スポンサーリンク

遂にドラマ『集団左遷』がスタート。

福山雅治が頑張っちゃうおじさん役!?

 

原作ファンなので1話の感想と今後の展開を予想しました。

これを見ればドラマ『集団左遷』1話のすべてがわかりまーーーす!!

ここからネタバレ込みの内容になります。

[box class="box28" title="もっと知りたい"] [/box]

『集団左遷』1話ネタバレ感想&あらすじ

1話あらすじ

大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋(福山雅治)はある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受ける。50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があった…。

徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる。さらに「廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われるのだ。

頑張らない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ…はたして本当にそれでいいのか!?
そしていよいよ支店長としての出勤初日、朝礼で着任の挨拶もそこそこに蒲田支店が融資していた会社の社長がいなくなったと連絡が入る。融資額が5000万円と聞き、片岡は部下の滝川晃司(神木隆之介)を連れて融資先の会社へと向かう。合流した担当者の平正樹(井之脇海)と共に社長の行方を追うのだが…

「ん?これって頑張っていいんだっけ…?」横山の言葉がよぎり、葛藤する片岡。と、そこへ、副支店長の真山徹(香川照之)から、二日後、蒲田支店に臨店(※各支店の融資状況が正しいかどうかチェックする検査)が入るとの連絡が…

頑張らなくて良いと言われた50歳間近の銀行支店長片岡洋。そして、リストラ寸前のダメ社員集団の蒲田支店。果たして蒲田は生き残れるのか!? 50歳の支店長片岡の戦いが始まる。

「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!」

主人公が言い渡されるのは頑張らないこと

主人公の片岡洋(福山雅治)は遂に支店長を任されます。

昇進か!?と思いきや片岡が配属されたのは廃店候補の蒲田支店...

常務取締役の横山から計画どおり廃店させたいので、"頑張るな"と言われます。

 

しかも廃店した支店従業員は全員クビ...

これによって年間10億円の削減になるらしい。

そのかわり片岡の今後は約束されると...片岡にとっては悪くない話だよね。

 

頑張っちゃう片岡!3500万円をとりかえす

片岡が着任初日に融資先の株式会社YCS米山社長に逃げられます。

頑張らなくてもいいんですが、片岡頑張っちゃう!

米山をどこまでも追いかけ3500万円取り返します。

熱い!熱いぞこの男

 

ちなみに原作『銀行支店長』ではラストで似たような展開がありました。融資先社長に逃げられたことが原因で主人公はクビになるっていうとんでもないオチだったんですが...

ドラマがこのオチじゃなくてよかった。

 

臨店で発覚!鶴田工業の延滞

それと同時期に本部から臨店がありました。

そこで滝川(神木隆之介)が担当している鶴田工業が返済を延滞したことが発覚。

融資額を全額回収するよう言われます。

融資額を全額回収すれば鶴田工業は潰れる...

 

そこで奮闘する滝川。

主人公・片岡は頑張ってもいいのか悩みます。

 

明かされる真山の思惑

なんだかずっと怪しかった真山(香川照之)。「頑張っていいんですか?」と上からの命令を知っている様子でしたが...

ノルマ発表時に真山の思惑が明かされます。

真山はすでに蒲田支店が廃店予定であること、そして支店従業員がリストラになることを知っていました!

真山は本部に逆らわず、廃店にすることで少しでもいい出向先を斡旋して欲しいと思っていたようですね。

 

真山の気持ちもわからなくはないなぁ。頑張らないほうが蒲田支店の人たちのためなのかな...

 

ぶちギレた片岡は男の土下座

右に左に奔走した滝川でしたが、羽田店に融資を横取りされます。

部下の手柄を横取りされた片岡は怒り心頭。

 

横山が蒲田支店の営業成績を下げるためにしたことですからね。

横山の元へいきぶん殴るかと思いきや男の土下座

いやぁー沁みました。

片岡:「三友銀行に入ってこれまで頑張って頑張って働いてきたつもりです。銀行員最後の日に今日と言う日を振り返った時に後悔だけはしたくないんです」

ノルマを達成することができたら蒲田支店を廃店にしないという約束と引き換えにノルマ達成できなければ片岡の身も保証しないという展開に。

片岡真っ直ぐすぎて眩しいわ。

まあ現実だったら家族とかのこと考えて保身に走るのもまた男のカッコいい選択な気もしますが...

 

さぁ片岡も背水の陣でのぞむノルマ。どうなる蒲田支店!?

 

【ネタバレ注意】2話はどうなる!?『集団左遷』原作から展開予想

© Tokyo Broadcasting System Television

原作とはかなり違った話になりそうだなとおもいました。

ここからノルマとの戦いになり蒲田支店が一丸となっていく様子が描かれるのではないでしょうか。

蒲田支店は旧大昭和銀行の本店だったという設定があり、働いている銀行員たちも旧大昭和銀行出身の人たちが多いです。他の店舗とは違い開店30分前出勤だったり、あまりやる気に満ち溢れた風土ではないんです。

ここら辺がドラマでどう描かれるのか期待したいですね。早朝出勤、残業が強制みたいな描写があると叩かれそうですし。

 

ラストシーンで横山が電話していたのは誰?

ラストでは横山が誰かに電話するシーンがありました。

横山:「蒲田支店の動きがあったらまた報告してください。君のことは悪いようにはしませんから」

確かに1話時点で蒲田支店の動きが横山に筒抜けでしたからね。

真山がスパイな雰囲気プンプンですが、原作では花沢がスパイでした。ドラマ版ではどうするのか期待です。

 

藤田(頭取)がキーマンか!?

市村正親さん演じる藤田頭取がキーマンになりそうですね。

旧大昭和銀行出身の頭取ということで横山VS片岡の戦いの助けになってくれそう。

旧本店の蒲田を潰したくないような描写もありましたし今後物語に絡んでくるのでは?

ちなみに原作に相当する人物はいません。

【ネタバレ】『集団左遷』1話感想まとめ

滝川がめちゃくちゃ派手なスーツを着ていたりってのは「こんな銀行員いないだろ」っていうツッコミはあってもドラマとして見た時に無視できる部分です。

ただちょっと気になったのが片岡が上に盾突く部分。

やっぱり銀行員でサラリーマンで、ある程度デキル男で...となると違和感はありますよね。

支店の削減は悪いこととは言い切れませんからね。

問題は銀行の構造であって人の頑張りじゃない...

 

例えば片岡と蒲田支店の人たちと絆が生まれて、リストラを絶対させたくないって話なら納得できるんですが...

なんか「頑張るなって言われて頑張らないなんてできない」っていう謎の理由で熱くなってるのが共感しにくい。

それに自分の保身もない。家族がいて生活があってっていうリアリティがないので主人公だけ浮いてるんですよね。

本格サラリーマンものとして期待していただけに今後がちょっと不安になりました。

まぁ次も見るんですけどね!

見た時の爽快感はありました。ガンバレ

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!