スポンサーリンク

毎クール熱きビジネスドラマを放送するドラマBiz。

今期は中小企業の再生をテーマにした『スパイラル~町工場の奇跡~』が放送されます。

 

このドラマの原作は『ハゲタカ』シリーズのスピンオフ作品『ハゲタカ4.5/スパイラル』です。

ドラマ『ハゲタカ』ファンの方必見のドラマなんです。

もちろん『ハゲタカ』を見ていない人もバッチリ楽しめますよ。

というわけで放送後に全話感想を更新していきまーーーす

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』全話感想

第1話感想

企業再生家・芝野健夫(玉木宏)の元に恩人の天才発明家・藤村(平泉成)の訃報が届く。創業者の藤村亡き今、町工場のマジテックは潰れてしまうのか…。
藤村の娘・浅子(貫地谷しほり)、劣等感を持つ息子・望(戸塚純貴)、藤村の右腕だった桶本(國村隼)と再会し、芝野はある想いを巡らせる。
そこに、芝野に復讐を目論む村尾(眞島秀和)や外資系ファンドの社長ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)がマジテックを乗っ取ろうと動き出す!芝野は倒産寸前の町工場を救えるか!?

熱き企業再生物語が今始まる

天才発明家・藤村(平泉成)の死により、町工場をたたもうとする娘・浅子(貫地谷しほり)。

そこに企業再生家・芝野健夫(玉木宏)が現れ、会社の立て直しを手伝うことに...という1話でした。

 

前職の銀行員時代の同僚・村尾(眞島秀和)がこれからいろいろかき乱してきそうですね。

詳しい事情は語られませんでしたが村尾は2億円の着服が見つかり三つ葉銀行を退職させられたよう。村尾が着服していたのならそれって逆恨みじゃ...「汚い仕事をさせられてきた」って言ってたことからなにか事情があったのかな?

そして、その村尾が芝野の復讐のために外資系ファンドの社長ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)と怪しい会合を...

ナオミ・トミナガ:「本当にマジテックの債権を集め、マジテック社を我々に売却することができるんですか?」

村尾はマジテックを勝手に売る気なのか!

 

息子・望(戸塚純貴)が営業主任になり新しいスタートを切ったマジテック社。

これからどうなっていくのか。本格ビジネスドラマとして熱い作品になりそう!

第2話感想

芝野健夫(玉木宏)はマジテックの再生のために奔走。新規取引先を開拓すべく藤村望(戸塚純貴)を連れて営業へ。張り切る望だが徐々に営業の厳しさを知っていく。
そんな時、先天性の障害がある正木希実(宝辺花帆美)に保険のCM出演話が。奈津美(野波麻帆)曰く出演すれば多額の支援金が入るというが、芝野は希実が矢面に立つリスクを心配する。
その頃、村尾浩一(眞島秀和)はマジテック買収に向け本格的に動き始めていた。

営業マン藤村望の成長

1話で営業主任になった息子・望の奮闘が描かれました。

中小企業なのでどこも相手にしてくれない現実を突き付けられる望。落ち込んじゃいます。

芝野に営業のコツを聞くと...

芝野:「まずは自分を買ってもらうこと」

"信用されろ"という極意を教わります。うーん、間違いないことなんだろうけどやっぱり簡単な方法みたいなものはないのか。

営業に行ったスーパーを分析し資料を作り営業にのぞむと...やっと感触のいい反応が返ってきました!

望が営業マンとして第一歩を踏み出した瞬間でしたね。望、頑張った。

 

そんな中、マジテックが作ったマジテックガードを使っている希実ちゃんが出演したCMが炎上します。

マジテックまたもやピンチに追いやられちゃった...さぁどうなるマジテック。

第3話感想

正木希実(宝辺花帆美)のCM出演がきっかけで、マジテックと奈津美(野波麻帆)がバッシングの標的に。「マジテックとグルになって娘を売った毒親」という風評被害がSNSで広がり炎上したのだ。
銀行や取引先にも影響し芝野健夫(玉木宏)らは困惑。さらにマジテックガードの開発にも新たな問題が!?
そんな中、村尾浩一(眞島秀和)は借金の返済をしやすくするプランを芝野らに提案。喜ぶ浅子を横目に芝野は慎重な態度を見せる…

起死回生の一撃か地獄への入り口か

3話では風評被害によってマジテックが大打撃を受けます。

厳しい状況の中、外資系企業のスプラ社がマジテック社のもっている特許を使いたいと連絡が。

スプラ社から発注を受けられる+今の3倍の工場を建てられる+借金をまとめて低金利で借り換えられる

という良いことだらけの内容。

しかし芝野はいい話過ぎると慎重な姿勢を崩しません。なんとなく怪しい感じはしたけど、どうなんでしょう?

工場主任・桶本修(國村隼)は"亡き博士の技術を広め、良いものが作りたい"と言っていましたね。

 

慎重派の芝野もリスクを冒して勝負しなければならないことをキミちゃんを見て痛感。スプラ社の話に乗るのか!

 

ADキャピタルに村尾が接触しようとしていたり、新しいチャラついた謎の男がマジテック社に現れたり物語はさらに加速しそうな予感。

第4話感想

マジテックに芝野(玉木宏)の知らない男が。かつて藤村(平泉成)とロボット開発をしていた久万田(福士誠治)だ。
アメリカで最先端技術を学んでいる久万田は時代遅れの町工場の姿を見て、桶本(國村隼)と喧嘩をしてしまう…。そこには技術者としてのお互いの誇りと交錯する博士への想いがあった。
一方、希実(宝辺花帆美)が出演したCMへの中傷は沈静化。計画が失敗に終わった村尾(眞島秀和)だったが虎視眈々と新たな計画を実行していた…。

アメリカ上がりの天才

見知らぬ男が登場。藤村博士とロボット開発をしていた久万田(福士誠治)でした。

アメリカで最先端技術を学んだ久万田は考え方もアメリカ流。いけ好かない奴!

町工場のつながりや製品のクオリティを重視する桶本と喧嘩してしまいます。

 

桶本:博士の発明を確かなクオリティで届けたい

久万田:博士のDNAを受け継ぐ男としてマジテックが機械化競争から脱落し負け組になるのを防ぎたい

2人ともプライドを持ってぶつかり合います。どっちの言うこともわかるなぁ。

 

久万田は技術者桶本の確かな技術を見て改心。

真摯に謝ったシーンは良かったですね。新たな仲間が加わりかなり強力な布陣になったマジテック。

 

ですが、ADキャピタルに近づいていた村尾が弱みをゲットした様子。ってことはローンをまとめる話もなくなっちゃうのか...

第5話感想

芝野(玉木宏)と久万田(福士誠治)は組合の曾根理事長(木場勝己)にロボット王国計画を打ち明けられる。町工場の技術力を世界へ。2人は想いを新たに再生へと動き出す。一方、ついに村尾(眞島秀和)の動きが本格化!村尾は田端(星田英利)の弱みを握りマジテックの債権を奪おうとする。ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)は村尾を利用し、虎視眈々とマジテックの買収を狙うが…果たして彼女の狙いとは何なのか―。ついに直接対決!

村尾のサムライ土下座

村尾は田端(星田英利)のインサイダー取引の証拠となる会話の録音を握られていました...

田端は脅しに屈し債権を譲ることに。村尾なかなかのやり手ですね。

 

ですがそれでもマジテックがスプラ社の受注を受ければ、もっと大きな銀行が出資したがる。そうなればマジテックの債権を全て集めることは不可能に。

そこで村尾サムライ土下座!!ナオミ・トミナガに圧力をかけるように頼み込みます。

ナオミ・トミナガが裏で手を回しスプラ社の株価を下げ、マジテックへの受注契約を反故に...

ナオミ・トミナガの権力の強さよ。

 

ホライズン・キャピタルがマジテックと協力関係にあった英興技巧を買収。一気に動き出しましたね。

超巨大な資本を持つハゲタカファンドとどう戦うのか!?次話に期待!!

第6話感想

動き出したハゲタカ!ホライズンが英興技巧の買収を発表。マジテックは製造ラインをストップせざるを得ない事態に陥る。しかもホライズンは一方的な発表のみで沈黙を貫く。ホライズンの真の目的は何なのか!?
そんな中、村尾(眞島秀和)は新たな動きを見せ始める…芝野(玉木宏)は騒動を鎮静化させるため、桑島(遠山俊也)に記者会見を開くべきだと助言。芝野と村尾、そしてナオミ(真矢ミキ)の三つ巴の闘いがついに本格化!

正体現したね!!

遂にハゲタカファンドが動き出し、おもしろくなってきた『スパイラル』。

ホライズン・キャピタルが英興技巧を買収し大混乱に陥りました。英興技巧からの取引がなくなればマジテックの売り上げはほぼゼロに...

調べるときみちゃんのマジテックガードに使われている特許の一部は英興技巧が所有。ってことはホライズン・キャピタルが特許の侵害を申し出ればマジテックガードを作ることはほぼ不可能に。

 

マジテックの債権をホライズン・キャピタルに渡す手はずを整えた村尾。

村尾:「今度は俺の番だ。あなたは終わるんですよ」

正体現したね!!ばけもの

遂に村尾vs芝野が始まりました。下準備をかなり重ねられて仕掛けられた買収。マジテックに打つ手はないのか!?

第7話感想

マジテックの債権を手に入れたナオミ・トミナガ(真矢ミキ)!マジテックは3億円の債務が返済できない限り、ホライズンに買収される危機的状況に。さらに英興技巧の社長に就任したテイラー氏(グレッグ・デール)は、マジテックを特許侵害で提訴する準備に入ったと会見で発表。追い詰められていくマジテック…。
芝野(玉木宏)は買収の裏にある真の狙いを探るが、そこにはハゲタカの恐ろしい計画が待ち受けていた!

ハゲタカファンドの狙い

マジテックは特許侵害で提訴する準備に入ったと会見で発表され大混乱。

2億5千万円の債権を3日以内に払えと言い出すナオミ・トミナガ(真矢ミキ)。ハゲタカファンドめぇぇぇ。

芝野はツテをあたりますがなす術ナシ...

 

絶望的な状況の中、ホライズンの狙いはマジテックの特許の軍事利用だと判明します。

おう...

そしてラストシーンでは桶本さんが倒れる事態に。

って次でラストなんかい!!

かなりバタバタしてるけど次でまとめ切れるのか!?

第8話(最終回)感想

「私と組めばマジテックから手を引く」ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)の真の狙いは、特許と芝野(玉木宏)だった!
マジテックガードの特許技術を軍事転用しようと企むナオミに、怒りを隠せない藤村浅子(貫地谷しほり)と望(戸塚純貴)。一方で工場の存続が気がかりな田丸(前原滉)。それぞれの思いが交錯する…。
マジテックを人質に取られた芝野が最後に下す予想外の決断とは!?

マジテックガードの特許技術を軍事利用させないためにとった作戦は...

特許を全世界に公開!!

おいおい。それじゃあ軍事利用し放題ってことなんじゃ...と思いましたが、技術的な優位性をなくすことが目的だったみたいですね。なるほど。

 

マジテックは博士の特許によって成り立っていた会社。

マジテックで働いていた人たちはかなり厳しい状況に...

そんな中、あけぼの電機の会長が投資したいと話にきて最後は救われる展開に!!

早い段階で融資してくれてれば特許を手放さずに済んだのでは?ってのは野暮なツッコミなのかな。

 

博士の特許を手放すことで新しいマジテックガードが誕生したみたいですしこれで良かったんだ!ドンっ

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』全話感想まとめ

企業再生をテーマにした熱きドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』。

『ハゲタカ』のスピンオフ作品ということで期待大。

この期待値をどこまで超えてくるのか...最後まで見守りましたが...

 

期待値は越えれず

もっと面白くなると思っていたというのが正直なところですね。

ビジネスドラマなのでもっと重厚な感じに仕上げてもいいと思いました。

放送枠はテレ東のドラマBizという枠なんですが、毎回なんでこんな軽い感じのドラマにするんだろう。おそらく狙いがあるんでしょうが...

次クールは『リーガルハート』。もっともっと日本の経済の闇をエグルような作品になることを期待したいです。

*次クールは反町隆史さん主演の『リーガルハート』が始まります。

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!