毎年恒例の年末最後のアメトーーク5時間スペシャルでアメトーーク大賞が発表されました。

毎年楽しみにしているこの企画。

毎回誰が受賞したのか忘れちゃうので備忘録もかねてまとめました。

流行語大賞、最優秀新人賞、ビジュアル映像大賞、反省大賞...

2019年は色々ありました!

 

さっそくいってみよーーーーーう

 

【2019】アメトーク流行語大賞

毎年「あーこんなのあったな」と懐かしい気持ちにしてくれるアメトーク流行語大賞。

2017、2018年は「カロリーゼロ」...今年はこれを超える名言が生まれたのか?

 

2019流行語部門ノミネート作品

11ノブ(千鳥)

海老名でタコ殴り

ぐるぐるバット相撲でぼろ負けした大吾が腹いせにバットでノブをしばいた時飛び出した名言

芸人体当たりマンより

10ノブ(千鳥)

「すな」は「せぇ」じゃ

競馬芸人で内側から差す実演の時に生まれた名言。

最初は芸人さんにブロックされ再現できなかったので、再チャレンジするのですが2度目はすんなり前に出れてしまい困惑したノブさんが言い放ちました。

9後藤(フットボールアワー)

達者気取んのも大変やぞ

立ちトークの時、達者にトークに入ることをザキヤマさんにいじられた後藤さん。達者感を無理に出そうとして変な感じになった時生まれた名言。

 

8草薙(宮下草薙)

一生懸命、全部ちゃんとやってるよ

中川家の礼二さんに責められて草薙さんが思わず口にしちゃった名言。

 

7せいや(霜降り明星)

今度行ってみてくださいよ

後輩の亜生さん(ミキ)にラブホの話を暴露され慌てふためいた結果苦し紛れに言った名言。

この時、話していた「おとぼけビーバー」というラブホは潰れていて「なんでやねん」という新しいラブホが建ったそうです。

 

6出川

OLさんなんてめちゃめちゃ休むよ

イチロー大好き芸人でイチローの凄さをケガしなかったことだと伝えたかった出川さん。

O・N(大貞治と長嶋茂雄)を引き合いにだして語りたかったようですがOLと言い間違えました。

言い間違えを訂正するために生まれた名言です。

 

5伊達(サンドウィッチマン)

アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました

安倍首相のモノマネを披露した伊達さん。

毎回トランプ大統領と会談し意見が一致するというループに入るのはおもしろいの一言。

 

4尾形(パンサー)

技術はないんだから若手じゃん

スポーツ推薦芸人が仮押さえであるとマネージャーから伝えられた尾形さん。

「若手に抜かれたらどうします?」と言われてブちぎれた尾形さんは自分がまだまだ若手だと自信満々に主張しました。

 

3岡野陽一

家族会議で次男になりました

パチンコで使ってはいけないお金を使ってしまった岡野さん。

家族会議の末、次男に降格させられました(笑)。長男とか次男が入れ替わるとかあるんだなぁ

 

2大悟(千鳥)

(佐々木希)笑いの感覚はズレとる

渡部さんが奥さんの佐々木希さんと2人で何をしているかの話題になりました。

普通に一緒にテレビをみたりすると言う渡部さんに大悟さんが核心をついた一言。

大悟さんの渡部さんイジリに出川さんは大爆笑でした。

 

1蛍原(雨上がり決死隊)

アメトーーク、行くと...ひとり

見取り図がお題をもらえばあるあるを瞬時に考えリズムネタにするという技を披露。

ちなみにテレ朝というお題は「行くと」「テレビ出れる」でした。

このリズムあるあるに大悟さんと蛍原さんがチャレンジ!

お題:「アメトーク」

大悟:「行くと」

蛍原:「ひとり」

 

2019年を象徴するような名言がアメトーーク流行語大賞を受賞しました。来年もひとりぼっちなのか...それとも...

この収録がちょうど1人になった時の最初の収録だったそうです。納得の受賞ですね。

 

2018新人部門ノミネート

  • 薄幸(納言)
  • 高岸(ティモンディ)
  • 稲田(アインシュタイン)

この三名が選出されました。去年の最優秀新人賞は草薙さん(宮下草薙)でした。

ブレイクがほぼ約束される新人賞ですが...

今年の最優秀新人賞は稲田さん(アインシュタイン)に決定。

個人回が放送され、圧勝でしたね。吉本不細工ランキングでもぶっちぎりの一位で来年はアメトーク以外でも見れそうですね。

 

2019年ビジュアル映像部門ノミネート

2019年アメトーークでの衝撃映像を振り返る賞です。今年もとんでもない映像の数々が...

 

  • 9位:せいやがビビりワングランプリで驚きすぎて「ダン、クス、カー」という謎の言葉を発したシーン(ビビりワングランプリ)
  • 8位:大悟が踊りたくない芸人で披露したダンスがダイアン津田のゴイゴイスーになっていた(踊りたくない芸人)
  • 7位:理想の童貞卒業をよし子で再現するも「違いました」という草薙(夢見るチェリー芸人)
  • 6位:おなじみの礼二のラグビーの審判芸(立ちトーク)
  • 5位:いろんな新沼謙治のバリエーションをやり切ったフジモン(パクリたいワングランプリ)
  • 4位:洗濯ばさみを顔に挟まれるも痛くないやり方でキャンドルジュンみたいになってしまったノブ(弱小部活芸人)
  • 3位:おなじみの後藤のギター漫談(立ちトーク)
  • 2位:クールなイメージの粗品がビビりまくった瞬間(ビビりワングランプリ)
  • 1位:田中のジェットコースターの顔(イマイチ印象に残らない芸人)

1位の田中さんの顔は衝撃でした。

出川さんが髪の毛のハゲ方にジェラシーを感じるって言ってましたね。

ビジュアルだけであそこまで笑えるってすごい!

 

反省部門ノミネート作品

今年も反省すべき芸人さん達がノミネートされました。

3ケンドーコバヤシ

安田美沙子にきわどい下ネタを言わせようとする

ケンドーコバヤシさんが毎回下ネタをぶち込む安田美沙子さんの再現VTR。

女性がリードするカップルというシチュエーションでしたが...

美沙子:「はい。冷奴」

ケンドーコバヤシ:「おー美味しそうだねぇ」

美沙子:「わたしのにもぶっかけて」

美沙子:「もーコバちゃんあかんて。びしゃびしゃになってしもたやんかー」

美沙子:「お豆腐ってデリケートやからお箸で優しくつままなあかんよ」

ケンドーコバヤシ:「こうかな」

美沙子:「ほんでワイルドに吸い上げて」

美沙子:「お豆腐ってなにからできてるか知ってる?」

ケンドーコバヤシ:「大豆で...」

美沙子:「お豆のお乳。体にええよ」

美沙子:「もぉーコバちゃん。一口吸い上げただけやのにめちゃくちゃ元気になってるやーん」

ケンドーコバヤシ:「ティ...ティッシュ!」

反省してください!

 

2ザキヤマ(アンタッチャブル)

粗品に悪ガラみ

立ちトークでウザがらみし、粗品さんもたじたじでした。

最終的にはオチを言ってしまい全てをぶち壊しに(笑)

「せめてコメディマンシップにのっとって」とツッコミを入れられていました。

1蛍原(雨上がり決死隊)

名前が強すぎる

飯塚さんのキレのある叩きツッコミを実践することに!

蛍原さんが名前でボケる流れになりますが...

「お名前教えてもらっていいですか?」

「ムニエル・徹です」「津軽海峡・徹です」「蛍原・軍手いぼいぼです」

ボケが強烈すぎてブレる(笑)

アメトーク流行語大賞と反省大賞同時受賞となりました!快挙です。

スポンサーリンク

アメトーーク大賞2019 グランプリ

アメトーーク大賞では2015年より番組内に限らずお笑い界全体の活躍で選出するグランプリを決めています。

  • 2015年 アンジャッシュ 渡部建
  • 2016年 出川哲朗
  • 2017年 千鳥
  • 2018年 サンドウィッチマン

さあ2019年は誰になったかというと

アメトークに出ていただいた全芸人の皆さんが選ばれました!!

色んなハプニングがありながらアメトークが存続できたのはアメトークに出てくれた芸人の皆さんのおかげ。

スタッフからの感謝を感じるいい展開でした。

 

振り返ってみるとアメトーークは2019年もサイコーにおもしろかったです。

もしかしたら終わっちゃうかも...なんて噂が出た時はどうなることかと思いましたが無事2019年も放送終了。

2020年は更なる飛躍を期待したいです。

宮迫さんの復活まで帰ってくる場所を守れるのか!?

蛍原さんの生き様にも注目です。

スポンサーリンク
FOD(フジテレビオンデマンド)は映画、ドラマが見れるだけじゃない

FODプレミアムおすすめポイント

  • フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメが圧倒的ラインナップ
  • 雑誌読み放題が熱すぎる
  • 月額888円で毎月1300円分のポイントがもらえる(マンガの購入に利用可能)

 

FODプレミアムは映画ドラマが見れるだけではありません!!

最新の雑誌も読み放題です。ラインナップは100冊以上。

ジャンル 雑誌名
週刊誌 FRIDAY、FLASH、SPA!、週プレ、週刊現代、女性自身、女性セブン etc.
女性ファッション誌 MORE、CanCam、BAILA、non‐no、Oggi、Ray、VOGUE JAPAN etc.
男性ファッション誌 MEN’S NON-NO、MEN’S EX、メンズクラブ、UOMO、GQ JAPAN etc.
ビジネス・経済 週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、ダイヤモンドZAi etc.
ライフスタイル Pen、Tarzan(ターザン)、Begin、WIRED、週刊プロレス、サッカーダイジェスト、家電批評、Hanako (ハナコ) etc.

*ほんの一例です

FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。

>>他の配信作品を公式ホームページで確認する

\FOD2週間無料で楽しむ