© tv asahi

木曜よる9時・ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』がスタートしました。

毎話放送後ネタバレありであらすじと感想を最終話まで更新していきます。

それと同時に各話伏線を拾い最終話の結末を予想&考察しました。

 

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の闇に迫っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

【あらすじ】法医学 vs. 絶対的権力...勝つのはどっち?

法医学 vs. 絶対的権力
“真実”をめぐる壮絶な戦いが開幕!!
衝撃のラストにあなたは必ず号泣する…
――真実は、勝たなければ“真実”にならない――
最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマ『サイン』を大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら強力キャストでリメイク。
どこまでも“真実”と“正義”に忠実に…
遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていきます!今、ドラマ界で人気の“法医学”を軸にした“真実”をめぐる巨悪との戦い――
一度見始めたら止まらない…! 息もつかせぬ激闘の火蓋がついに切られます。
みどころ
  • 真実を追い求める法医学vs絶対的権力
  • 韓国で最高視聴率25.5%を記録したストーリー
  • 必ず泣ける衝撃のラスト

なんといっても韓国で最高視聴率25.5%を記録したストーリーがどれだけおもしろいのか気になります。

必ず泣ける衝撃のラストっていったい何でしょうか!?

本当に泣けるの?最後までしっかり見守りたいと思います。

 

最終回はどうなる?結末考察&予想まとめ

もみ消されたアイドルの死因

横山涼【北見永士(きたみ・えいじ)役】
 役柄国民的人気歌手。ライブ会場の控室で死んでいるのが発見される。世間では、派手な女性関係や薬物使用疑惑、性格の悪さなどがたびたび噂されてきた。そんな中、所属事務所の社長・会田幹彦や、遺体の第一発見者であるスタイリスト・宮島清花とそれぞれ揉めていたとの情報も飛び出し…。

1話で死亡した国民的人気歌手・北見永士。なぜか警視庁からの圧力があり解剖医の変更が行われました。

主人公の柚木貴志(大森南朋)はそれでも解剖を決行。

柚木貴志の解剖見立て
  • 血液は暗赤色流動性(窒息死や急死にみられる)
  • 喉から青い繊維を発見(鼻と口をふさがれたことによる窒息死)

喉から青い繊維を発見し、窒息死であり他殺と断定しました。

ですがその後の解剖で伊達明義(仲村トオル)は死因は青酸カリによる毒殺と発表します。

 

なぜ人気歌手・北見永士の死因は偽装されているのか?北見の死因を隠蔽しようとする圧力は誰がかけているのか?

 

正義vs権力

北見永士殺害事件には警察権力に圧力をかけられるほどの大物が絡んでいることになります。

自由民政党副総裁の秘書・佐々岡充(木下ほうか)が伊達に会いに来ていたり政界の大物が絡んでいるのか!?

 

1話では主人公・柚木の師匠である日本法医学研究院・院長の兵藤(西田敏行)も権力に屈しました。

伊賀
北見永士の死因は青酸カリではなく窒息死。肺疾患もなかった。柚木先生の見立ては正しい

兵頭
なに言ってるんだあんた?

伊賀
すべては研究院のためです

このやり取りで味方だと思っていた兵頭も隠蔽に加担。どれだけ強大な闇が隠されてるんだ...

 

謎の女の正体は?

森川葵【島崎楓(しまざき・かえで)役】
 役柄謎の女。国民的人気歌手・北見永士がライブ会場で死亡した事件の捜査線上に、その存在が突如浮かび上がる。だが、正体はまるで不明で…!?

現時点では謎の多い美女。

北見永士が死亡したライブ会場で防犯カメラに映っている女性もほぼ確定でこの謎の女でしょう。

部屋内に青いクマのぬいぐるみが映っています。

北見永士の喉から検出された青い繊維ってこのぬいぐるみのものなのか?

部屋に北見の写真がびっしり並べられていたりファンであることは間違いなさそうですが...殺す動機はあったのか?ミスリードを誘っている印象も受けます。

本当に犯人なのか?

 

一目でわかる『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』相関図

相関図

© tv asahi

主人公の柚木を大森南朋さんが演じ、そのバディ中園景を飯豊まりえさんが演じます。

飯豊まりえさんは新進気鋭の女優さんですが大森南朋さんと演じても違和感全然ないですね。

 

スポンサーリンク

ドラマ『サイン』全話ネタバレあらすじ&感想

1話ネタバレあらすじ&感想

1話あらすじ

国民的人気歌手・北見永士(横山涼)がライブ会場の控室で死んでいるのが発見された! だが、事件現場からは指紋もろくに採れず、北見の遺体が唯一の証拠と言っても過言ではない状況…。そこで、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は遺体をすぐさま、死因究明に特化した国家機関「日本法医学研究院」へ搬送するよう指示を出す。

続きを読む

 一方、地道な捜査を続ける警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、北見がただの病死ではないとにらむ。所属事務所の社長・会田幹彦(猪野学)、そして第一発見者であるスタイリスト・宮島清花(柳美稀)がそれぞれ、北見と揉めていたとの情報を入手したからだ。しかし、紀理人から報告を受けた千聖は、解剖結果が出るまで捜査は一旦保留だと一蹴し…。

 そんな中、「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭(西田敏行)はもっとも信頼する解剖医・柚木貴志(大森南朋)に、北見の司法解剖を一任する。ところが、どんな力が働いたのか…解剖直前になって、想定外の横槍が入ってしまう。なんと、警察庁の依頼を受けたという国立大学の法医学教授・伊達明義(仲村トオル)が突然現れ、自分が北見を解剖することになったと告げたのだ!

 不可解な解剖医変更に納得のいかない柚木。彼は何を思ったか、北見の遺体を保管庫から盗み出すという暴挙に出てしまう。しかも、偶発的に解剖室へ引きずり込んだ新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)も巻き込み、無許可で解剖を開始! 死因は「100%他殺」と断言し…!?

1話ポイント
  • 実績のある確かなストーリー
  • 隠蔽される国民的歌手の死因
  • 師匠・兵頭、権力に屈する

1話ネタバレ感想

韓国で25.5%を記録したドラマのお手並み拝見って感じで見たんですが...

めちゃくちゃおもしろかった!!

法医学とか難しそうな雰囲気でしたがめちゃくちゃ明快でわかりやすい。

キャスト陣もめちゃくちゃハマってましたね。

 

なぜ歌手の死因が隠蔽されるの?

国民的人気歌手・北見永士の解剖医が警視庁からの圧力により伊賀(仲村トオル)に変更されたり、なんだかおかしな事態になるのですが...

そもそもなぜ北見の死因を隠蔽する必要があるの?

伊賀に自由民政党副総裁の秘書・佐々岡充(木下ほうか)が会いにきたり政治家が動いてる雰囲気もあります。

国民的人気歌手の死に政治家が関わってるっていうのはチョット違和感がありますよね。

 

兵頭が権力に屈する

主人公・柚木の師匠に当たる人物の兵頭が権力に屈したのも衝撃的でした。

伊賀の「すべては研究院のためです」の発言で正義を捨てました。

日本法医学研究院の予算アップを条件に隠蔽に加担したのかなぁ。

兵頭
日本の法医学会の未来は柚木先生の双肩にかかっているんだからね...負けるなよ

何かを託した様子でしたね。

柚木先生は絶対的権力に負けないのか?注目です。

 

2話ネタバレあらすじ&感想

2話あらすじ

殺された国民的歌手・北見永士(横山涼)の司法解剖をめぐる騒動を受け、国立大学の法医学教授だった伊達明義(仲村トオル)が「日本法医学研究院」の新院長に就任。北見の死因について、伊達の解剖結果とは異なる“窒息死”を主張した解剖医・柚木貴志(大森南朋)は、埼玉中央医科大学に飛ばされてしまった。あれから1カ月――。新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は柚木の弟子になりたい一心で、埼玉へ。なんと、北見が窒息死だったと証明できる唯一の証拠品=青い繊維を「日本法医学研究院」から盗み出し、柚木のもとへ持ち込む! だが、柚木は「それだけでは何の意味もない」と言い捨て…。

続きを読む

その矢先、埼玉の山中で若い女性の首吊り死体が見つかった! 遺書もあったことから、自殺の線が濃厚かと思われるが、解剖した柚木は胸部の奇妙なアザに注目。徹底的に調べた結果、「自殺に見せかけた他殺」と結論づける。一方、都内でも若い女性の首吊り死体が発見され、「日本法医学研究院」で伊達が解剖に着手することに。奇しくも、その胸部にもアザが認められるが、伊達はある事情から早々に解剖を終了。「首吊りによる自殺で間違いない」と言い切り…!?

 同じ頃、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は連続放火事件を捜査。空き巣の前科があるタクシー運転手で、埼玉在住の須賀原学(柾木玲弥)に目を付ける。だが、管理官の和泉千聖(松雪泰子)から「物証もないのに、前科者というだけでマークはできない」と、突き放されてしまい…。

 そんな中、さらなる事件が発生! あろうことか、埼玉で新たな首吊り死体が立て続けに発見される――。

2話ポイント
  • 「サイン」を見逃せば大変なことになる
  • 伊達はなぜ早々に解剖を終了した?

2話ネタバレ感想

2話もスリルがある展開でおもしろかった!!

女性の首吊り遺体が発見されます。柚木先生は「自殺に見せかけた他殺」だと見抜きます。

逆に同時期に発見された首吊り遺体を解剖した伊達(仲村トオル)は「首吊りによる自殺で間違いない」と断定。

 

そんな中、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は連続放火事件を捜査。怪しい人物として須賀原学(柾木玲弥)に目をつけます。ですが管理官の和泉千聖(松雪泰子)は「物証もないのに、前科者というだけでマークはできない」と突っぱねられてしまいました。

 

「サイン」を見逃せば大変なことになる

遺体からのサイン、そして高橋の捜査で見つけたサイン。その2つを見過ごしたした結果、中園景(飯豊まりえ)は殺されそうになってしまいました。

「サイン」の重要性をしっかり示した2話でした。

 

伊達はなぜ早々解剖を終了した?

引っかかったのが伊達はなぜしっかり解剖を行わなかったのかという点。

そういういい加減な奴かと思ったりもしたんですが公式ホームページのあらすじにて

伊達はある事情から早々に解剖を終了

その時は厚労省の副大臣・野村が解剖を見に来ており、それが理由だとは思いますが...

厚労省の副大臣を待たせては悪い思っただけなのか?

 

野村:「今回のことで君と研究院の評価も上がるだろう」

伊達:「おかげさまで事件解決のお役に立つことができました」

野村:「法医学研究員の予算拡大の件前向きに検討しよう」

うーん...どういうことなんでしょうか。

今回の事件では伊達は間違った診断を下したので怒られるとかならわかるんですが...柚木先生の手柄は伊達のものになってるのか?それとも北見永士殺害事件のことを話してるの?

 

ドラマ『サイン』はビデオパスで配信中

おすすめビデオパス
ビデオパス 562円/月 30日間無料

おすすめポイント
  • 562円という低価格
  • 【珍しい】映画が割引になる特典あり
  • 30日間の無料期間がある

昔はauビデオパスという名称で、auユーザーしか使えませんでした。

今はauユーザー以外もOKになったのでぜひこの機会にビデオパスを試してみましょう。

 

【珍しい特典】映画館割引制度があります

私がよく利用する「TOHOシネマズ」でauマンデーというサービスがあり毎週月曜日は映画を1,100円で見ることが出来ます。

このサービスはなんとau会員だけのサービスではなく、ビデオパス会員のサービスでもあるのです!!

同伴者1名も割引なるので一般の方であれば1回あたり1,400円お得です。

つまり

毎月、映画を1度は見に行くと言う方はビデオパスに加入すれば節約出来てさらに、動画見放題という荒業を達成できます!!

 

ドラマ『サイン』をビデオパスで最終回まで楽しもう

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』を見逃しちゃったって方やノーマークだったという方は見逃し配信で追いついちゃいましょう!

ビデオパスは562円という低価格のサービスです。

30日間無料お試し期間があるので安心して試せますよ

おすすめ
ビデオパス
ビデオパスでドラマ『サイン』を何度も見よう!!
月額料金 562円(税抜き)
無料期間 30日間
作品数 10000本
\ビデオパスを30日間無料で楽しむ/

>>配信作品を見る

画像出典>>木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』|テレビ朝日

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

夏ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの夏ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

夏ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


今年の夏はドラマ熱い!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く夏ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!