スポンサーリンク

2019年4 月期毎週木曜深夜1時~1時30分

遂にスタートした『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』。

実は2018年にも放送されており、主演の“ビデオガール・天野アイ”を西野七瀬(元乃木坂46)さんが熱演しました。

プロデューサーいわく"今回の電影少女は賛否両論の問題作になる"とのこと。

 

今回の主役は“悪のビデオガール・神尾マイ”で同じ乃木坂46の山下美月さんが起用!

乃木坂の元エースである西野七瀬さんから、乃木坂の3期生のエースである山下美月さんへバトンが渡されました。

前作の恋愛ストーリーとはうって変わってダークファンタジーとなる今作。

放送後感想を更新していきまーーーす

 

電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』はAmazonプライムで配信されています。

電影少女2018は既に配信されているのでチェックしてみましょう~

スポンサーリンク

『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』全話感想

第1話感想

叶野健人(萩原利久)の通う高校では、「マイ!」と叫び暴れる生徒が続出する事件が起きていた…。
ある日、健人の幼馴染だった現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)が転校してくる。思い切って由那に声をかけるが、由那は健人のことを覚えていない。その頃、彼女にフラれムシャクシャしていた柳(柾木玲弥)は、放送室から『神尾マイ(山下美月)「元気を出して」』というVHSを発見する。

出典:ストーリー|電影少女2019:テレビ東京

神尾マイは天使か悪魔か?

「元気を出して」というVHSを発見した柳(柾木玲弥)が狂っていく様子が描かれた1話。

彼女にフラれて失意のどん底にあった柳の前に神尾マイ(山下美月)が!!

神尾マイ:「私の役目は傷ついた男の子を癒してあげること。元気になって前を向いて歩きだせるように。そのためなら何でもしてあげるの。それがビデオガール」

ビデオガール最高すぎぃぃぃと思ていたらやっぱり落とし穴が...

色々柳に吹き込みます。

柳がポロっと落ち込む原因となった元彼女の名前を出すと急にドSモードに(ご褒美)!

神尾マイ:「なら見せて。あなたが悲しみを乗り越えるところを。前を向いて歩きだすところを」

この言葉が引き金となり柳は狂ってしまいます。

 

そしてもう一人この学校で落ち込む男子生徒・叶野健人(萩原利久)。幼馴染だった現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)が全く自分を覚えてくれていない...

そんな落ち込む中、健人の前にも神尾マイが現れて...というところで終わりでした。

健人も神尾マイに狂わされてしまうのか?次回以降に期待です!!

第2話感想

同じクラスに転校してきた現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)に、写真のモデルを断られた叶野健人(萩原利久)は、放送室でVHSテープを発見する。家に持ち帰り再生してみると、テレビ画面から神尾マイ(山下美月)と名乗る少女が飛び出してくる。
再生期間の3か月間、主人の命令に従うという彼女に対し、戸惑う健人だったが、「あなたのためなら、なんでもする!」という言葉を聞いた健人は、ある命令を言い渡す…。

出典:ストーリー|電影少女2019:テレビ東京

「あなたのためなら、なんでもする!」というマイに「朝川由那と付き合わせろ」という命令をします。

そのころ由那は杉崎と仲良い感じに。

杉崎はサッカーU18日本代表候補に選ばれるほどの高スペック男子。

マイ:「消せばいいのね。消せばいいんだわ。そんなクソ野郎」

マイ怖すぎぃぃぃ

宣言どおり杉崎を骨抜きぬにして再起不能に...

 

この結果に健人はご満悦でしたね。

健人が「使いようか...」と呟いたのも怖かった。こんな感じでどんどん目障りな奴をマイを使って消していくのかな...

朝川由那と付き合うことはできるのか!?

 

第3話感想

「俺と朝川由那(武田玲奈)を付き合わせろ。」という叶野健人(萩原利久)の命令に従い、言い寄ってきた男を排除した、ビデオガール・神尾マイ(山下美月)。
ある日、マイは由那の写真集制作の話を知る。調べてみると、カメラマン・小山内(三浦誠己)の撮影した写真集はどれも過激なものばかり。それを知った健人は、「小山内を潰せ」とマイに命令を出す。そして、写真集の撮影が行われている山奥のロッジで、マイが動き出す…。

健人が次に消すように命令したのはカメラマン・小山内(三浦誠己)でした。

過激な写真を撮るスタイルの小山内。

写真集作りのための撮影はなぜか小山内と由那の2人きり...

完全に変態オヤジでしたね。

 

その小山内をマイが虜にします。健人の受け売りで説教していたシーンはおもしろかった。

 

フリーライターと名乗る田中太郎がマイを探していたのが気になりましたね。名刺には田中太郎って書いてあったけど偽名でしょ。

なにかマイについて知っている風でしたよね。この男が物語にどう絡んでくるのかも注目したいです。

 

第4話感想

叶野健人(萩原利久)の命令により、朝川由那(武田玲奈)に取り巻く男たちを次々と排除していったビデオガール・神尾マイ(山下美月)。
マイのおかげで、由那との距離を少し縮めた健人だったが、クラスの皆と仲良く話しているのをみて、健人は焦燥に駆られる。
ある日、突然、SNS上に由那の悪口が書かれており、由那は一気に学校で孤立してしまう。由那へのいじめがエスカレートしているのを見かねた健人は、由那を呼び出す…。

クラスに馴染み始める朝川由那でしたが、マイが噂を流し一気に孤立します。

孤立した由那に近づく健人。

4話では健人が「マイできたよマイ」っていうシーンが怖かったでしたね。

マイとはドライな関係だと思っていましたが、健人もマイに侵食されはじめたか...

健人もマイに壊されてしまうのか?

 

そして終盤、健人は遂に由那をデートに誘うことに成功。ドンドン「朝川由那と付き合わせろ」という命令が実現しそうになっていますね。

 

4話ではビデオガールは再生が止まった時点で記憶がなくなることが判明。田中太郎と名乗るフリーライターを避けているように見えたけど忘れているだけなのか!?

 

第5話感想

「あなたが行けば、きっと喜ぶ」そう言い放ったビデオガール・神尾マイ(山下美月)の狙い通り、朝川由那(武田玲奈)とさらに距離を縮めた叶野健人(萩原利久)。
由那との初デートを控えた健人は、マイとデートのシミュレーションをするが、マイのプランに疑問を抱く。迎えた当日、不安を残したままマイのデートプランを遂行する健人。
果たして由那の反応は…?また、マイへの依存が進行している健人に、ある現象が起こり始める。

遂につき合うことに成功

マイのプラン通りデートする健人。初デートでラーメン屋って...と思いましたが結果、デートは大成功でした。

由那は健人のことを覚えていたのに忘れていたフリをしていたことを告白。ドンドン二人の距離が近くなっていますね。その流れで健人は「好きです」と告白。遂に告白までキターーー

 

次の日デートで撮った写真を渡すとつき合った日記念と写真に書く由那。つき合うことに成功してんじゃん。

 

ラストシーンでマイはマイを探していたフリーライターの頭を殴り流血させていました。

そして「行きたいところ...ないわそんなところ」と言って5話は終了。

 

マイが「記憶は思考や行動を束縛する」と言い聞かせるように言っていたのも気になりました。マイ自身に当てはめた言葉なのかな。

もうすでに健人の朝川由那と付き合うという願いが叶ってしまいました。ここからどうなっていくのか。そして健人はどんどんマイに依存する体質になってきました。大丈夫なのか!?

 

第6話感想

神尾マイ(山下美月)の計画通り、女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)と付き合った叶野健人(萩原利久)。
二人の交際が順調に進むかと思いきや、由那は学校の教師・松井(岡田義徳)から、健人が従姉妹と言っていたマイは、実は“ビデオガール”という危険な存在だと知らされ、不信感が募る。
そんな中、二回目のデートで健人の家を訪れた由那は、マイのビデオテープを発見してしまい…。そして、マイは忽然と姿を消してしまう。

黒幕は教師・松井

由那は教師・松井からビデオガールの話を聞き、健人の家にあったビデオテープを抜きます。

マイは姿を消すことに...

健人のマイ依存が加速し発狂しました。今までのパターンと同じ結果になりましたね。

あんなに好きだった由那にもひどい態度を取り続ける健人。

 

ラストシーンでは教師・松井がマイを再生し「お帰り。マイ」と言います。

お前が全てを仕掛けていた人物だったのか!!

 

第7話感想

健人(萩原利久)の部屋から姿を消したビデオガール・マイ(山下美月)は、学校の教師・松井(岡田義徳)に軟禁されていた。松井は、これまで学校で起きた不可解な事件や、過去に自分の身に起きたある事件をマイに聞かせ、マイが忘れていた記憶を思い出させようとしていた。
そのころ健人は、由那(武田玲奈)が家に来た時から、マイのビデオパッケージが無くなっていることから、マイが姿を消したのは彼女の仕業だと責め立てる…。

教師・松井の目的

なにがしたかったのか全く謎だった教師・松井の目的が分かりました。

教師・松井は再生が止まると全て忘れるマイにすべてを思い出させようとします。

自分がしたことがどれだけ男たちを苦しめることになったのか自覚させることが目的でした。

 

松井はムカつく生徒を狂わせていった黒幕とかではなく、マイの矯正が目的だったのか。あんがい悪い人でもないような...

マイ自身にマイを再生した男が狂った様子をみせると驚いた様子だったのも意外でした。

マイは男を狂わそうとしていたんじゃなくて本気で元気づけようとしていたってことなのか!?

 

第8話感想

松井(岡田義徳)により軟禁されているマイ(山下美月)。松井から自分の存在が人を狂わせていると聞かされ、どんどん自失していく。松井は思い通りにマイをコントロールしていき、最終的に自分の家に連れて帰る。
その頃、由那(武田玲奈)のおかげで、徐々に正気を取り戻していった健人(萩原利久)は、学校に通い始める。そんな時、マイを探している洋太(戸次重幸)と出会った由那は、洋太から衝撃の事実を聞かされる…。

ビデオガールとは

由那めちゃくちゃいい奴すぎて泣いた。

どんなに踏みにじられても健気に健人に尽くす由那。

由那はビデオガールの何がいいの?と健人に聞きます。

健人はビデオガールに出会う前は誰にも認めてもらえてなかったんですが、マイが認めてくれたことに心を囚われていたみたい...

 

フリーライターを名乗る謎の男いわく

「彼女たちはビデオテープを再生すると現実の世界に現れる。人間から愛情を奪い去るために作られた...いわば兵器だ」

とのこと。

マイが兵器...

今回、他の男たちは狂ったままなのに健人は復活しました。

これはマイは知らず知らずのうちに人間から愛情を奪い取っていた。だが今回は由那からの愛情が残っていたから健人は復活することができたってことでしょうね。

なかなか面白くなってきた電影少女。怖いと思っていたマイは故意に男たちを狂わせていたわけじゃなさそうだし。これからどうなっていくのかワクワクしてきました!

 

第9話感想

突如、目の前に現れたマイ(山下美月)の姿に驚愕する由那(武田玲奈)。体調が悪そうなマイを自宅へと連れてきた由那は、処分されたはずのテープを松井(岡田義徳)が再生していることを知り、ショックを受ける。再生されるたびに、全て忘れるようにプログラムされているマイの体に、少しずつ異変が起こりだす…。
そして、川島(黒木ひかり)らにマイを見られた松井は、妹だと嘘をつき、校内で噂になるのを恐れ、ある命令を下す。

二人だけの世界を作ろう

記憶が戻り始めたマイ。健人との記憶を徐々に思い出しましたね。

マイは過去を拒絶している様子。

苦しんでるマイを見て

松井:「消そう。君を苦しめるもの。君を知ってる人間全部」

マイ:「それが直人の望み?」

松井:「そうだ。二人だけの世界を作ろう」

松井先生かなり狂っちゃったなぁ...

 

10話はマイが健人を消そうとする展開になるのか!?

 

第10話

日常を取り戻し、部活動に励む健人(萩原利久)は、家にあったマイ(山下美月)のものを全て処分したと由那(武田玲奈)に伝える。久しぶりに健人と由那は二人の時間を過ごすが、何かに思い悩んでいる由那をみて健人は不安になる。
その頃、校内で妹の存在が噂になり苛立ちを隠せない松井(岡田義徳)は、自宅に洋太(戸次重幸)が訪ねてきたことから、軟禁していたマイを放送室に避難させた。そして、ある人物を消せと指示を出す…

*放送後更新します

ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』全話感想まとめ

今回の電影少女は2018年に放送されたものとは全く異なる作品になるということでワクワクしますね。

ダークファンタジーになるという『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』。

いったいどうなっちゃうんでしょうか?

神尾マイは男を狂わせる悪魔なのか!?それとも...

 Amazonプライムビデオにて配信しています。

他の作品も数多く配信しているのでこの機会にチェックしてみて下さい。

*配信情報は執筆時時点のものです。最新の配信情報は公式ホームページでご確認ください。

スポンサーリンク
Huluならドラマもアニメも全部楽しめる

Huluはとにかく分かりやすい!!

「Amazonプライムビデオ」などのその他サービスは「見放題+レンタル」という場合がほとんど。配信してるじゃんって思っても「追加課金」が必要という場合も...

Huluは全作品見放題なのでわかりやすい。月額以外一切お金がかかりません。

そしてラインナップも映画、ドラマ、アニメのバランスが絶妙。

初めての動画配信サービスに最適ですよ!!

Hulu詳細はこちら>>

Huluおすすめポイント

  • 全作品見放題という分かりやすい料金形態
  • 国内・海外ともに充実のドラマ作品
  • 登録・解約が簡単3分!!

\Huluを14日間無料で楽しむ/

Huluはこんな人におすすめ
初心者(動画配信サービス初めての人)
家族で楽しみたい方

Hulu詳細はこちら>>