洋画を楽しんでますか?

ここにたどり着いてくれた方は映画といえば洋画だぁぁぁ〜!!

って方が多いのでは?

 

そこで今回は歴代洋画のランキングを作成しました。

まだ見たことがないよ〜って映画もいくつかあると思うので参考にして見て見て下さい。

 

スポンサーリンク

面白い歴代洋画ランキング

30位 ハリーポッターシリーズ

人気度  :

楽しめる度:

ワクワク感:

一言でいうと

ウィンガーディアム・レビオーサ

あらすじ
全世界に魔法をかけたファンタジー・アドベンチャーの最高傑作、第1章。 孤独な日々を送る少年、ハリー・ポッターの下に「ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可します」という手紙が届き…。

第1章を映画館で見たときのワクワク感は今でも忘れられません。

それから毎年映画館に行くのが恒例となった作品なのでランクインさせました。

 

魔法学校を舞台に暗躍する悪の組織!?と戦います。

シーズン5からは本格的に名前を言ってはいけないあの人と勝負することになるのですが、そこまでも驚異的に面白いです。

 

そこにはあなたの想像を超えた世界が待っていますよ。

賢者の石のハリーは抜群に可愛いな笑

時を経て観てみると

懐かしいハリーポッター1作目。4歳の娘と観ました。
自分は内容もわかっているので、もうドキドキはなかったです。
公開当時は写真が動いてる~なんて「進んだ技術」として見てたものが、今は普通のことになっている。今観てみると、現実の世の中が高度に発達しているのに対し、古い商店街・階段・本・手動のゲーム得点板など、デジタルなものが全くない昔々の世界って不思議だなぁと思いました。それが味が出てていいのですが、パソコンや大きなモニターはなくても魔法による映像技術が授業などで使われててもいいのでは…なんて考えてしまいました。
4歳の娘には時期尚早だったようで、「こわい。見たくない」と途中で言われてしまいました。確かにトロルが出てきたり、夜や暗い場所のシーンが多いんですよね。魔法のわくわくよりスリルが多い感じですね。これを楽しめたら続編も…と考えていましたが、もっと大きくなってからにします。
内容を知っていても、「ああ、だからここでこの表情なのか、納得」など、知ってるからこそ楽しめる場面もあって、落ち着いた気持ちで楽しんで観ることができました。
初めて観る場合は、いろいろとドキドキを味わえると思います。USJもさらに楽しめると思います。

他のレビューも見る

配信情報

 

29位 コンテイジョン

人気度  :

楽しめる度:

恐怖   :

一言でいうと

まさに今見たい映画

あらすじ

【恐怖】は、ウイルスより早く感染する。 香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは──?

この映画はただの特別枠と言って差し支えありません笑

正体不明のウイルスに晒された世界を表現しており、まさにコロナウイルスに苦しむ現状を暗示するかのような映画となっています。

正直、ゲキ怖なので不安を助長するかもですが、一度見ておいて損はない映画だと思います。

見えない恐怖と防疫の難しさを淡々と描くパンデミックムービー

かの名作アウトブレイクに匹敵する作品だと評価しています。かたや一匹のサルから未知のウィルスがアメリカに入ってひとつの町が壊滅状態になり、ウィルスの原株を探し出し、すんでのところで感染爆発を防いでやれやれというストーリーはもはや王道過ぎるのか。この映画の新しいところは、その後実際に起こったSARSや豚インフルなどにより人類が経験した防疫の難しさや見えない恐怖と戦うもの、怯えるもの、恐怖の伝播に図らずも不正確・誤認によって拍車をかけてしまうものなどを見事に描いているところか。国境を越えものの十数時間で地球の裏側に行けてしまう文明の利器がウィルスを伝播させる道具となってしまう恐怖、ただ映画を楽しむだけじゃなく、感染爆発の予備知識としても見ておいたほうがいいかもしれません。

他のレビューも見る

配信情報

 

28位 ピクセル

人気度  :

楽しめる度:

ジョーク :

一言でいうと

オタクはヒーロー

あらすじ
地球や人類の文化についての情報を電波に乗せて、宇宙人との交流を図ろうとしていたプロジェクト。それを宇宙人が受信したものの、彼らは人類からの宣戦布告だと勘違いしてしまう。「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドンキーコング」「スペースインベーダー」と、送られた情報からテレビゲームについて知った宇宙人たちはそれらに出てくるキャラクターに姿を変えて地球を侵攻し始める。巨大なキャラクターが次々と現れ、都市をブロック化していく事態に世界はパニックに陥り……。

こんな設定の映画ってありなの?笑

宇宙人からの侵略を受ける地球ですが、その攻撃方法はまさかのゲーム対決です。

 

主人公はゲームが上手いことが取り柄の子供で冴えない大人になってしまいましたが、ゲームの王者として地球を救います。

日本でもお馴染みのゲームキャラも多く登場し昔の記憶が蘇ってくる人も多いのでは?

なんか分かんないけど私はワンピースのフォクシー海賊団編を思い出しました笑

 

冴えないオタクが成り上がる映画...嫌いじゃない(ジャンポケ風)

良い意味での馬鹿らしさ

ハリウッド映画らしい、いい意味での馬鹿さB級具合が良かった。肩の力を抜いて、単純に息抜きとして観るべき映画で、「何かアホなもんでも観て気晴らししたいな〜」って時には最適。
キャラ設定やストーリーも分かりやすく、最近の映画にありがちな「無駄なキャラ」や「回収しきれていない伏線」などが無いのも良かった。
ゲームキャラが攻めてくるという荒唐無稽さがストーリーの大前提だし、エンターテイメント性重視のコメディタッチ映画なのだから、多少の御都合主義もストーリー上、明らかな矛盾じゃない限り問題はない。
特筆すべきは使用されている音楽。チープトリックの大ヒット曲「Surrender」で始まり終わる。久々に聴くとやはりノリもグルーヴ感も良い曲だった。その他にも同時代の大ヒット曲がいくつも。きっと創る側も楽しみながら作ったのだろうと思う。

他のレビューも見る

配信情報

 

27位 ジュマンジ

人気度  :

楽しめる度:

ジョーク :

一言でいうと

ジュマンジ...マジ卍

あらすじ
いじめられっ子のアランが、ある日ふとしたことから土の中に埋もれていた木箱を見つける。箱には"JUMANJI"という文字が刻まれ、中にはすごろくのゲームが収められていた。"JUMANJI" - ゲーム盤での出来事が現実にも起きてしまうこの世で最も危険なゲーム。そうとは知らず、帰宅したアランはガールフレンドのサラと早速ゲームを始めてしまう・・・。

呪いの双六ゲームを始めるとクリアするまで抜け出せず、ゲームで起きたことが現実に起きるという内容です。

中二病の私としてはゲームが現実に起きるっていう設定がワクワクして溜まりません。

とにかくピュアな気持ちで見てほしい作品です。(アホ面で見てください笑)

 

1995年の映画ですが2018年、2019年12月と続編が立て続けに公開されています。

私は最新作の「ジュマンジ/ネクストレベル」が好きです。

2005年公開の「ザスーラ」もボードゲームを題材としているのでジュマンジが好きな人はチェックしてみてください。

もっとこんな映画を子供たちに見てほしい

最近では双六をする子供はどれだけの数になっただろう。
子供の頃、双六をして遊んでいた頃は、サイコロで出た目の先の出来事はまるで大冒険だった。
そんな大冒険が実際に起きたら…という世界観で描かれるファンタジーアクションだと思います。興奮と感動が巻き起こりながら
子供から大人まで楽しめるエンターテイメントとして、
そして人と人との絆を描くドラマとして、
時折「笑い」を盛り込んだコメディチックな演出もある映画だと思います。続編や「ザスーラ」もありますが、
何と言ってもやっぱりこの作品がシリーズ通して一番大好き!

他のレビューも見る

配信情報

 

26位 シザーハンズ

人気度  :

楽しめる度:

切なさ  :

一言でいうと

出る杭は打たれる

あらすじ
丘の上の屋敷に住むハサミの両手を持った人造人間エドワードは、ある日化粧品のセールスであるペグの娘キムに恋をする。

「抱きしめたいのに抱きしめられない…」

もうこのキャッチコピーに凝縮されているかも知れない...

 

この映画では二面性が描かれており、手がハサミという主人公エドワードがもてはやされ一面と、無知と外見を理由に偏見を抱かれる一面があります。

不遇なものに同情し、状況の変化とともに断罪していく...

エドワードは心優しい人造人間であるからこそ切ないファンタジーとなっています。

 

なぜこの映画が冬に見たいと言われているのか?それは見てのお楽しみということで笑

予想外に泣いちゃった

観れて良かった。

途中まで、主人公に失礼な視線を投げかける街の人々にイライラ、モヤモヤしながら
ラスト手前まで、ヒロインの元彼の、過剰なまでのエドワードへの執着と攻撃に胸糞な思いをしながら観ていました。

でもラスト数分でなぜか号泣&ほっこり。
もっとやるせない話かと思ったら、意外にヒロインからの愛という救いがあったからだと思います。

極端に不器用ゆえに人を愛せない、人のことが好きなのに、最後は孤独になってしまう。
そんな人には、エドワードの状況が「あるある」って分かると思います。
彼の刃物は意図せずして人を傷つけてしまうという属性全体のメタファです。
なので、何度か「身体傷害がある~」という表現が出てきましたが、身体障害というより、攻撃性が出てくるタイプの障害に近いですね。
人づきあいが不器用な人みんなにあてはまることだから、こんなにぐっと入り込めるのかもしれないです。

ジョニーデップの、感情を持ち始めた機械の演技も最高です。
無表情だけど、たまにニコーって笑う所が可愛い。本当に可愛いし、切ないです。

恋愛で、今までの人生で。
無意識に人を傷つけてしまったり、されたという人に、救いと祈りを込めて、オススメします。

他のレビューも見る

配信情報

 

25位 ロード・オブ・ザ・リング

人気度  :

楽しめる度:

長さ   :

一言でいうと

選べれし者の戦い

あらすじ
『指輪物語』を原作とする実写映画化作品。絶大な力を秘めた「一つの指輪」をめぐり、選ばれし旅の仲間9人と、冥王復活を目論む闇の軍勢との戦いと冒険を描く。

アラゴルンやレゴラスのカッコよさを未だに忘れられない...

オーランドブルームはこの映画とパイレーツオブカリビアンが衝撃的すぎる。

 

内容はというと違った種族の代表が集められ最大の敵に挑むという王道ストーリーです。

それをハリウッドの大迫力演出で再現しています。

アラゴルンが先頭に立って突撃するところはやっぱりカッコいいです。

 

この映画のランキングを大幅に下げた理由はとにかく長い...

これ見て面白くなかったで思った人の疲労感考えたらヤバくておすすめしにくい笑

なんかネットでは賛否両論の評価だったので、私を信じてくれる人は見て見てね笑

素晴らしい映画

指輪物語の映画一作目です
話が始まる感じがとてもワクワクして最高にファンタジーしています。人によって見方は異なるかもしれませんが私は友情の物語だと思っています
大好きな作品ですし言うまでもなく最高に面白いですこれ以上の作品にであったことはありません。原作となった指輪物語は現在のほぼ全てと言ってもいいファンタジー作品の元になっています
日本でもよくあるファンタジーアニメなんかもです、エルフやドワーフやトロルやゴブリンなんか
種族の持つイメージまで
元ネタと原点はここ指輪物語にあります現代のファンタジーアニメやダークファンタジーのゲームが好きな若い子たちに是非見てもらいたいですファンタジー作品の原点、最高傑作がここにあります。

他のレビューも見る

配信情報

 

24位 アバウト・タイム 愛おしい時間について

人気度  :

楽しめる度:

女優   :

一言でいうと

不可能だから素晴らしい

あらすじ
21歳を迎えたティム・レイク(ドーナル・グリーソン)は、自分にタイムトラベル能力があることを知る…。新年のパーティーを満足できないまま終えた夜、ティムは父親(ビル・ナイ)から、レイク家の男たちは代々タイムトラベルの能力があることを告げられる。歴史を変えることはできないが、自分の人生に起きる事や起きてしまった事を変えることができるのだ。ティムは彼女を作り、より良い人生を送ることを心に決める。

主人公のティムは過去に戻る力を有した人間です。

一度は皆さんも過去に戻れる力があったら何に使おうかなと考えたことがあるのではないでしょうか?

 

ティムも過去に戻れるなら最強やないかい!と能力を使いますが...

得ることが出来ないものや、その代償を払うという結果にあってしまいます。

そして訪れる大事なものと大事なものを天秤にかけた選択...

 

どんなことのために過去に戻り最後は何を思ったのか?自分の目で確かめてみてください。

戻ることが出来ない毎日だからこそ真剣に必死に生きないといけないと再確認させられる映画です。

初めて見直したくなった映画

ただのタイムトラベル映画ではありません。ただのイチャコラ映画ではありません。
序盤、中盤、終盤ととても話の流れがよく、家族や友人、恋人や仕事仲間との関係性を色濃く描きながら主人公がもがき、幸せを築き上げていく様子が登場人物に寄り添って繊細に表現されています。
ドーナル・グリーソン演じる主人公とレイチェル・マクアダムス演じるヒロイン役に加え、その他の配役もそれぞれの登場人物の性格を忠実に人間らしく際立たてせいます。
普段映画のレビューは書かないのですが、人生で観た映画の中で最も好きなものなので、本当にもっと多くの人に知ってもらいたい、見てもらいたいと思い書き記しました。
低評価レビューをみたところ、タイムトラベルを使いつつその制約に苦しみつつも物語が進んでいくSFチックな展開を望む人や、そもそもラブストーリーというジャンルがあまり好きでない人の中には苦手な方もいらっしゃるかもしれません。
ですが見るかどうかで迷っているなら是非、鑑賞後のあたたかく幸せな余韻に満たされていただきたく思います。
拙い言葉で伝わりにくいけどとりま見ろってことだ!!!見てくれ!

他のレビューも見る

配信情報

 

23位 幸せのちから

人気度  :

楽しめる度:

感動   :

一言でいうと

大切な人のためなら力が湧いてくる

あらすじ
1980年代。妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され、貯金も底をついてしまう。そんなクリスが最後に選んだ道は自分の才能を信じて、一流証券会社へ入社することだった。しかし6ヶ月の無給のインターンを経て、正式採用されるのはただ一人。愛する息子のため、奇跡を信じてクリスの過酷な戦いの日々が始まった。

ウィル・スミスが息子のために再起を図るストーリーです。

息子役には実の息子が採用されたことや、実話を元にした物語ということで話題先行型の映画でした。

 

しかしその絶望とまで言えるドン底から這い上がる男の姿は胸を打ちます。

そしてそのパワーを与えてくれたのが可愛らしくお父さんを信頼する息子です。

人生大逆転した先にあるものとは?

父親になるよって方には是非見てほしい映画となっています。

大好きです!な作品です

映画も素敵です。
ウィルスミス親子、本当に素晴らしい演技です。ちなみに原作はもっともっと内容が濃いですよ。
自分は映画のエンディングだった証券会社入社から先の話が大好きです。
むしろ話の真価はここからだと思う。努力が実り、ついにホームレスから自分の部屋鍵を持てるようになる場面・・・最高です。

他のレビューも見る

配信情報

 

22位 パシフィック・リム

人気度  :

楽しめる度:

機体   :

一言でいうと

2人乗りがポイント

あらすじ
2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。KAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意。

特撮好きには是非とも見てほしい作品です。

突如現れる”KAIJU”から世界を救うと言うシンプルな設定で、これぞ特撮映画です。

 

一言で言うとカッコいいに尽きるんですが...

子供の頃見たあの感動再びと言う感じです。

さすがハリウッドというべき大迫力のCG技術は必見ですが、最先端の機械と最先端の怪獣を戦わせていないところにこの映画の魅力が詰まっています。

 

バディを組んで戦う不便さが"イェーガー"の魅力を引き出していますよ〜

もはや言葉は不要

今作は言わずと知れたハリウッド産の名作ロボット映画である。バカでかいロボットとバカでかい怪獣が都市を破壊しながらどつき合う、そこにすべてのリソースを注ぎ込んだ作品だ。これほどどこをどう楽しめばいいのか明確な映画があるだろうか。巨大ロボットや派手な破壊シーンが好きであれば今作を観ない理由はない。

他のレビューも見る

配信情報

 

21位 シャッターアイランド

人気度  :

楽しめる度:

難解度  :

一言でいうと

裏の裏は表

あらすじ
精神を病んだ犯罪者だけを収容し、四方八方を海に囲まれた「閉ざされた島(シャッター アイランド)」から一人の女が姿を消した。島全体に漂う不穏な空気、何かを隠した怪し気な職員たち、解けば解くほど深まる謎……。事件の捜査に訪れた連邦保安官テディがたどり着く驚愕の事実とは!?

ハッキリ言って1回目の視聴は駄作になること間違いなしです笑

大どんでん返し過ぎて何が起きているのか収集がつきません。(最後もっとゆっくりバカな私にも分かるように勧めて欲しかった)

 

いやこれマジで流し見できません。序盤退屈だなぁ〜って見てたら後々伏線が回収できなくなります。

この映画の評価を分ける最大の要因は意味分からなければつまらないにも程があるという点です。

地味な展開しかないので考察好きは好きだし、映画は深く考えたくないという人は向かないと思います。

 

消えた女性を追ってたどり着いた真実を知りたい方はチェックしてみてください。

不思議と何度も観てしまう

全体的に暗く重く、後味も寂しく、レオナルドディカプリオさんを特別好きなわけでないですが、不思議と5回観てます。
最後のセリフは絶対に聞き漏らしてはいけません。ある意味、このセリフのための映画です。あと、暗い気持ちの時は観ない方がいいと思います。
当時は精神病の治療薬がなかったため、過去に多くの脳神経切断のロボトミー手術が行われたそうです。発明者はノーベル賞を受賞。やむを得ない状況だったのかもしれませんが、下手なホラー映画より恐ろしい。

他のレビューも見る

配信情報

 

20位 ディパーテッド

人気度  :

楽しめる度:

スリル  :

一言でいうと

どちらが勝つ!?

あらすじ
犯罪者の一族に生まれたビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。しかし、警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられる。一方、マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)にかわいがられて育ったコリン(マット・デイモン)は、内通者となるためコステロの指示で警察官になる。

マフィアに潜入する警察官と警察に潜入するマフィア?の戦いを描いた映画です。

犯罪者一族に生まれたビリーは自分の生い立ちと決別するために警察に入るのですが、任された仕事はなんとマフィアへの潜入捜査です。

なんでやねん...

 

マフィアに潜入するのは並大抵のことでは無く本物のマフィアとして自分を変えていかなければならず苦悩します。

レオナルド・ディカプリオの葛藤は見ていて辛いほどでした。

一方のマット・デイモンは悠々自適にも思える快適生活の中でディカプリオを追い込んでいきます。

最後は果たしてどちらが勝つのか?

ハラハラドキドキの展開と衝撃のラストが待っています!

 

ちなみにオリジナルは「インファナル・アフェア」は三部作あるのでこちらの方が良いと言う声も多いです。

日本版では香川照之さんと西島秀俊さんで「ダブルフェイス」と言うドラマでリメイクしています。

面白い映画に似ている内容なので見たら・・・

オリジナルのインファナル・アフェアという中国の映画は三部作でこれは一作目に当たる気がします。
豪華な俳優がそれぞれ良いのですが、是非オリジナルを見ていない人は見て下さい。
わたしはやはりオリジナルが好きでそちらのほうが感動しました。こちらはコミカルに仕上がっています。
三部作なのも見ごたえありで実際の落ちはこんなものではないです。

他のレビューも見る

配信情報

 

19位 トイストーリー

人気度  :

楽しめる度:

友情   :

一言でいうと

無限の彼方へさぁいくぞ〜

あらすじ
カウボーイ人形のウッディは、アンディの一番のお気に入り。ところが、アンディの誕生日に最新式のスペース・レンジャー、バズ・ライトイヤーが現れて、ウッディの主役の座が奪われそうに。張り合うウッディとバズは、ひょんなことからオモチャいじめが趣味の少年シドに捕まってしまい、大ピンチ!脱出作戦で力を合わせて頑張るうちに、やがて“友情の絆”が芽生えていく、大人から子供まで楽しめる究極のエンターテイメント作品。

俺が付いてるぜ〜

子供と一緒に見たい映画部門NO.1ですよね〜

子供とおもちゃ・おもちゃとおもちゃの友情を描きます。

アンディーが小さい子供から大学生へと成長していくのが悲し過ぎました...

子供時代だけでもおもちゃは大切に扱わないとね。

 

ちなみに私が一番好きなシーンは序盤の序盤で登場する偵察部隊を送るシーンです。

ワクワク感が一気に増します。

子供から大人まで何度も楽しめる、不朽の名作!

人気作品の第一部であり、後のシリーズでもパートナーとなるバズ・ライトイヤーとの出会いを描いた物語です。

物語のテンポの良さや、見ていてワクワクするおもちゃたちの会話や動きはいつ見ても幸せな気分にしてくれます。

個人的には終盤のバズの「飛んでるんじゃない、落ちてるだけだ。カッコつけてな」というセリフは自分がこの映画を子供の時見た時とまた違う意味で印象に残りました。

何度見ても新しい発見がある映画だと思います、繰り返しの視聴をお勧めします!

他のレビューも見る

配信情報

 

18位 5パーセントの奇跡/嘘から始まる素敵な人生

人気度  :

楽しめる度:

ハラハラ感:

一言でいうと

あなたには何が見えている?

あらすじ
先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

私は裸眼では視力検査で一番上が見えないので気になって見て見ました笑

視力が悪いと言うのは本当に生きにくいものですが、そんな逆境にもめげず自分の夢に向かっていく姿は心打たれます。

しかも実話を元にしていると言うから凄い...

 

かなり厳しい現実も待っていて、マックスというイケメンナイスガイの魅力が増しています。

これから困難に立ち向かう人は勇気を貰える映画だと思います。

たかがメインカメラをやられただけだ!

だれでもプールや海で目を開いた事があると思います。その時の視界は0.01の視力の世界で、この物語の主人公であるサリーの場合、それよりもさらに視界がぼやけて見えるため、ほとんど目がみえない状態になっています。これはそんなサリーが夢だったホテルで働くため、目が見えないことを隠して働きだす物語。
視力がほとんど見えないため、トラブル続き。物につまずく、色の判別ができない、ミートスライサーで手を切る。ウェイターとして働けば同僚や客にぶつかり、トレーに乗せた料理を落とす。しかし、彼は努力を重ねてなんとか目が見えないことを隠して働き続けます。それは彼の親友だったり、あるいは気のいい同僚だったりの助けがあってこそ。しかし、そんなハンディを抱えまま働き続けた事で披露は重なり……。
この映画はテンポもよく、そしていつ彼の目が見えないことが周りにバレてしまうのかハラハラしながら観る事ができます。そして彼の明るさとキャラクター性が魅力的であることも指摘しなければなりません。彼のサクセスストーリーとして素直に面白かったです。

他のレビューも見る

配信情報

 

17位 オーシャンズ11

人気度  :

楽しめる度:

仲間   :

一言でいうと

スタイリッシュな泥棒野郎ども

あらすじ
希代の大泥棒率いる犯罪のプロフェッショナル集団たちが、ラスベガスを牛耳る大富豪のカジノの金庫破りに挑みます。

ラスベガスで女と大金を盗むためにスペシャリストが集結するという物語です。

最高に豪華なキャスト×ラスベガスってだけでテンション上がります。

 

計画を立てて挑むのですが、もちろん当日はトラブル祭りで計画通りに進みません。

その解決方法がオシャレでありながら豪快というアメリカンらしさ全開です。

 

3シリーズに合わせてオーシャンズ8も公開されたので好きな人はチェックです。

やっぱブラピってカッケー笑

オーシャンの人ととしての魅力

この映画の肝、オーシャンの人としての魅力、鑑賞後には、そこに思い至ります。
法や善悪、地位や財産、愛を超越した個性的な集団が、互いに信じあえる存在になりえた、その中心となったオーシャンの人としての魅力、それは一体なんだろう。それについては詳しく描かれないものの、ジョージクルーにをはじめ名優の演技がそれを想起させます。作品としてのエンターテイメントを盛り上げるのに、ルパン三世のような大仕掛けなトリックもありますが、これについては、20年前の作品であることを考慮しないと、後発の映画と比べればありきたりなものに見えてしまうかもしれません。20年前に初見でみたときは、緻密なトリックの数々に圧倒されたものです。豪華キャストについて全員言及するわけにもいかないので、一つだけ挙げるなら、「何か食べてるブラピ」は、やっぱり見ててかっこいいですし、つい、ニヤニヤしてしまいます。

他のレビューも見る

配信情報

 

16位 ヒックとドラゴン

人気度  :

楽しめる度:

可愛さ  :

一言でいうと

いちいち愛らしい

あらすじ
『リロ・アンド・スティッチ』のディーン・デュボア、クリス・サンダース監督によるアニメ映画。ドラゴンと戦うバイキング。その族長の息子・ヒックは傷を負ったドラゴンのトゥースの世話をすることで友情を築いていくが……。

なんだこの可愛い生き物は...ドラゴンです。

とにかくトゥースが可愛い!!

こういう系は結局その動物が可愛くて感情移入できるかが勝負だと思っています。

その点でこの映画は抜群に素晴らしいです。

可愛いパートナー&王道系のストーリーということで誰でも楽しめる映画になっています。

 

私は泣きました笑

トゥースは春日さんのギャグじゃなくて歯無しって意味です。

信頼関係ってその一歩が大事だなって

軽い気持ちで観たら物凄く良い作品でビックリしました。
映像もすごく綺麗で、ドラゴンの表情や動きも拘りが垣間見れて丁寧に作られた作品です。
内容としてはベタな筈なのに見せ方が上手いのか凄く感動しました。ドラゴンとの信頼関係も親子の信頼関係も両方とも心に響きます。
声優さんには詳しく無いですが、作品に対して演技が物凄く合ってて、そこも良い味出してました。
最終的に丸っと大団円にしない所も好感持てます。人生ってそんなに上手くはいかないよね、っていう皮肉っぽさが個人的には好きです。

他のレビューも見る

配信情報

 

15位 オブリビオン

人気度  :

楽しめる度:

映像美  :

一言でいうと

ラストはハッピーエンド?

あらすじ
なぜ、彼は人類のいない地球に残されたのか―?2077年、エイリアンの攻撃を受け、地球は全壊。生き残った人類は、他の惑星への移住を果たすが、ジャック(トム・クルーズ)は荒廃した地球に残り、パトロール機バブルシップをかり、高度1000メートルの上空から地球を監視している。ある日、ジャックは墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ・キュレンコ)を発見する。目を覚ました彼女は、なぜか逢ったことのないジャックの名を口にした。彼女に不思議な結びつきを感じながら、次第にあらゆる現実に疑問を抱くようになっていくジャック。

荒廃した地球で宇宙人から地球最後の施設を守っている男の話です。

いつも通り任務についていると女性が降ってきてそこから物語は進行します。

 

この映画の凄いところはよく分からない設定を難しいストーリーで進行するところです(いい意味で笑)

正確に言えば矛盾点は見つからなくもないですが、よく出来ています。

主人公の正体がわかった時には「え〜」って叫びました笑

SF好きは三回は見てほしい映画かなと思います。

上品な作品です、なんども観てしまいます。

全体にシンプルにデザインされた、静かに感動する作品かと。
主要な登場キャラが少なく、登場するメカも少なく、デザインが統一され、映像が美しいです。
侵略後の破壊され砂漠のような地球と無駄のないラインで構成された建造物や乗り物・武器と、
人間性を示唆するような過去の文化遺産のような湖畔の緑に包まれた隠れ家や野球帽・アナログレコードなどとの対比が、
映画のしっとりとした背景となり、役者の演技も無駄がなく力まず、静かにストーリーが進んでいきます。
戦闘シーンなども冗長さはなく、飽きさせません。
自分にとっとて、新鮮な映画です。
とにかく好きな映画です。

他のレビューも見る

配信情報

 

14位 ホワイトハウスダウン

人気度   :

楽しめる度 :

ワードセンス:

一言でいうと

本当の黒幕をあなたは見破れる?

あらすじ
ホワイトハウスが占拠されてしまうアメリカ史上最悪の危機に、たまたま居合わせてしまった議会警察官ジョン・ケイル(チャニング・テイタム)。ジョンは、娘の憧れの第46代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を守るべく、シークレットサービスへの転身を目指していたが不採用となり、娘をがっかりさせたくないためホワイトハウス観光ツアーに参加しているところだった。 出会うはずのなかったこの二人が、テロリストたちからアメリカを、ひいては世界を守るために戦うことになっていくのだが…。

これぞ漢のカッコ良さです。

 

アメリカって大統領を護る話が多いですが、抜群にカッコいいです。

子供と大統領を天秤にかけるシーンがあるのですが、どっちを選ぶか迷ってる時点でアメリカって感じです。

完全に国民性かもしれませんが、選挙も祭りのように盛り上がり大々的に行われる大統領選挙で選ばれた人を本気で尊敬していますよね。

 

日本で内閣総理大臣守る映画って少ないですよね笑

これはつまり...そういうことか...

この映画の大統領はカッコ良くて守りたくなります。

前大統領を回顧

トランプ新大統領のハチャメチャで大統領のあり方にフォーカスがあたっている昨今、久しぶりに本作品を見ようと思いました。
あらすじについては解説に譲るとして、黒幕(とその都度思える人)が二転三転するのは息もつかせぬ展開で、興奮します。
一番最後の黒幕が一人に絞られないのは映画っぽくないですが、現実社会においては偉い悪人は一人ではないわけで、むしろリアリティがあって私は好きです。
また、監督のローランド・エメリッヒ氏はいつも複線が秀逸ですが、今回もそれが炸裂しました。
エミリーがトワリングをしていたこと、あの人が妻に電話すると言っていたこと等々、何回見ても新発見がありとても面白いです。
一押しの作品です!

他のレビューも見る

配信情報

 

13位 アメイジング スパイダーマン

人気度  :

楽しめる度:

戦闘シーン:

一言でいうと

科学に取り憑かれた男VS英雄気取りの坊や!?

あらすじ
ピーター・パーカーは、ちょっとサエナい高校生。正義感は強いが、女子にはモテない。両親は彼が幼いときに謎の失踪をとげ、以来ベンとメイの伯父夫婦に育てられてきた。ある日ピーターは父の消息を探るため、オズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ね、実験中の蜘蛛にかまれてしまう。翌日、ピーターの人生は激変する。蜘蛛のように自由自在に動き回れるパワーとスピード、超感覚で危険を感知する "スパイダーセンス"を身につけたのだ。ピーターはその能力で悪と闘い、"スパイダーマン"と呼ばれるスーパーヒーローとなる。

なんと言っても主人公がダメダメです。

スパイダーマンの主人公は冴えない学生でスパイダーマンになったことで人生逆転します。

車から男の子を救う際にマスクをあげて「被ると強くなれる」と発言しています。

 

もう主人公に魅力がなくて見てられないと思いましたが、見てられます笑

これがスパイダーマンの魅力です。

USJでアトラクションに乗った皆さんは分かると思いますが、あの動きが爽快で戦闘シーンが素晴らしいです。

しかも、よく考えたら得体の知らない力に目覚めた学生なんて調子乗るよね!?

 

秘密とは代償を伴うものなの、いつか報いを受ける

スパイダーマンになると決めた青年の代償はなんなのか見て見て下さい。

前シリーズと比べると薄い

これはこれで面白かったとは思うものの、やはり前シリーズと比べてしまいますね。

前シリーズの1作目とは、ヒロインや相手にするヴィランなど違いがありますが、大きな展開としてはかなり似通っています。

アクションは進化しており、カメラワークやCG技術の進化によって、よりトリッキーなアクションが披露されています。

一方でシナリオは薄っぺらくなりました。
もっと人物を深掘りできたはずだと思います。
雰囲気が暗いわりに、人物描写がさらりさらりと流されてしまい、主人公はもちろん、叔父、ヒロイン、ヴィラン、その他人物、どれもが物語を構成するただのコマになってしまいました。
前シリーズは明るいわりに人物にも焦点がしっかりと当たっていました。

アクションが楽しめるので悪くはないのですが、もうちょっとシナリオを練ってほしかったところです。

他のレビューも見る

配信情報

 

12位 マンインターン

人気度  :

楽しめる度:

紳士度  :

一言でいうと

結局、大事なのは大人の余裕だよね笑

あらすじ
舞台はニューヨーク。華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。そんな彼女の部下に会社の福祉事業として、シニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、やがて彼の心のこもった仕事ぶりと的確な助言を頼りにするようになる。そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られる──。

見ていて心地よい作品だと思いました。

決してアン・ハサウェイが綺麗過ぎて癒されたとか言ってるわけじゃないよ笑

 

重大な何かが起きて...という盛り上がりには欠けるかもですが、ベンから影響を受けるジュールズの心情は凄く分かる。

私が先輩になったら若い人のパワーは素晴らしく技術・技能も向上していることを素直に受け止め尊敬したい。

その上で人生の先輩が出来ることってああいうことなのかな?なんて思える映画です。

この年の差のコンビは安心してストーリーに集中できますね笑

今まで観ていなかった時間を後悔させられる、最高の友情物語!

なんとな~く食指が動かないまま、映画公開時期が終わり、レンタルもはじまり…それでも動かず、最終的にレンタルが100円の時期にようやく、というぐらい、なんでか全然そそられなかったのが今思うととっても不思議。観終わった今では、なんでこれまで観ようとしなかったのが不思議なぐらい最高に素敵なお話です!

とにもかくにもロバート・デ・ニーロが演じるベンが良すぎる。生きる世界の違う二人の構図って『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープとアン・ハサウェイにも似てると思う(というかポスターなんかはそれを狙ったの?というぐらい似たような赤を使ってたり構図も近い)けど、全く印象が違うのが面白い。ミランダは誰も寄せ付けなかったけれど、ベンは誰しもを引き寄せて包み込んでくれる。こんなおじいちゃんが家族や職場、友人にいればいいのに、と思ったひとも多かろう。

何より魅力的だったのは、アン・ハサウェイ扮するジュールズとロバート・デ・ニーロのベンが、時間をかけて心を通わせていくストーリー。ジュールズは最初ベンのことを厄介者だと思っていたけれど、それでも人道に反したことはしないし、ピザだって一緒に食べたりする。こんな人と合うはずないと思っていたのに、気付いたらなんだか居心地のよいことに気付いて、「あら、わたしこの人のこと好きなんだわ?」とジュールズが思う頃には、観ているわたしたちはベンはもちろんジュールズのことも好きになっている。
作中でベンは良い人に描かれているからもちろんではあるけれど、ジュールズのことも好きになれるのは、監督の手腕だとしか言いようがない。だってこの物語自体はベン視点で進んでゆくし、最初はろくに仕事も与えてもらえないままなのに、それでもジュールズのことを愛しいと思えてしまうのだからすごい。それとも、ベン視点だからこそ、こんなに色んなキャラのいいところが目に入るのだろうか?そう思うと、とっても素敵な世界。ついレンタルした分を観終わってすぐに購入してしまうぐらいにね。

個人的には誤爆メール処理班もサイコーでした(笑)。幾つになっても楽しいことをするのに理由なんていらないし、制限なんていらないし、そして何より、友情に年齢差も何も要らないのだなと思わせてくれる良い作品。
ナンシー・マイヤーズはこれからどんどん良い映画を撮ってくれるんだろうなあ…。楽しみ!

他のレビューも見る

配信情報

 

11位 きっと、うまくいく

人気度  :

楽しめる度:

テンポ  :

一言でいうと

モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教えてやる!

あらすじ
日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。エンジニアを目指す天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。 抱腹絶倒の学園コメディに見せつつ、行方不明のランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。根底に流れるのは学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマ。

大学生、高校生には是非とも見て欲しいと言いたかったですが、大人にこそ見て欲しい

詰め込み教育に一石を投じた作品です。(これが本当の一言で言うとです笑)

 

日本はインドよりも貧困ではなく学歴社会、ステータスを死ぬ気で求める人は少し少ないのかなと思っています。

私自身も三流大学を卒業しボーっとしてただけでそれなりの企業に勤めましたが、そんな量産型ザクにならないためには大学生活で何をするのか?本当に重要だと振り返っちゃいました。

終わったから分かるんだろうけどね...

この3人の学生生活は例外かもだけど...映画を通して少しでも感じてくれたらと思います。

 

そしてそんな子供が”堅実!?”に生きる最大の原因は”親の期待”という不条理があります。

幸せな人生を歩ませたいと願えば願うほど干渉してしまい"自分らしさ"を失っていってしまう。

子供の幸せとはなんなのか?永遠の課題ですよね...

私が見た限りこの映画に答えはないと思います。が、ヒントはあるんじゃないかな?と思わせてくれた映画です。

これはもう人生で見るべき映画に殿堂入り

印度映画と言えばボリウッドと思っていた自分は少し観念的でした。たまに挟まるミュージカル仕立ての歌と踊りの演出が入ることで、あ、印度の映画だったんだっけと思い出すほど、人の人生の普遍的なテーマを描いた青春映画。
一瞬たりとも飽きさせずおよそ3時間。長いですよ3時間は。ヘイトフル8でも途中寝たのに。泣いたり笑ったりしながらご学友たちと輝くような青春を駆け抜けました。繊細に編まれた伏線が綺麗につながる清々しい大団円。ジャケットのどうしようもないダサさに対して、それでは他にどんなデザインがいいのか、、と考えてみましたが、他に案が思いつかない。この映画の素晴らしさをジャケットひとつで表現するのは至難の技。下手にこねくりまわして構成するよりも、キャンパスにあったあのお尻の形の変なベンチに座ってポリポリとおケツを掻きながら『うーまくいくー』と楽しげに歌う3人の並び。この無駄な力を無駄に使わない、軽やかなヌケ感。ジャケットはこれで丁度いいのだ。
※ただし力を入れるべき所では、曇りの無い最高のパフォーマンスを発揮するのがこの映画の見所。泣き所はいくつもあったが、私の泣き場ナンバーワンは分娩成功の後、学長がランチョーの鉛筆の間違いを正して優等生のボールペンをプレゼントしたところかなあ。好きな人ともう一回見たい。他の好きな人ともまた見たい。何回でも見たい。おすすめしたい。『きっと、うまくいく』は、どんなにキツいシチュエーションでも泣き寝入りせず絶対に諦めない、しなやかな強さを表した言葉で、この邦題すら最高かよと思う。なんだか自分もうまく行くような気がして来ました。5個でも星が足りないくらいです。

他のレビューも見る

配信情報

 

10位 オール・ユー・ニード・イズ・キル

人気度  :

楽しめる度:

死ぬ回数 :

一言でいうと

戦う、死ぬ、目覚める

あらすじ
謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。ケイジのループ能力が敵を倒す鍵になると確信したリタは、彼を強靭な“兵器”に変えるべく、徹底的に鍛え上げる。“戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか──? 

予告編が面白すぎて見た作品でしたが...

期待通りの良作です。

 

皆さん大好きであり、矛盾点を探してしまうタイムトラベルものです。

主人公はあることから相手の能力である"時間を巻き戻す能力"を手に入れ死んでしまうとセーブポイントからやり直すというチート能力を保有しています

このことで文字通り何百回も戦場を潜り抜けることになるのですが...

 

元々、この能力は本来は相手の能力なのです。

そんな相手をどうやって倒すのか?

衝撃のラストをあなたは理解出来るでしょうか?試して見て下さい。

私もちゃんと理解できているか心配すぎますが、面白いです。

結構面白かった

タイムループやタイムトラベルなど時間物がテーマの作品は結構見てま
すが、多くはどこか矛盾してるというか見終わってなんか不満が残るん
ですが、この作品はそこはうまくまとまっていると思います。ただ作品の性格上、同じ場面や似たような場面を何回も見せられるので
2時間前後の映画であまり同じシーンは見たくないと思うのが一般的な
意見ではないかと思いますし、製作側もそこは努力して内容を理解して
もらえるギリギリの編集でまとめていると思います。見終わって結構面白かった作品なので、時間物に違和感のない人には
おすすめの作品です。あとオブリビオンでもそうですが、ラストで主人公がアップで決まる
のは、さすがトム・クルーズですね。

他のレビューも見る

配信情報

 

9位 ホーム・アローン

人気度  :

楽しめる度:

爆笑度  :

一言でいうと

このクソガキがぁぁぁ〜

あらすじ
驚異の世界的大ヒットを放った、スーパー・コメディ第1弾!パリでクリスマスを過ごそうと飛行機に乗り込んだ15人の大家族。だが、飛行機の中で思い出した大事な忘れ物は……8歳のケビンだった!家に取り残されたケビンは、一人の自由を思う存分楽しんでいたが、そこに2人組の泥棒が現れて……?

ク〜リスマスは今年もやぁってくる〜笑

クソガキ最高です!

 

ちょっと頭の弱い泥棒VSヤンチャすぎるイカした子供の戦いです。

もはやダチョウ倶楽部さんのような団体芸と言っていいトラップの応酬は必見です。

展開が分かっていてこれだけ笑えるって一番凄いことよね...

 

自宅警察の皆さんは必ず繰り返し見て勉強すべし!

子供はケビンと同じようなことしたら必ず怒られるから気をつけてね笑

クリスマスに家族で見たい映画

ジョン・ウイリアムスの音楽がいいです。最後のエンドロールまで音楽を聞き入ってしまいました。
前半はちょっと話が進まず退屈しますが、後半のたたみかけは凄い。一気呵成にぐいぐいきます。
いかにも「アメリカの理想」を絵に描いたような話なので、日本人には文化的に少々理解しづらいところもありますが、ハートウォーミングなコメディの王道と言っていいでしょう。
こういう作品は吹き替えがいいですね。豪華な声優陣に安心して見ていられます。ただお母さんの武藤礼子さんの声があまりにもきれいすぎて逆に違和感がありました。

他のレビューも見る

配信情報

 

8位 ラ・ラ・ランド

人気度  :

楽しめる度:

切なさ  :

一言でいうと

ラストでもってかれまっせ

あらすじ
夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる・・・。

M-1でラランドが有名になったので見たというレベルの私的には苦手なタイプの映画だと思っていました。

いやいやホントに食わず嫌いはよくないですね笑

 

夢に向かって本気で生きる若者の生きずらさや切なさが垣間見えます。

諦めたくないけど諦めてきた、本気でぶつかって清々しいほどダメだった人には心底刺さると思います。

 

ミュージカル好きの人から批評が多いみたいだけど、一般庶民の私はついつい体が動き出しそうになってしまいました。

ララランドの意味

この映画は賛否両論あるが、つまるところ理解できるかどうかなのだと思う。
単純に楽しめるなら問題ないが、これを面白くない映画と見るならば理解が足りないのかも。
日本人にはとくに、馴染みのない『ララランド』という言葉。これはアメリカだと馴染みある言葉らしく、誰かと話しているときに話しはしているがふとしたときに頭に何かよぎったり考え事したりしてどこか自分の世界に入って空想していたりするようなときの状態を『ララランドに行っている』という表現をするそうです。日本でもそんな状況のとき、ちゃんと話聞いてる?どこか遠くに行ってる?みたいな感じになることありますよねw
そんなときララランドに行ってる?みたいなことをアメリカの友達は言うんです。これは日常的に昔から誰もが使う表現らしいです。
これを知ってるかどうかでだいぶこの映画の見方も変わると思うんです。
それが全てではないですが、これがこの映画の魅力でもあるんじゃないかと。
ミュージカル映画とは言うが、本気のミュージカルであり本気でもなく、映画の中での役を演じるにあたりあくまで日常の中で踊っているという感覚なので、『役の上での一般人が歌って踊るミュージカル』という解釈。
これもララランドの世界観だからこそかと。ララランドの意味とミュージカルの解釈を踏まえた上で是非見てほしい。
なぜ『ララランド』なのか、それがエンディングまでにきっとわかる映画です。
素晴らしい構成で描かれたこの映画に感動するはず。オーバーに書きましたが本当に良い映画です。

他のレビューも見る

配信情報

 

7位 トランスフォーマー

人気度  :

楽しめる度:

迫力   :

一言でいうと

どちらかは生き残り、どちらかは死ぬ

あらすじ
中東のカタール米軍基地を謎の巨大ロボットが襲撃。冴えない高校生サムは中古のカマロを手に入れる。しかし、そのカマロは宇宙の彼方からやって来た“トランスフォーマー”の一員で、メガトロンを追って地球を訪れたことを知り…。

"オートボット"と反乱軍"ディセプティコン"の戦いを描いた作品です。

なぜ戦っているかというと機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」を欲していたからです。

 

そのオールスパーク...地球にあります笑

ということで"彼らの戦争― 選ばれたのは、地球。"

そこに人間側のサムやレノックスの奮闘がしっかりと描かれており、地球で戦うことの意味を表現しています。

 

もちろんロボット同士の戦いは迫力満点!

シリーズとしては段々戦闘シーンが凄みを増しましたが、私は結局1が一番好きでした。

これはヒロイン効果かな?

ハリウッド版トランスフォーマーとしてはこれが一番かな

ハリウッド版は1から5まで何回もみてるけど、やっぱりこれが一番いい。
サムとビーとの出会いや、サムの家の周りでオートボットがやらかす騒ぎとか、
「おまえらちょっと空気嫁」的な憎めなさが演出されててユーモアがある。
2以降はもうディセプティコンとのバトルばっかしだし、ストーリー的にもアトヅケ感がスゴイし、
CGぐるぐるに特化しちゃってるからちょっと食傷気味になる。
毎度のことのように敵がインフレしていくし、初期設定踏み倒しまくってるし、
特にメガトロン、お前何回復活すんねん! ってツッコみたいくらい。オリジナルの日本版トランスフォーマーを見てた世代としては、
オプティマス・プライムの「私にいい考えがある」→大コケ→「どこがいい考えだよ!」ってゆー、
水戸黄門の印籠シーンみたいなアレがないと寂しい。
マイケル・ベイ版のオプティマス・プライムは一度も「私にいい考えがある」っていわないんだよね。

他のレビューも見る

配信情報

 

6位 96時間

人気度  :

楽しめる度:

過激度  :

一言でいうと

凄腕溺愛パパは止まらない

あらすじ
17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む。

この映画マジで過激です。

ですから万人にはおすすめできませんが...それでもランクインさせる価値があるほど面白いです。

 

娘をさらわれた元CIA工作員の主人公が一人で娘の救出をするというストーリーです。

タイトルの96時間は娘が捕まったのは人身売買組織構成員であり96時間以内に助け出さなければ手遅れになるという意味です。

出てくる奴ほぼ悪党で、父親が情け無用に全員なぎはらいます!

 

24のジャックを超える!?ほどの無双ぶりをどこか悲しく無情に演出しています。

3部作あるのでまだ見たことがない人はチェックしてみてください。

痛快で完璧な無駄のなさ!

脚本、役者、監督が良いとアクション映画はこうも素晴らしくなるのかと驚きました。
セガール映画のような無双っぷりを発揮するのですが安っぽくない。腕っ節の強さだけでなく知性ある行動が元工作員という設定に深みを与えていると思いました。24から助長なカットを極限まで省いたらこんな感じでしょうか。極序盤こそまったりですが、ここは物静かな主人公、その背景を語るのに必要なシーン。その後のスピーディーな展開で最後まで釘付けにさせられました。娘、元妻、その金持ち義父、悪役それぞれにありがちな個性を誇張しすぎない程よさ、悪役に変に情けをかけて反撃されたからやっぱり殺しました。みたいな展開がなくあっさり次へ次へと進んでいくテンポの良さが心地よかったです。よくよく考えれば悪役とは言え、バッサババッサと人を殺して暴力シーンの連続ですが、PG指定を受けず、かといって緊張感がないわけでもない。この無駄のなさ見事なまとめ方に拍手。是非ご覧ください!

他のレビューも見る

配信情報

 

5位 インセプション

人気度  :

楽しめる度:

伏線   :

一言でいうと

理解力追いつく!?

あらすじ

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人の心が無防備な状態、つまり夢を見ている間に潜在意識から貴重な秘密を盗み出すスペシャリスト。その特異な才能は産業スパイが暗躍する世界で重宝される一方、そのために彼は最愛のものを奪われ、国際指名手配されてしまう。そんな彼に失った人生を取り戻すチャンスが。そのためには「インセプション」と呼ばれる、アイデアを盗むのとは逆に相手の心に“植え付ける”、およそ不可能とされる任務を成功させる必要があった。もしコブと仲間たちが成し遂げたなら、それは完全犯罪を意味する。だがいかに綿密に計画し、様々な特殊能力があったとしても、行動がすべて相手に読まれていては太刀打ちできない。そんな強敵が現れる予感を、コブだけが感じ取っていた。

夢の中に入り情報を盗み取ることが仕事である主人公たちが依頼されたのは、相手の潜在意識にアイデアを植え付ける...

その名も"インセプション"

 

慣れない職業!?であるため想像することが難しい中で淡々と進んでいくルール説明に離脱した人も少なくないでしょう。

ここでさらにややこしいのが第一層・第二層・第三層と夢の中の夢に入っていくことです。

ちなみに私がこの映画を面白いと思ったのは2回目です笑

 

そしてラストに仕掛けられたトーテムの謎がこの映画を最高の映画たらしめています。

考察好きは絶対に見るべき史上最高の映画です。

どうせ夢なんだからデカくいこうぜ

テンポよし、シナリオよし、オチは人それぞれ

映画館で観て衝撃を受けた作品。数年経ってどう見えるかと思ったがネタバレしててもハラハラして引き込まれました。
着想はとてもいいと思いますし多段構造の夢といった構成も面白かったです。ドンパチ多めかもしれませんが私はさほど気になりませんでした。
オチに関しては賛否両論あると思いますが、個人的にはアリです。テーマがテーマだけにあそこはハッキリしないほうがいいと思います。
初めて観る人はすんなり受け入れられる人とそうでない人がいるかもしれません。一旦訳が分からなくなると虚無に落ちますよw

他のレビューも見る

配信情報

 

4位 アラジン

人気度  :

楽しめる度:

美しさ  :

一言でいうと

とにかく見てほしい

あらすじ
世代を超えて愛され続ける『アラジン』をディズニーが空前のスケールで実写映画化! 貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、3つの願いを叶えることができるランプの魔人ジーニー。果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの本当の願いに気づき、それを叶えることはできるのか?胸躍る冒険アクションと、身分を超えた真実の愛を描いた、すべての人に贈る究極のエンターテイメント。

子供の頃アニメを見て育った口で懐かしく見て見ました...

あっさり期待を超えてくれましたね。

 

ミュージカル部分はやはりアニメの方が豪華だと思いましたが、楽しそうな空気感は相変わらず同じで最高です。

 

ジーニーのように調子の良い男は日本人が演じても嫌なやつになると思います。

ウィルスミスさすがだ...thank youWill

予想外!アニメ版とはまた違った感動があった

実はアニメ版を超えるとは期待もしていなかったし、正直ウィル・スミスも年を食ってきて、それほど魅力を感じていない中、それでも話題作的に見に行った。 しかし、いい意味で彼のジーニーとしてのパーソナリティの出し方が、彼自身のユーモラスな表現でありながら、アニメにないより現実的、皮肉が混じった感情表現なセリフの中に、大人が見ても十分ストーリーを楽しませ、アニメ版よりも私にとっては記憶に残る作品になったと思う。

実際アニメ版を見直しているわけではないが、もしかしたら、若いときに聞き逃した内容が、本筋の中にも含まれていたのかもしれないが、おそらく自分で飲み込めなく、ストーリーと映像に惹かれただけだったのかもしれない。 その点では、映像表現も当然!派手さはあるが、やはりアニメで表現できるものとは別な美しさがあった。

他のレビューも見る

配信情報

 

3位 I am Sam アイ・アム・サム

人気度  :

楽しめる度:

号泣度  :

一言でいうと

親とは一体なんなのか?

あらすじ

ショーン・ペンとミシェル・ファイファーによる役者として脂の乗った演技が見ものの、ユーモラスで心温まるストーリー。知的障害のある父親がやり手女弁護士の力を借りて、娘の養育権を自分の手に取り戻そうと奮闘する。オールスター級の共演陣と豪華なサントラが盛り立てる、人生と愛、そして笑いに溢れた、心にしみる感動の物語!

この感動が全ての人に伝わってほしいと素直に思いました。

私は奇跡的なことに障害をもっていないので障害者の方の苦労や苦悩を100%感じ取ることはできません。

しかし主人公のサムの苦悩は十二分に伝わってきたし、報われてほしいと心から思いました。

 

なぜならサムがルーシーを想い父親を勤め上げていたからです。

健常者の中にも子供を虐待する親もいれば、子供を本当に愛していない親もいると思います。

そんな親とサムどちらが子供にとって幸せでしょうか?

 

例えば高校生時代に想像していた10年後の大人、20年後の大人にあなたはなれましたか?

私は子供だなと思うことが何度もあります(私だけかもですが...)

どれだけの知識や経済力があれば親として合格点を与えられるのでしょうか?

この映画を通してあなたが思う親としての責任について考えてみてはいかがでしょうか?

 

結局はファンタジーやんけって声もありますが、そんな人にも言いたい...

このファンタジーは面白いです感動します。是非みてください。

子供が出来てからまた見たら。

母親として、父親として、親としてどれほどの知識があれば満足に子育てが出来るのか?
法廷での検事の問いかけの1つにありましたが、ほんと、答えが分かりません。
ただ、7歳児並の知能といわれるSamの愛情は、取り巻く皆誰しもをやさしく包んでいるように思えました。
さらにそのSamをLucyがとっても素直な愛で直視していることにも身悶えします。
本当に見て良かったと心から思える作品です。

他のレビューも見る

配信情報

 

2位 バック・トゥ・ザ・フューチャー

人気度  :

楽しめる度:

満足度  :

一言でいうと

最高のエンターテイメント

あらすじ
変わり者のドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)が造り上げたデロリアンのタイムマシンで1955年にタイムトラベルしてしまったティーンエイジャーのマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)。そこでマーティが直面するハプニングにより彼自身の未来が消えてしまう危険にさらされる。

もしもし?誰かいますかぁ?で有名な作品と紹介していいですかね?笑

 

この映画の凄いところは無駄なシーンが少ないというところです。

全てが意味を持っており、意味のないシーンは笑える要素満点です。

キャラの個性も最高で2時間待った無しの展開が用意されています。

 

小ネタももちろんですが、ストーリーそのものもぶっ飛んでおり、シーズン1では過去に戻ったら母親に惚れられるという展開もなんだか笑えます。

なんか分かんないけど映画を見る人を楽しませるためだけに作られた映画だとすぐ分かると思います。

最高!映画の面白さ全部入り!

1985年の発表作なので今から34年前。
小さな子どもだった当時のドキドキ、ワクワクが真空パックに入っていたかのような鮮度で甦る。
それだけこの映画が洗練されていて完成されているということだと思う。
子供の頃に夢中になって、大人になって改めて感動できる。
理屈抜きで面白い!これが映画だ!って具合に次の世代に残るのかと思うと自分のことのように嬉しい。

他のレビューも見る

配信情報

 

1位 スター・ウォーズ

人気度  :

楽しめる度:

名言   :

一言でいうと

フォースと共にあれ

あらすじ
遠い昔、はるかかなたの銀河系で繰り広げられる壮大な物語<サーガ>の第1章「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」デジタルで登場。ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービの二人は、平和な惑星ナブーの危機から女王パドメ・アミダラを救出する。その後惑星タトゥイーンへ立ち寄った二人は、9歳の少年アナキン・スカイウォーカーと出会い、その少年に特別な力<フォース>を感じとるのだが、その頃、謎の敵ダース・モールがジェダイ抹殺の為に動いていた…。

説明不要の名作ですよね。

 

師匠と弟子父と子の関係性を描いた作品です。

ダークサイドと呼ばれるフォースの暗黒面に取り憑かれる男ダースベイダーを中心に物語が進行していきます。

 

公開順はエピソード4~6→エピソード1~3→エピソード7~9ですが、個人的には1から見た方がスムーズに楽しめると思います。

マスタークワイ=ガンとダース・モールの戦いが好きなので1から見てほしいです。

クワイ=ガンのよく分からない精神統一の時間もかっこいいですが、なんと言ってもダース・モールのダブル=ブレード・ライトセーバーがカッチョ良すぎ!!

 

スターウォーズ1位で異論はないでしょう。(あっても心の中で言って下さい。)

ファントムメナス

ベイダーの幼少期を描いた作品になります。
賛否両論ある作品ですが私は好きです。
ポッドレースでの疾走感や、ナブーでの戦いなど見どころ満載です。
特にダースモールとの戦闘は必見です!
ダースモール役はスタントマンとして活動されている方がそのままやられているとのことで
そのスピード感、ダイナミックさ、また音楽も最高です。
STAR WARSを見たことがない方にもぜひ見ていただきたいです。

他のレビューも見る

配信情報

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

やっぱり洋画は面白すぎますよね〜

ハリウッドは本当に凄すぎる...

 

是非気になった映画を見て下さい。

フォースと共にあれ...

スポンサーリンク
EA SPORTS FIFA MOBILEが熱い



特徴

  • 最近おすすめの面白いアプリがこちら
  • 無料で最高レベルのサッカーゲームを楽しめます。
  • 圧倒的なライセンスを取得しており実名選手で収録されています。
  • 好きな選手を集めて夢のチームが作れます。
  • 通学・通勤時にサッカーゲームを楽しもう。
  • 10月14日までなら事前登録特典あり

 

FIFA MOBILE

FIFA MOBILE

NEXON Co., Ltd.posted withアプリーチ