スポンサーリンク

ジャニーズ枠として有名なシンドラ枠。

2020年冬はKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんに決定しました!!!

 

そして今回はシンドラ初のラブストーリーです。

お相手は「あなたの番です」での怪演が懐かしい奈緒さんです。

 

完璧ではない2人が出会い恋をする姿を純粋に描くドラマです。

それでは詳しい情報を見ていきましょう。

ポイント
  • シンドラ初のラブストーリー
  • 主題歌はKis-My-Ft2??
  • 2人の恋愛に何を感じる?

 

【あらすじ】人はひとりでは生きていけない

記念日現象に苦しみ過去を忘れられない男・須藤壱晴と、恋の仕方を知らない女・本橋桜子。

欠けた心を抱えたふたりが出会い、お互いを知らないまま、少しずつ歩み寄っていく道のり。

 

共に生きるとは、互いの荷物を一緒に背負うことだと気がついたとき、恋愛はどこに向かうのか?

それぞれが選ぶ決断とは?

 

人を想う優しさと、身勝手な残酷さに揺れる。

「好き」だけでは前に進めない二人のラブストーリー

 

他者と共に生きることの温かみに触れる恋愛ドラマです。

 

これまでの放送
動画配信サイトで過去の放送を視聴できます

『やめるときも、
すこやかなるときも』

 

『やめるときも、すこやかなるときも』キャスト

主演・藤ヶ谷太輔

経歴

1987年6月25日生まれで執筆時時点32歳です。
11歳でジャニーズ事務所に入り芸能活動を始めます。
グループはKis-My-Ft2で主要メンバーとして活躍しています。
『美男ですね』で話題を集めると『仮面ティーチャー』や『MARS〜ただ、君を愛してる』で主演に抜擢されます。
最近では『ミラー・ツインズ』に出演しています。

役柄
役名:須藤壱晴

家具職人。
大切な人を失ったことがきっかけで、12月のある時期になると声が出なくなる「記念日現象」が起こる。

コメント
「シンドラ」は、以前Kis-My-Ft2のメンバーもお世話になっていて、エッジの効いた作品も多かったので、ラブストーリーと聞いて驚きました。恋愛ドラマというと、綺麗だったり、胸キュンが多いと思っていたのですが、今回はリアルな人間模様やモヤモヤした気持ちが丁寧に描かれていて、よりチーム感が大切になる作品だと思っています。
僕が演じる須藤壱晴は、僕と同じ30代で、職種こそ違いますが、自分自身の葛藤や、仕事に対する考え方など共感できる部分が多くあります。壱晴は、一見何を考えているかわからない不思議な人ですが、僕自身はそこが好きで、一番の魅力だと思っています。彼の魅力を崩さず、丁寧に自然体で演じたいと思います。ドラマを通じて、壱晴だけでなく、僕自身も人としてもう1歩、2歩と、ステップアップしていけたらと思います。
今回、アジアに向けて発信するということで、僕たちもグループの活動の中でアジアに視野を向けているので個人の挑戦とグループにも貢献できたらいいなと思っています。エンタメの一つとして楽しんでいただけたら嬉しいです。
この作品は、決してキラキラしているだけではなく、仕事や年齢、人間関係など男女問わず共感してもらえるような要素が散りばめられています。良いところも悪いところも、リアルに人間らしく描きます。どの役でも、どの言葉でもいいので、この作品を観ていただいて、皆さんの中で、何かのきっかけになったらいいなと思います。
多くのメッセージが込められている作品になるので、是非たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです。

 

 

ヒロイン・奈緒

この投稿をInstagramで見る

 

奈緒(@sunaosquare)がシェアした投稿 -

経歴

1995年2月10日生まれで執筆時時点24歳です。
高校1年生の時にスカウトされ芸能活動を始めます。
20歳のときに上京し、NHKのスポットCM「変わります。よるのNHK」で話題となります。
その後は『半分、青い。』や『サバイバル・ウェディング』に出演しています。
最近では『あなたの番です』に出演しています。

役柄
役名:本橋桜子

広告会社に勤めるOL。
父親の会社が倒産したことにより一家の家計を支えることになる。

コメント

「よるのふくらみ」を読んでから、いつかご一緒したいと思っていた窪美澄さん原作の作品に参加させて頂ける事が本当に幸せです。今回の原作を読ませて頂き、王子様でもお姫様でもない2人の恋に私自身が希望をもらいました。素敵なドラマになる予感がしています。
本橋桜子さんという人は、問題を抱え大きなコンプレックスとひずみの中で自分だけでは乗り越えられない壁に囲まれながら、息苦しさを抱えて生きている女性だと思います。原作を読み、桜子さんの中に今までの自分を見つける瞬間がたくさんありました。
癒えぬままの傷を抱えた壱晴さんと、ずるさや弱さを持ったヒロイン。この物語の中のどの瞬間も、その時の2人を肯定しながら演じたいです。陰の部分だけでなく、脚本で描かれている壱晴さんの不思議な柔らかさと魅力、そして桜子さんのほっとけない愛らしさは現場で素直に楽しみたいと思います。
現実の恋はキラキラすることばかりじゃないけれど、リハビリから始まるような2人の恋によって、皆さまの心に希望の波紋が広がりますように。是非観てください。

 

 

助演出演者

五関晃一(A.B.C-Z) | 柳葉優太役

小料理屋の主人。
かつては壱晴と同じところで家具職人をしていた。

火野正平 | 佐藤哲役

家具職人で壱晴の師匠。

 

画像をクリックすると役柄を読むことが出来ます。

 

相関図

※公開され次第更新いたします。

 

スタッフ一覧&基本情報

脚本:桑村さや香

演出:小室直子

初回放送:2020年1月21日スタート

放送時間毎週月曜24時59分~

公式ホームページ:リンク

公式twitterこちら

公式インスタこちら

 

視聴率/主題歌/原作

視聴率

話数 視聴率
1話 ※放送後更新します。
2話 ※放送後更新します。
3話 ※放送後更新します。
4話 ※放送後更新します。
5話 ※放送後更新します。
6話 ※放送後更新します。
7話 ※放送後更新します。
8話 ※放送後更新します。
9話 ※放送後更新します。
最終回 ※放送後更新します。
平均視聴率ー%
 随時更新していきます。

 

主題歌

Kis-My-Ft2 「memento」

 

原作

窪美澄 『やめるときも、すこやかなるときも』

 

読んでいくうちにタイトルの意味がわかる

物語は主人公2人の出逢いから時系列に展開していきます。読み進むうちに、単純な恋愛小説ではないことに気づきました。それは文章の中にちりばめられた表現や言葉から感じます。人が人を愛すること・・・ 大切な人を亡くすことやそこからまた前を向いて生きてゆくこと・・・ 家族とは・・・ 読み進むうちに、つい自分の生活に結び付けて考えていました。

手作りの椅子が欲しくなりました。

トラウマを背負った男性と恋愛に奥手な女性の恋というストーリーが、恋愛小説として若干ながらありきたりに感じました。
しかしながら、他の窪美澄さんの作品と同様、人の日常における欲望や性の生々しさを巧みに表現されていて、頭の中にそのリアルな風景がサラっと入ってきました。
綺麗な恋愛ストーリーと若い男女の生々しさが入り混じっているところが、個人的にすごく好きな作品です。

他のレビューはこちら

 

まとめ

ラブストーリー待ってました。

意外にもシンドラでは前回の『ブラック校則』といい一風変わったドラマが多く、ラブストーリーがなかったんですよね。

 

今回は演技派ジャニーズの藤ヶ谷太輔さんということで高い完成度と感動が期待できそうです。

 

記事内の画像出典:「やめるときも、すこやかなるときも」公式ホームページ

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!