Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【合法】映画、ドラマ、アニメを8カ月+α無料で楽しむ方法。隠れてみんなやってます!!

【2期】モブサイコ100Ⅱ見逃し配信情報と全話感想。あらすじネタバレもあり!!【アニメ】

視点が違えば世界は別物だ

アニメ『モブサイコ 100』の2期が2019年1月から放送開始されました!!

1期は2016年夏アニメだったので2年以上待ちました。いよいよ2期。

 

原作は『ワンパンマン』を描いたONE氏でかなり笑えるアニメなんですが…

『ワンパンマン』と違うのはちょっと感動できたり共感できたりするところ。

『ワンパンマン』はギャグに全振りしているのに対し『モブサイコ 100』は主人公モブや師匠・霊幻などの登場人物の内なる葛藤にスポットを当てています。

 

えぇぇぇぇい!!言葉で説明するのも野暮なんで動画を見てくれ。

モブの思春期の葛藤(彼女できないという悩み)がありありと伝わってくるぜ

第二弾も公開されました

 

『モブサイコ100』1期をザっとおさらい

モブサイコ100ってどんな話?
自己表現がヘタな超能力少年・影山茂夫、通称・モブ。普通の生き方にこだわり、超能力を封印しているモブだが、感情が昂り、その数値が100になったとき、彼の身に何かが起こる!インチキ霊能力者、悪霊、謎の組織……モブを取り巻く様々な人に囲まれて、彼はいったい何を思い、何を選ぶのか?

ギャグセンスはさすがONE氏。シンプルに面白いです。

1期ラストでは世界征服をたくらむ超能力者の集団”爪”と戦いました。第七支部の幹部と支部長になんとか勝利。

原作では6巻までの内容です。

2期のここが気になる

©ONE・小学館/「モブサイコ100 」製作委員会

第七支部長を瞬殺した強キャラ「鈴木将」が気になる発言をしていました。

彼は第七支部から爪本部への引き抜きのために偵察に来ていたんですが…

「残念ながらいいのはいなかった…内部には…」

モブ勧誘フラグきたーーー。そしてボスに「早く帰ってこい」と電話していましたね。ボスを父親と匂わす発言も。

 

原作10巻では爪本部との壮絶な戦いが描かれています。2期はそこまでアニメ化するんじゃないかな。

*8話で再登場しました

モブサイコ100Ⅱ 主題歌(OP&ED)

オープニングテーマ曲 『99.9』MOB CHOIR feat. sajou no hana
エンディングテーマ曲 『メモセピア/グレイ』sajou no hana

歌手にsajou no hanaさんを起用していますね。

sajou no hanaさんと言えば「天狼 Sirius the Jaeger」のEDテーマを歌っていました。
またメンバーにはモブサイコ100一期のオープニングのボーカルのsanaさんがいます。1期もかなりいい曲だったので2期も盛り上げてくれそう!!

EDテーマ『メモセピア』がYouTubeで公開されていました!!もちろん公式

 

『モブサイコ100Ⅱ』見逃し配信情報&1期の見れる動画配信サービスはどこ?

2期はNetflixとU-NEXTで配信中です。

1期の内容を忘れてしまったという人や2期からモブサイコ100の存在を知った人は1期をおさらいしておきたいですよね。

安心してください。1期もNetflixとU-NEXTで配信しています。

 

実写版も考えるとNetflix一択!?

ちなみに『モブサイコ100』にはドラマで実写化されています。正直クオリティには難ありといった感想でしたが、モブサイコの世界観にどっぷり浸かりたい人はNetflixで見れますよ。

1期も配信していたので『モブサイコ100』好きはNetflixで決まり!!

 

モブサイコ100Ⅱキャスト一覧と放送日

放送日

2019年1月7日(月)放送決定
・TOKYO MX  1月7日より 毎週月曜日23:00~
・BSフジ 1月7日より 毎週月曜日24:00~
・ABCテレビ 1月9日より 毎週水曜日26:50~

スタッフ

原作:ONE(小学館「マンガワン」連載)
監督:立川 譲 シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:亀田祥倫
音響監督:若林和弘
音楽:川井憲次

アニメーション制作:ボンズ

キャスト

影山茂夫:伊藤節生
霊幻新隆:櫻井孝宏
エクボ:大塚明夫
影山律:入野自由
花沢輝気:松岡禎丞
最上啓示:石田彰

『モブサイコ100Ⅱ』全話感想

第1話『ビリビリ ~誰かが見ている~』感想

©ONE・小学館/「モブサイコ100Ⅱ 」製作委員会

霊幻新隆が営む「霊とか相談所」にかかってきた、一本の電話。依頼主は畑に現れた不気味な黒い影の正体を突き止めてほしいというのだが……。一方、モブが通う塩中学校では、生徒会長を務める神室がいきなりの辞任。新たな生徒会長を決めるための、選挙が開かれることに。モブを「人の上に立つ人間」に成長させようと、クラスメイトの米里はモブを焚きつけ、生徒会長に立候補させるのだが…

モブ、遂に彼女ができる!?

2期は1話からホロっと来る内容でした。

モブが告白されたと思ったら、案の定罰ゲームという展開でしたね。

作家志望のエミちゃんがボス的な女に夢を笑われ小説を破られたシーンはキツかった。

そこで止めに入り破れた小説を集めるモブ。

「自分の気持ちを大事にすることにしたから。大事なものは拾うんだ」

このセリフはグッときましたね。

 

最後には意味深に幼馴染のツボミちゃんが登場し2話からの波乱を予感させるラストに!!

 

第2話『都市伝説 〜噂との遭遇〜』感想

©ONE・小学館/「モブサイコ100Ⅱ 」製作委員会

お客のいない状況が続き、すっかり暇を持て余した霊幻は、モブを引き連れて出張相談に出かけることに。
ふたりが赴いたのは最近、都市伝説の目撃情報が多発している深爪町。
到着早々、霊や不思議なものを呼んでしまう“引きつけ体質”の女性から、悩み相談を受けるのだった。
町で偶然知り合った霊能力者・森羅万象丸とともに、霊幻とモブは深爪町にはびこる4つの都市伝説の謎に挑む!?

モブはみんなの話題についていけてない!!

都市伝説のおひきさん(喉乾いてない?と聞いてきて沼に引きずり込む霊)との対決。

おひきさんは噂から生まれた怪物。多くの人間の想像力、恐怖を媒体にこの世に出現した霊らしい。

恐れている人間では勝てない。(恐怖が彼女を創り出しているから力を吸収する模様)

もうそれどうすんだよって思ってたら…シンプルにモブがボコってました

 

えくぼ曰く「そうか茂雄…都市伝説とか流行語とかみんな盛り上がる噂話から隔離されてるんだ。要するにみんなの話題についていけてない。おひきさんの何が怖いかをしらねぇんだ!!」

モブの陰キャっぷりぇぇ…(笑)

 

第3話「重ねる危険 ~変質~」感想

©ONE・小学館/「モブサイコ100Ⅱ 」製作委員会

ホームページを開設した効果で、妙に繁盛している「霊とか相談所」。
呪いをかけたいと話す中年男、霊につけ狙われていると話す女性……。
彼らの相談を聞くうちに、モブの中でひとつの疑念が膨らみ始める。
正体が悪霊か人間かで、どうして人はこんなにも対応が変わるのか?悶々としているモブを横目に、霊幻のところにまた新たな依頼が。
大学生グループが心霊スポットで撮影した写真に霊が映っていることが判明して……。

モブは力が強大が故、悩む

モブが考えこみ始め暗黙立ち込めた3話でした。

除霊を頼まれるも、悪い霊ではない様子の家族の霊。除霊したくない気持ちが強く反発するモブに霊幻は「自分の気持ちに従っていい」と言います。

その時のモブの言葉が印象的でした。「これは僕にしかわからないんだ…感情に任せていいわけないんだ…」

大いなる力には大いなる責任が伴う

それをモブは人一倍感じていた。モブのやさしさが迷いを生む結果に…

 

そして3話ラストでは意味深な発言がありました。

「もし僕が人を守りたくなったら、もし僕が犯罪に力を使ってしまったら、もし僕が人を退治したいと思ってしまったら、誰かが僕を懲らしめてくれるのかな?」

これから敵が現れるも苦悩するモブが目に浮かびます。

話はエンジンがかかってきそうですね。加速する話の展開と整理がつかないモブの気持ち。さぁどうなっていくのか!?

第4話「中身~悪霊~」感想

霊幻たちのもとに新たな依頼が舞い込んだ。
今度の依頼人は、資産家としても知られる浅桐正志。
超がつく大金持ちからの依頼にいそいそと現場に向かう霊幻とモブだったが、屋敷には同業の霊能力者たちが大挙して押しかけ、中には日輪霊能連合会の会長・浄堂麒麟の姿も……。
浅桐の依頼内容とは、一見、普通に見える娘のみのりに取り憑いた、悪霊を追い出してほしいというものだった。

最強の敵…霊能力者・最上啓示

『モブサイコ』はワンパンマンと同じく主人公最強系。モブは作中最強キャラかと思っていましたが、霊能力者・最上啓示が登場。

あきらかに噛ませ犬の日輪霊能連合会の会長・浄堂麒麟がボコられるお決まりの展開に(笑)

どうせモブが本気出したら瞬殺されちゃうんでしょって思っていたら…

最上啓示めちゃくちゃ強い!!

まさかのモブ以上の強さでした。

なんだか負けそうな雰囲気のモブ、5話ではどう逆転するのか!!

1期で強敵として立ちはだかった爪・第七支部の魔津尾が陰に隠れていたので、5話で活躍したりなんてないよね!?

 

第5話「不和 ~選択~」感想

最上啓示が生み出したパラレルワールドに囚われてしまったモブ。
みのりがクラスに転入してきたことをきっかけに、イジメの標的にされたモブは、誰かに救いを求めることもできず、次第に負の感情を溜め込んでいく。
そして明かされる、生前の最上を襲った悲劇の真相。
一方、浅桐邸では霊幻たちが、モブの意識が戻るのを待ち続けていた。
エクボはモブを救おうと、みのりの体に侵入を試みる。

影山茂雄のイケメン化

熱い展開!!

霊能力を自分のために使うべきだという最上啓示と力を誇示するべきではないと考えるモブ…

ですが最上啓示の見せる幻影にモブもプッツン…モブ遂に闇落ちかと思ったら

エクボが登場し目を覚まさせます。エクボナイス!!

自分が恵まれていたこと、他人のために力をもっと使おうと決意したモブはなんとイケメン化。

戦闘シーンの唐突なエヴァンゲリオン感(笑)

最上啓二と最上啓二に取り込まれていた悪霊を倒してしまいます。

 

最後は浅桐みのりから出てきた最上啓二を過去キャラクターの爪・第七支部の魔津尾がゲット。また登場するのかな?

*11話で再登場しました。

第6話「孤独なホワイティー」感想

肉体改造部や脳感電波部の仲間と過ごす時間に、これまでにない楽しさを感じるモブ。
しかしそんな楽しい時間に、霊幻からの呼び出しが水を差す。
「いきなり呼び出すのはやめてほしい」というモブに対しつい、いつもの調子で高圧的に応対してしまう霊幻。
ささいな行き違いから、2人の間には溝ができてしまう。
モブ抜きで仕事をしなければならなくなった霊幻は、改めて自分自身を見つめ直す。

孤独な霊幻

モブが周りの友人たちと仲良くなりはじめ、逆に霊幻が孤独になります。おっさんの辛いとこだよね。

途中、あれっこれ霊幻が悪霊になっちゃう展開かと思ったんですが…

めちゃくちゃ頑張って有名になっちゃう霊幻。霊幻有能過ぎ

 

時は流れテレビ出演が決まり生放送で除霊することに…というところで6話は終わりでした。1回の放送短っ!!

4話で噛ませ犬だった日輪霊能連合会の会長・浄堂麒麟が再登場したので、今回も噛ませ犬なのかに注目です。

 

第7話「追い込み ~正体~」感想

モブと仲違いし、ひとりでバリバリと依頼をこなすようになった霊幻。そんな彼のもとにテレビ番組への出演依頼が舞い込む。喜び勇んでテレビ局に赴く霊幻だったが、じつはその番組は日輪霊能連合会の会長・浄堂麒麟が仕掛けた罠にほかならなかった。生放送の最中に浄堂に追い詰められ、インチキが暴かれてしまう霊幻。世間から猛バッシングを受ける霊幻は、記者会見を開くことになるが……

師匠と弟子

日輪霊能連合会の会長・浄堂麒麟がムカつくけど策士でしたね。除霊生放送でインチキがバレてしまう霊幻…

マスコミから大バッシングを受けます。

記者会見を無理やり開かされた霊幻は上手く弁明できない。

その時、超能力の発動で会場が揺れカメラが宙に!

モブが駆け付けて助けてくれたという展開でした。

 

ラストの霊幻とモブの会話が沁みました

霊幻:「お前知ってる?…俺の正体…」

モブ:「そんなの知ってましたよ。最初から…僕の師匠の正体はいい奴だ

モブぅぅぅぅぅ

第8話「それでも ~前へ~」感想

毎年恒例、塩中の全校生徒によるマラソン大会の日が近づいてきた。
モブは10位以内に入賞したら、ツボミに告白すると宣言。
その心意気に打たれた周囲の声援を受け、モブは本番までひたすら練習に励むことに。
一方その頃、霊幻の「霊とか相談所」に依頼に来たのは、ツボミと彼女の友人のミキ。
兄の代わりに手伝いに来ていた律はそこで、ツボミの口から飛び出した意外な言葉を聞いてしまう。

遂に爪が動き出す

幼馴染のツボミちゃんに告白するためマラソン大会を頑張るモブが愛おしすぎる。

ツボミちゃんって2期1話でも意味深な発言をしていたし、モブの超能力のこと知ってそうですよね。

今回、霊幻の「霊とか相談所」に依頼に来ましたがモブの写真を見つけて、霊幻がどんな人か探っていたようでしたし…敵の雰囲気ではないですが、見守っているって感じなのかな?

 

そしてラストでは1期でめちゃくちゃ強キャラだった鈴木将が再登場。

モブの家が燃やされます。モブの家族はどうなっちゃったの…

爪が遂に動き出しモブの日常が破壊されます。

モブの代わりのお手伝いとして黒酢中学校の裏番長・花沢輝気も再登場してここからかなり熱い展開になりそうですね!

第9話「見せてみろ ~集合~」感想


自宅が炎を包まれ、焼け焦げた家族らしきの姿を目にしたモブとエクボ。
すぐに犯人の跡を追った彼らは、謎の組織「爪」の構成員たちを発見する。
怒りに震え、あっという間に彼らを叩きのめしたモブ――その前に現れたのは、元「爪」第七支部の誇山と桜威だった。
向かった隠れ家で、自分と同じく爪の構成員に襲われたテルや霊幻と顔を会わせるモブ。
果たして「爪」は、何を企んでいるというのか?

なんだかよくわからないけど5超カッケぇー

モブの家族は無事でしたね。よかった。

両親は旅行に行って弟のリツは鈴木将と一緒にいました。家を燃やしたのはモブに戦うキッカケを与えたかったみたいですね。鈴木将は父親を倒したがっていました、

爪vsモブ+霊幻たちvs鈴木将たちって構図になるのかな?

 

そんな中、爪は日本政府に宣戦布告。そこに水を差したのが爪外人部隊でした。支部長を簡単にボコる爪外人部隊。爪外人部隊つえぇーと思って見ていると…

爪外人部隊を瞬殺する5超なる集団が!!

5超強すぎぃぃぃぃぃぃぃ

 

総理を誘拐にきた5超の一人、島崎がえげつないくらい強そうでしたね。

花沢輝気が普通に完敗するとは…

9話では一期に出てきたキャラクターが大集結。でもみんな元・爪第七支部の幹部なんで爪支部長をボコった爪外人部隊を瞬殺した5超のほうが圧倒的に強いでしょうね。

 

第10話「衝突 ~パワー系~」感想


世界に向けて宣戦布告し、調味文化タワーに立てこもった「爪」のボス・鈴木統一郎。
瞬く間に警察の包囲網を排除すると、彼らはさっそく次の行動へと移る。
一方、隠れ家に逃げ込んだ霊幻たちも、この状況を手をこまねいて見ているだけではなかった。
霊幻の指示のもと、タワーへの潜入を試みる元第七支部や覚醒ラボの面々。
さらには律とショウも、鈴木の野望を阻止しようと独自に動き始める。

地道にトレーニングした筋肉のほうが強い!!

5超の筋肉系超能力者、柴田が寝ているモブを襲う展開に…

さっそく5超キターーー

エクボがモブに乗り移りなんとか逃げますが、なんやかんやで吹き飛ばされます。

そのモブをキャッチしたのが肉体改造部のメンバーたちでした。

さすがに筋肉自慢の部員たちも柴田になぎ倒されてしまいます。やっぱり柴田強いね…

モブを踏みつけようとする柴田から身を挺して守った肉体改造部の部長がめちゃめちゃカッコよかった!!

部長:「どんな因縁をつけたか知らんが、こいつはお前に頭を踏まれるような男ではない」

部長ぉぉぉぉぉ

踏みつぶされそうになったタイミングでエクボが部長に乗り移り柴谷に真の筋肉を教えてやります。

超能力で作った筋肉と地道にトレーニングを積み上げて作った筋肉では質が違うらしい(笑)

 

ラストでやっと目が覚めたモブ。さぁ爪を倒しに行こう!!

第11話「指導 ~感知能力者~」感想

調味文化タワーの入口に到着した律とショウの前に現れたのは、「5超」のひとり、島崎だった。
先に行くようにショウを促し、ひとり立ち向かう律。
しかしテレポート能力で先回りする島崎に、逆に追い詰められてしまう。
一方、目を覚まし、タワーへ急ぐモブの前に立ちはだかるのは、同じく「5超」のひとり、峰岸。
自在に植物を操る峰岸に苦戦させられるモブだが、そこに予想外の援軍が現れる。

遂に最終決戦

最終回に向け熱い展開でした!!

5超の峰岸がなかなか強い。そこに爪・第七支部の魔津尾が再登場します。

4話5話で登場した最強の霊能力者・最上啓示が再び登場したのはテンションが上がりました。

峰岸を瞬殺(笑)最上啓示強いわ。

 

11話ではめちゃめちゃ強キャラ感を出していた島崎との戦いも熱かったですね!

花沢輝気たちの波状攻撃にも耐え、霊能力者だけに集中する島崎。

全てをかわし薙ぎ払ったと思いきや霊幻が颯爽登場。「正当防衛 ラッシュ」をぶち込みます。

霊能力者に集中していたら、我らが霊幻師匠の攻撃はかわせんのだよ。

 

そしてラストシーンでは5超の中でも一番ヤバそうな芹沢とモブが遭遇。

なんとなく芹沢はモブに説得されそう。

いやぁ。めちゃくちゃ盛り上げてきましたね

第12話「社会復帰戦 ~友情~」感想

3年前、暴走する超能力に悩む芹沢の前に現れたのは、ボス・鈴木統一郎その人だった。
初めて出会った理解者に、信頼を寄せるようになる芹沢。
しかしモブは言う。
あなたは利用されているだけだ、と。
「僕があなたの友達になる」。
そう宣言するモブに対し、芹沢は……。
一方、ショウを打ちのめしたボス・鈴木は、構成員に分け与えていたエネルギーを再び我が身に戻し、エネルギーの怪物と化そうとしていた。

モブの本当の強さ

やっぱり芹沢がモブに説得される展開でしたね。

霊幻:「モブははたから見れば頼りないが強い力を持ってる」

誇山:「バカげた出力の念動力だろ?」

霊幻:「そんなもんはあいつの持っている特徴の一つに過ぎない。あいつが本当にすごいのは人に感情を伝えられるところだ。どんなに取り繕った言葉よりも響く」

このモブの特徴が活かされ芹沢は改心しました。

 

ですが、ラスボスの鈴木統一郎にだけはモブの声が全然届きそうにない…

霊幻が登場し「お前を倒す方法が4つはある」と言います。霊幻スゴイ!

何かと思えば1つ目はシンプルな腕力でした(笑)

結局、ただただ鈴木統一郎を怒らせることに…

霊幻を吹き飛ばそうとしたのを芹沢が守った展開も熱かったですね。ボロボロに焼け落ちる傘。もう傘がなくても大丈夫だね。

 

ラストはモブがスカイツリーを浮かせ最終決戦の会場に。鈴木統一郎相当強そうだけど勝てるのか!?

次回は最終回です!めちゃくちゃ楽しみ

最終話「ボス戦 ~最後の光~」感想

調味市の上空に浮かぶ文化タワー。
モブとボス・鈴木の、最後の決戦の幕が上がろうとしていた。
思う存分、力を開放する喜びに呑み込まれそうになるモブ。
そのとき彼に飛び込んできたのは、弟・律の姿だった。
気を取り直し、再びボス・鈴木に立ち向かうモブだが、敵の力はあまりにも強大。
説き伏せることを諦めたモブは、持てる力のすべてを彼にぶつけようと試みる。
壮絶な戦いの結末や、いかに?

遂にきました最終回!!

今までとは桁が違う戦いでしたね。

強大な力をもつモブは鈴木統一郎に共感している部分もあったみたい。

「そうか、だったら足りなかったのは運じゃない。縁だ」っていうモブの発言がしっくりきましたね。

 

激闘の末、ラスボス統一郎は自分のエネルギーの強大さゆえ自爆。

それをモブが吸収することで緩和しましたが核爆発のようなデカいきのこ雲が…

って蓋を開けてみれば巨大なブロッコリーやないかーーい

 

捕まった統一郎が息子の将と話して「人には人が必要か…」と呟いたシーンは味わい深いものがありました。

 

ラストシーンで5超だった芹沢が霊とか相談所に雇われたり、上手くまとめ上げた最終回でした!!

2期もハートウォーミングでおもしろかった!!

 

【2期】モブサイコ100Ⅱ見逃し配信情報と全話感想まとめ

モブサイコ100遂に続編が放送されます。

いやぁ待ちました。

2019年はワンパンマン2期も放送予定ということでONE祭りになりそう!!

師匠・霊幻の名言のようなそうでないような発言にも注目したいです。

 

【反省会】モブサイコ100Ⅱはおもしろかった?OVAの発表も!?

モブサイコ100 2期もおもしろかったですね!!

1期よりおもしろかったような気がします。若干ワンパンマン化してきていますが(笑)

 

そして嬉しい情報が飛びだしました。

原作者のONE先生書き下ろしの完全新作OVAの制作が決定!!

楽しみすぎるぅぅぅ

『モブサイコ100』はまだまだ終わらない…!!

放送が4月1日だったので「※これはエイプリルフールのネタではありません」という注意があったのは笑いました。

MEMO
配信作品は執筆時時点のものです。現在の配信状況は公式ホームページよりご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です