友は地上でもっとも恐ろしい人に。

卒業から15年。由美子(美村里江)たちは、範子(山口紗弥加)と再会した。
由美子は、夫がリストラで無職になったため、アルバイトを掛け持ちしながら子育てに追われる日々を送っている。理穂・ウィリアムズ(片瀬那奈)は、外国人の夫とインターナショナルスクールを経営、裕福な暮らしながら子宝に恵まれないことを悩んでいる。今村和樹(桜井ユキ)は、大手の出版社を退職したばかりで、ノンフィクション作家として成功したいという野心に燃えていた。そして、石森麗香(田中みな実)は子役から女優になり、今は妻子ある男性と不倫関係にあった。

範子と再会したことによって、それぞれの日常が綻び始める。その綻びは、静かに、やがて大きな音を立てて絶望的な破綻へと突き進んでいく。

正義のヒロインは、救いの天使か、全てを壊す悪魔なのか。

[/open] [open title='2話あらすじ'] [youtube]

https://youtu.be/WmFf6222Jqs

[/youtube]

高校卒業間近の1月、高規範子(白石聖)は転校してきた。由美子(桜田ひより)はバスで痴漢されたのを範子に助けられて以来、彼女を慕い、仲間に入れる。

しかし、由美子たちは気づいていなかったのだ。地味で礼儀正しい普通の子だと思われた範子の、本当の素顔に…。法律を唯一無二の基準として生きる範子の正義感は、やがて周囲の人間を容赦なく追いつめるようになっていく。

温情で学生の喫煙を見逃した体育教師・矢沢(水橋研二)と警察官を懲戒解雇に追い込み、廃屋で寒さをしのいでいたホームレスを排除するなど、次第に範子の行動はエスカレートする。“正義のヒロイン”と範子を頼りにしていた由美子たちだったが、一方でその行き過ぎた正義感に違和感を感じ始めていた。

幾度となく範子から繰り出される「私、何か間違ったこと言ってる?」の言葉。 正しいがゆえに反論できない、でも受け入れがたい…真綿で首を絞められるように、ヒタヒタ、ジワジワと、戦慄と恐怖が彼女たちに忍び寄る。頼りにしていたはずの“正義”に苦しみもだえる少女たち。“正義”が“絶対正義”に変わった時、親友は地上でもっとも恐ろしい人に。

卒業から15年。由美子(美村里江)たちは、範子(山口紗弥加)と再会した。

由美子は、夫がリストラで無職になったため、アルバイトを掛け持ちしながら子育てに追われる日々を送っている。理穂・ウィリアムズ(片瀬那奈)は、外国人の夫とインターナショナルスクールを経営、裕福な暮らしながら子宝に恵まれないことを悩んでいる。今村和樹(桜井ユキ)は、大手の出版社を退職したばかりで、ノンフィクション作家として成功したいという野心に燃えていた。そして、石森麗香(田中みな実)は子役から女優になり、今は妻子ある男性と不倫関係にあった。

範子と再会したことによって、それぞれの日常が綻び始める。その綻びは、静かに、やがて大きな音を立てて絶望的な破綻へと突き進んでいく。

[/open] [open title='3話あらすじ'] [youtube]

https://youtu.be/XB46_bYxWIg

[/youtube]

範子(山口紗弥加)の行き過ぎた正義に追いつめられ、息子を連れて児童相談所に相談に行った由美子(美村里江)は、和樹(桜井ユキ)から弁護士を紹介してもらい離婚調停の準備を始めていた。麗香(田中みな実)は、範子に知られてしまった不倫相手との記事は事務所にもみ消してもらったものの、落ち着かない日々を過ごしている。理穂(片瀬那奈)は、会社の経理を頼んだ範子のあまりの杓子定規ぶりが社内で軋轢を生んでいることを心配する一方、夫・ジョーイ(厚切りジェイソン)との不妊治療がうまくいかないことに悩んでいた。

そんな折、由美子は以前会ったことがあった範子の娘・律子がコンビニで万引きをしようとしている所に居合わせる。律子は、感情より正義を優先する母への反発から、範子を試そうとしていた。店から連絡を受け、範子は理穂、和樹と一緒に店へと向かう。法に背くことは誰であろうが許さない範子は、自分の娘を警察に突き出そうとする。「自分の子供だろうと関係ない。この世で最も優先すべきものは、正義よ」と言う範子に対し、思わず由美子らは「人を追いつめるのが正義なの?違うでしょ?」と範子を糾弾してしまう。押し黙ったままその場を去る範子だったが……。
一方、高校時代に範子の告発で懲戒解雇になった元教師の矢沢(水橋研二)はそれ以来、範子を恨み続けていた。そして本当の正義を範子に教えようと復讐の準備を進めていた。

そんな中、和樹の著書がノンフィクションの最高峰・竹下賞にノミネートされることになった。そして、その吉報と同じタイミングで範子は理穂の会社に休暇届を出していた。いぶかしがる和樹たちだったが、範子が休暇を取ったのにはあるとんでもない理由があった。それは、和樹のジャーナリスト生命を脅かしかねないことだった…。

[/open] [open title='4話あらすじ'] [youtube]

https://youtu.be/Nj7jqh9a-yI

[/youtube]

範子(山口紗弥加)に、不倫相手の亮治(神尾佑)がひた隠していた秘密を知らされた麗香(田中みな実)。深く傷ついた麗香は、思わず彼をなじってしまう…

[/open]

ドラマ『絶対正義』キャスト一覧

[yoko2 responsive][cell]

大人版相関図

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

[/cell][cell]

高校生時代相関図

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -


[/cell][/yoko2]

高規範子役

[yoko2 responsive][cell]

山口紗弥加(現在)

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

生年月日:1980年2月14日(執筆時38歳)

代表作:『14歳の母』『ようこそ、わが家へ』『ブラックスキャンダル』

役柄

主婦であり絶対正義モンスター

常に法律に沿った行動をとり、そこに感情や私情は全くはさむことはない。

名バイプレイヤーの印象が強いですが、昨年の『ブラックスキャンダル』でドラマ初主演に抜擢され、堂々とした演技を披露しました。

間を空けずに、続けて主演作を出すなど遅咲きのブレイクの予感ですね!!

それにしても変な役が多いですね笑

[/cell][cell]

白石聖(役名:高校時代の範子)

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

生年月日:1998年8月10日(執筆時20歳)

代表作:『PRINCE OF LEGEND』『I"s』

スキャンダルクイーンで氷上の女王役で可愛すぎると大絶賛していた白石さんが絶対正義として参上します。

[/cell][/yoko2]

西山由美子役

[yoko2 responsive][cell]

美村里江(現在)

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

生年月日:1984年6月15日(執筆時34歳)

代表作:『めだか』『いま、会いにゆきます』『恋するハエ女』

役柄

おっとりしていて、どこか頼りない専業主婦。高校卒業後は、地元の短大に進学。その後、文具メーカーに就職。そこで営業を担当していた夫と出会い、恋愛結婚。だが、その後、会社の業績が悪化。夫は会社をクビになる。それ以来、働かない夫と子供を抱え、パートを掛け持ちし始める。そんなとき、範子のおかげで、一度は夫も再就職。範子に感謝したのもつかの間、夫は結局勝手に仕事を辞めたうえ、借金をしていることが発覚。

旧芸名はミムラさんです。

[/cell][cell]

桜田ひより(役名:高校時代の由美子)

 

View this post on Instagram

 

桜田ひよりさん(@hiyori_sakurada_official)がシェアした投稿 -

生年月日:2002年12月19日(執筆時16歳)

代表作:『嫌われる勇気』『ブラックリベンジ』

[/cell][/yoko2]

理穂・ウィリアムズ役

[yoko2 responsive][cell]

片瀬那奈(現在)

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

生年月日:1981年11月7日(執筆時31歳)

代表作:『35歳の高校生』『美男ですね』『荒川アンダーザブリッジ』

役柄

貧しい生活と両親へのコンプレックスから、高校卒業後はハーバード大学に進学。現在は、夫の提案で、日本でインターナショナル・スクールを経営している。裕福な生活をしている一方で、子供ができないことを悩んでいた。自分のDNAが入った子供を産みたいと考える理穂と、養子や体外受精でも構わないという夫で意見が対立。

[/cell][cell]

小野莉奈(役名:高校時代の理穂)

生年月日:2000年5月8日(執筆時18歳)

代表作:『中学聖日記』『ういらぶ』

[/cell][/yoko2]

今村和樹役

[yoko2 responsive][cell]

桜井ユキ(現在)

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

生年月日:1987年2月10日(執筆時31歳)

代表作:『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』

役柄

ノンフィクション作家。独身。
大物政治家の不正経理疑惑を暴こうとするも、上司と対立しフリーに。脅迫電話やメールの嫌がらせを受けていたが、範子が犯人を突き止めてくれた。範子に感謝していることもあるが、高校時代から範子の正義感に対して、一番強い疑問を持っている。

[/cell][cell]

小向なる(役名:高校時代の和樹)

Copyright© 2018 , OHTA PRODUCTION Inc., All rights reserved.

生年月日:2000年6月29日(執筆時18歳)

代表作:無し

[/cell][/yoko2]

石森麗香役

[yoko2 responsive][cell]

田中みな実(現在)

 

View this post on Instagram

 

【公式】絶対正義(オトナの土ドラ)さん(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿 -

生年月日:1986年11月23日(執筆時32歳)

代表作:無し

役柄

タレントから女優に転身。独身だが、妻子ある男性と関係している。高校卒業後は進学せず、芝居に打ち込む。仕事においては、長らく低迷していたが、最近は、CMもドラマもコンスタントに決まっている。高校時代、望まぬ妊娠をした時に範子に助けられた過去を持つ。範子に対して感謝していると同時に、誰も知らない秘密を知られているという思いがある。

TBSアナウンサーからフリーに転身して、今回の絶対正義で本格女優デビューです。

[/cell][cell]

飯田祐真(役名:高校時代の麗香)

生年月日:1996年3月5日(執筆時22歳)

代表作:『チア☆ドル』『よろず屋ジョニー』『黒崎くんの言いなりになんてならない』

[/cell][/yoko2]

関連記事

[kanren id="10046,10112"]

ドラマ『絶対正義』原作


ドラマ『絶対正義』の原作は秋吉理香子の小説『絶対正義』です。

 

清水富美加さんと飯豊まりえさんのW主演で映画化されたことで話題になった『暗黒女子』で有名ですよね。

『絶対正義』も『暗黒女子』も女性目線の物語であり、ミステリーとしての完成度が非常に高いのが特徴ですね!!

深夜ドラマ化なので少しディープなシーンも再現でき、期待度が増しますね~

範子は別に正義感があるわけではなく、ただ規則に則っているだけで、他者を思いやる、弱者を守る気持ちは一切ない!正しいことをしている人=善人ではない。こんな人が周りにいたら凄く嫌だし関わりたくない。

正義のモンスターってどういう意味、と思ったらガチで怖かった((゚Д゚ll)) 現代の問題をスタイリッシュに捉えてる だってこういう自分が正しい!っていう人いるもん

他のレビューはこちら

ドラマ『絶対正義』まとめ

これ絶対面白いでしょ笑

みなさんが感じたことがない"正義"を感じることが出来ると思います。

私的には正義というより法律モンスターというイメージが強いですが。

法律が正義なら彼女は”絶対正義”です!!

 

いや~どんなドラマになるのか楽しみです。

[memo title="MEMO"]

見逃してしまった方やもう一度見たい方はFODプレミアムにて見放題配信してますよ~

FODプレミアムでは『トレース-科捜研の男-』『スキャンダル専門弁護士QUEEN』や『JOKER×FACE(ジョーカー・フェイス)』等の最新作も配信しています。

[/memo]

本当に面白い2019年冬ドラマはこちら

[kanren id="9058"]
スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!