©特殊凶悪犯対策室 第七課
スポンサーリンク

2019年秋...アニメ『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-』がスタートします。

 

凶悪組織『ナイン』に対抗すべく発足された警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課...

通称トクナナ

 

PVで登場したボスの「犯罪は割りに合わないと思い知ってもらおう」というセリフ

カッケェぇぇぇっぇ

これは期待できる!

 

そんなアニメ『トクナナ』見逃し配信情報と全話感想をまとめました。

 

『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-』基本情報

公式PV動画

あらすじ

ただ真っ直ぐに憧れたものを追い求めてー

はるか昔。
この世界には、エルフ・ドワーフ・吸血鬼・ホムンクルス・人間など、数多の種族が存在していた。
争いの絶えないヒエラルキーの頂点は「ドラゴン」。

しかし長い時を経て「ドラゴン」は消え、残った種族たちも共存を選び、時代を重ねるごとに僅かな外見的特徴を残して皆ほぼ人間と変わらない姿となった。

2×19年、東京。

平穏になったと思われた時代。それでも犯罪がなくなったわけではない。かつて存在した「ドラゴン」に心酔し、その力を欲するあまり凶行に走る組織

ー『ナイン』。

彼らは凶悪事件を引き起こし、現在の世界をつくり変えようと画策していた。
『ナイン』に対抗するため、各分野のエキスパートを集めた対策室が警視庁で組成される。

その名は

『警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 通称-トクナナ-』

 

公式サイトTVアニメ「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」公式サイト

放送時間:TOKYO MX 2019年10月6日より毎週日曜日 22:00~

オープニング:『Take On Fever』OLDCODEX

エンディング:『One Wish』SCREEN mode

公式twitter

 

各キャラクターの個性が魅力

個人の能力は高いもののクセが強すぎて「はぐれもの集団」「ごくつぶし集団」と噂されるトクナナ。

トクナナのメンバーにはコードネームがあってそれがめちゃくちゃカッコいい

 

  • 七月清司:ルーキー(人間)
  • 一ノ瀬 栞:カリスマ(人間)
  • 二条クジャク:アナライザー(エルフ系)
  • 四季彩紅音:サムライ(吸血鬼系)
  • ベルメール・サンク:ニンジャ(ホムンクルス)
  • 遠藤六輔:スナイパー(ドワーフ系)
  • 桐生院左近零衛門:ボス(人間)

 

『トクナナ』のキャッチコピーは「違う世界、違う東京の、七人の警官(はぐれもの)」。

個性豊かな7人が東京を舞台に暴れまわります。

それにしても一ノ瀬のコードネーム・カリスマだけ異質でカッコよすぎ!

 

アニメ『トクナナ』全話感想

1話「一は凶兆を、七は幸運を」感想

©特殊凶悪犯対策室 第七課

中学生の頃、凶悪犯罪組織「ナイン」によるテロ事件に巻き込まれた七月清司は、一人の警官に命を救われる。事件から9年が経ち、命の恩人である警官に憧れ、自らも警官となった。
ある非番の日に、銀行強盗の現場に居合わせた七月は、そこで同じく警官だと言う一ノ瀬栞に出会う。
この日を境に、七月の人生は大きく変わることになるのだった――。

シビれるアニメがスタートしたゼ

かなりいい1話でした。

冒頭では七月が中学生の頃あったエアポート・テロ事件で警官に守ってもらった様子が描かれました。

この事件にはナインという集団が関わっていたようです。

ナイン
かつて存在した「ドラゴン」に心酔し、その力を欲するあまり凶行に走る組織

一ノ瀬もこのテロ事件の話に反応していたのでもしかしたら七月を助けた警官と同僚だったのかも。

殉職していそうな感じがしますね。

 

銀行強盗をトクナナが制圧する様子は実に鮮やか!

爽快感・スピード感も素晴らしい。

なんとなくですが七月はなにか秘密を隠してそう。考えすぎかな?

とにかく期待できるアニメが始まりました!

 

2話「捜査する二人」感想

銀行強盗事件の一件で、「特殊凶悪犯対策室 第七課―通称トクナナ」に突如配属されることになった七月。
そこは凶悪犯罪組織・ナインに対抗する為の部署で、卓越した能力をもった個性の強い警察官6人が所属しており、
その中に一ノ瀬もいた。
そして赴任早々、七月は一ノ瀬と共に政治家殺害事件の現場に向かうことになる。
しかし捜査をしていく中で、ほぼ同時刻・同様の殺害方法で他の3人の政治家も殺されていることが判明し…。

カリスマのカリスマ感

政治家がほぼ同時に殺された事件。

政治家の不正に気づいた秘書たちがそれぞれの政治家を同時刻に殺したというのが真相でした。

誰かに扇動された様子でしたね。この事件にもナインが関わっているのか?

 

そして被害者の家族に真実を告げにいくという一ノ瀬。

一ノ瀬:「これが冷静にできるようになったらルーキー卒業だな。卒業できないやつもいたが」

絶対一ノ瀬の仲間死んでるやんこれ...

1話で登場したエアポート・テロ事件とのつながりが見えてくるパターンか?

 

今後の女キャラの活躍にも期待

 

3話「三重の罠」感想

情報屋から二条のもとに、連続爆弾魔Bがオフィスビルに爆弾を仕掛けたとのタレコミが入る。
ナイン関係者と言われるBの爆弾には、ドラゴンの遺産である”魔術”の技術が使われていた。
現場に急行したトクナナは3棟のビルに仕掛けられた4つの時限爆弾を発見するも、爆発物処理班が何者かに
襲撃を受けて到着できない緊急事態となる。
やむなく自分たちで解体を進めるが、爆弾のカウントダウンが急速に速まり…!?

魔術の存在

魔術
ドラゴンの遺産の一つ。物理法則を余裕でぶっ飛ばす。空を飛ぶ、姿を消す、年を取らなくなるなど

ってことは何でもありってことか(笑)

 

爆弾を処理することになるトクナナですが...そこには何重にも張り巡らされた罠が!

七月の逃げない真っ直ぐな主人公感が眩しい。

放送後はSFと刑事ものが融合できていないという指摘がちらほら...

今後どこまで修正できるのか?

 

七月絶対ただの人じゃないでしょ

 

4話「四人の家族」感想

とある交通事故を捜査するトクナナ一同。
自動車が発火するなど、不審な点が多くみられ、ナインが関わっている可能性があるためだった。
運転手の江口晋太郎は軽傷だが息子は意識不明の重体。
しかも息子にはなんと1億もの保険金がかかっているという。
今回ある事情で二条と捜査を進めることになった七月。
しかし一ノ瀬以上に何を考えているのか分からない二条と、果たして上手く捜査を進められるのか…。

 

七月が二条とバディを組んだ4話。

自動車を発火させた犯人を突き止めた二条は犯人に銃を突き付けます。

立ちふさがる七月。

七月:「罪を裁くのは俺たちの仕事じゃない。それは正義とは言わない」

正義を貫く七月に二条も心動かされていくのか!?

 

ラストは二条がナインが大規模テロをしようとしていると知ります。そろそろ物語が動き出すっぽい!

 

不気味に増えるサブタイトルの数字

5話「第五の封印」感想

先日のオフィスビル爆破事件と近似した魔術反応があったというショッピングモールへ、捜査に向かった七月たち。
七月と一ノ瀬は各階のフロアを見回るも、特に不審なものは見られない。
すると突如、モールの入り口が爆破され銃声が鳴り響く。
客に紛れて侵入したナインを自称するテロ集団が現れ、「儀式を行う」と宣言しモール内はパニック状態に…!
一方、二条は単独で地下フロアに向かうが、そこで彼が遭遇した人物とは…!?

 

ショッピングモールでの大規模テロ事件が発生。

1人地下フロアに向かう二条は1話から登場していた顔に十字の傷がある男と対面。

兄さん...と言っていたことからこの男は二条の兄さんということみたいです。

 

エンディングの映像で二条・兄と一ノ瀬が話しているカットがあります。二条・兄は一ノ瀬の部下でなにかがきっかけでナインに堕ちてしまった...

だから二条は一ノ瀬を信じていないって感じなんだろうなぁ。

うーん。ありがちな展開だな...

ここからどう盛り上げていくのかに期待したいです。

 

腐女子ウケを狙ってる?

6話「六分間の死闘」感想

桐生院の命令により四季彩たちが駆け付けるが、妨害電波のせいで地下にいる二条とは連絡がとれない。一刻を争うため、一ノ瀬はこのメンバーでの人質救出を判断する。圧倒的に不利な状況ではあるが、一ノ瀬はテロリストのほとんどが一般人に近い素人同然の者たちの集まりであることに気づき、ある作戦を立てる。それは意外性があるものの、かなりエキセントリックなもので…。七月たちは人質を無事救出できるのか…!?

ドラゴン降臨

テロリストたちを制圧するもそのテロリストたちを生贄に儀式が行われました。

現れたのはドラゴン!

ドラゴンとの戦いで七月が覚醒しましたが、そのときボスがなにやら唱えていました。ボスもドラゴンに関係する力を持っているとかかな?

 

最後にこのテロは揺動で本当の狙いは"封印"を壊すことだったと判明。そろそろ二条兄と一ノ瀬の過去が明かされそう。

 

最優先すべきこと

 

7話「七日目は惰眠」感想

ショッピングモール事件から数日。休日となったトクナナ部署だったが、七月は間違えて出社してしまう。そんな七月に桐生院はせっかくだからとデートに行こうと誘い出す。桐生院が向かった先は、元トクナナメンバー・三潴ルカにまつわる場所だった。七月が三潴について尋ねているところに偶然、一ノ瀬がやって来て…。一方で四季彩・遠藤・ベルメールが各々休日を過ごす中、二条は情報屋・黒真珠から衝撃の事実を告げられる。

ほのぼの回

タイトル「七日目は惰眠」の通り、いったんストーリーの進行はお休みでキャラクターの過去が明かされました。

二条・兄が弟や相棒を守るためにナインに堕ちたことが判明。

二条と情報屋・黒真珠のやり取りも気になりました。

情報屋:「二条クジャクは選択する...悪魔に堕ちるか、善に屈するか」

二条が見たものとは何だったのか...

 

いよいよ核心へ

 

8話「八フィートの逃げ道」感想

ある日ベルメールは、ミニドラゴン型ドローンを通して桐生院と話しながら買い物に出かけていた。しかし店を出たところで突如知らない男に車に連れ込まれ、誘拐されてしまう!すぐに異変に気づいたトクナナメンバーは、手分けしてベルメールを探すために動くが、手掛かりが少なく中々居場所を突き止められない。一方、ベルメールと桐生院は監禁された部屋で “あるモノ”を見つけてしまい…。

忍者・ベルメール回

ベルメールが誘拐されました。狙いはホムンクルスの心臓。

ホムンクルスの心臓を食べると永遠の若さが手に入ることからベルメールが狙われるという展開に!

トクナナの世界観ならではの回でしたね。

 

そして最後で七月がテロ事件の時に二条兄に助けてもらったことを知る一ノ瀬。

一ノ瀬は二条兄と七月を重ねているみたいです。

 

忍者ですからの万能感

 

9話「九年の憤怒」感想

エアポート・テロ事件の実行犯であり、ナインの元構成員・枇杷島を護送するトクナナ。
だが、枇杷島は反省した様子が全く無く、不遜な態度をとり続ける。怒りを抑えきれない一ノ瀬と戸惑いを隠せない七月、そして不自然に沈黙を保つ二条。それぞれの思惑が交差する中、ついに9年前の事件の真相が明かされていく…。そして、枇杷島の護送中、突如ナイン構成員に銃撃を受ける七月たち。絶体絶命の状況を切り抜けられるのか…!?

ルカは七月の兄説

二条・兄のルカが二条と血は繋がっていないことが判明しました。

確かに二条はエルフの耳だけどルカは違う!

 

これ、逆に七月と血が繋がってる説ないですか?

エアポートテロ実行犯だった枇杷島が二条・兄は弾何発も打ち込んでも死ななかったと発言していますし、何らかの能力を持っているはず。ルカはドラゴンの一族の末裔とか?

七月も特殊能力持ってるっぽいですしルカと七月兄弟説あると思います。

ただ単純にウォーロックと会った時にドラゴンの血を与えられただけなのかな?

 

七月はウォーロックに何かされてる?

 

10話「十番目の竜」感想

エアポート・テロ事件の裁判が開廷し、ナインの首謀者ウォーロックの判決が下される日がきた。厳戒態勢の中、他の警官と共に警備に駆り出されるトクナナ。だが、二条はある決意から、桐生院のもとを訪れていた…。そして、裁判が始まるが、ウォーロックの弁護人は「彼の無実を証明しよう!」と突如叫びだし!? 混乱する法廷。ついに全貌を現したナイン。そして、七月の隠された秘密が明かされる!!

遂に語られた七月の秘密

七月はウォーロックと血を分け能力を奪っていた。

七月と引き換えに二条兄が犠牲になったと聞かされ、七月はかなり動揺している様子です。

 

七月の秘密、二条兄との関係性...どんどん明かされていき物語はクライマックスへ!

この戦いはウォーロックを倒すための戦いでもあり、二条・兄を取り戻すための戦いでもあるのか...

 

日常回が効いてくる

 

11話感想

*放送後更新します

12話感想

*放送後更新します

 

スタッフ一覧

スタッフ

総監督:栗山貴行
監督:小坂春女
シリーズ構成:東出祐一郎
キャラクター原案:黒乃奈々絵
キャラクターデザイン:飯島弘也
総作画監督:滝川和男
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術監督:柏村明香
美術監督補佐:佐藤 勝 
美術設定:福島孝喜、枝松 聖
色彩設計:日比智恵子
撮影監督:本台貴宏
編集:櫻井 崇
音楽:高橋 諒

 

アニメ『トクナナ』動画配信状況まとめ

主要な大手のVODサービスをピックアップして表にまとめてみました

動画配信 配信情報 無料お試し期間
見放題 2週間
FODプレミアム 見放題 1カ月間
ビデオパス 見放題 30日間
dTV × 31日間
U-NEXT 見放題 31日間
× 初月無料
見放題 30日間
× 30日間
× 30日間
dアニメストア 見放題 31日間

※動画配信サービス欄をクリックすると公式サイトに移行します

『トクナナ』はいろいろ配信されているがおすすめはdアニメストア

おすすめ
dアニメストア
400円/月 31日間無料

アニメ『トクナナ』はとても多くの配信サービスで配信されています。

その中でも圧倒的にオススメなのはdアニメストア!

アニメ特化のVOD(動画配信サービス)のdアニメストアはラインナップがめちゃくちゃ充実しています。

Netflixとかも結構頑張ってるんですがニワカ専用感がいなめない...

アニオタガチ勢ならdアニメストアでしか満足できないと思います。

 

そしてdアニメストアはアニメに特化しているため月額400円と安いんです!!

初回登録者限定で31日間の無料体験期間が用意されているので、ぜひ試してみて下さい!!

おすすめ
dアニメストア
dアニメストアで圧倒的アニメライフを!!
月額料金 400円(税抜き)
無料期間 31日間
作品数 2389本(見放題作品2375本)
おすすめな人 アニオタ・アニメガチ勢

>dアニメストア詳細をみる

 

人気のアニメ記事

記事内の画像出典:TVアニメ「警視庁 特務部 特殊凶悪犯対策室 第七課 -トクナナ-」公式サイト
*執筆時の配信情報です。現在の配信状況は公式サイトにてご確認ください

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!