スポンサーリンク

公開初日。さっそく見てきましたよ映画『賭ケグルイ』。

 

原作ファンなのでアニメ化、実写ドラマ化の時はぶっちゃけ展開知ってるしなぁと思って見ていましたが....

映画は完全オリジナル。めちゃくちゃ楽しみでしかない!!

感想はもちろんストーリーや映画のギャンブルのルールもまとめました。

 

ここからはネタバレしかないので注意!!

さぁ、賭けグルいましょう

スポンサーリンク

【あらすじ】映画『賭ケグルイ』ストーリーとギャンブルルールまとめ

[youtube]
[/youtube]

学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが生徒会と対立。
組織を主宰する村雨天音(宮沢氷魚)は、過去に綺羅莉にギャンブルで打ち勝ったことのある伝説の人物であった。

ヴィレッジ解体並びに夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒に2人1組で強制参加させ、不参加者を即刻退学の刑に処すギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言。生徒代表に選ばれれば活動資金3億円と、自分の人生を望み通りに決められる「人生計画表・白」が与えられるらしい。

非ギャンブルの考えを貫く村雨が沈黙を守る中、村雨の部下である歩火(福原遥)は組織を守るためにゲームに参戦。夢子は小心者の同級生・鈴井(高杉真宙)と、夢子と共に生徒会に立ち向かってきた芽亜里(森川葵)もかつての対戦相手・木渡(矢本悠馬)とタッグを組み、“学園史上最大のギャンブルトーナメント”に挑むのだった―。

・“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジ登場

 

View this post on Instagram

 

ドラマ&映画『賭ケグルイ』さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 -

序盤のさっそく登場した白装束集団・ヴィレッジ。ドラマでもチラっと登場していましたね。

[box class="box3"]

ヴィレッジ

“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる集団"。ギャンブルに負けたものはポチ、ミケとして奴隷のように扱われる制度を作った生徒会に疑問を持ち従わないことを決める。

[/box]

幹部の歩火(福原遥)は最初のシーンで生徒会長に惨敗。

歩火は「生徒会の制度には従わない。ギャンブルもしない」と言っていましたね。

"ギャンブルしない"ってある意味無敵じゃん。こいつらどうやって倒すんだよ(笑)

ヴィレッジは100名ほどでかなり大きなグループになってきていました。

 

このグループのリーダーは村雨天音(宮沢氷魚)。

過去に綺羅莉にギャンブルで打ち勝ったことのある伝説の人物らしいが...

 

・始まる生徒代表指名選挙

ヴィレッジと蛇喰夢子を同時に潰すため生徒会が仕掛けたのは「生徒代表指名選挙」。

勝者には活動資金3億円と「人生計画表・白」が与えられます。

 

そんな中、生徒会はヴィレッジを解体しようと生志摩を差し向けます。

ヴィレッジは非ギャンブルを誓っていましたが、このままでは生徒会にヴィレッジを解体されてしまう...

と言うわけで幹部の歩火と犬八は戦うことを決断。いくぞぉぉぉ

ですが、この期に及んでも村雨は「生徒代表指名選挙」を拒否しました。リーダーぇぇぇ...

[box class="box3"]

「生徒代表指名選挙」出場ペア

  • 蛇喰 夢子&鈴井 涼太
  • 早乙女 芽亜里&木渡 潤
  • 歩火 樹絵里&犬八 十夢
  • 皇 伊月&よくわからないモブキャラ
[/box]

・予選ギャンブルは『票争奪ジャンケン』

 

View this post on Instagram

 

ドラマ&映画『賭ケグルイ』さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 -

「票争奪ジャンケン」ルール解説と展開

[box class="box3"]

「票争奪ジャンケン」ルール

参加者全員に「グー」「チョキ」「パー」のいずれかの手札が1枚配られる。勝てば相手のカードを獲得でき、最終的に20枚集めると本線に出場できる。

[/box]

カイジの限定ジャンケンを彷彿とさせるギャンブルでした。ルールは与えられたカードでジャンケンをするというもの。

鈴井は自分の手札がパーだと明かすと夢子もパーだと言います。

パートナーとはお互いのカードが交換可能ですが、これでは相手にチョキを出されれば必負。

 

ドンドン20枚カードを集め決勝行きを決めるペアも出る中、夢子は涼しい顔をして静観。

そこにめちゃくちゃ怪しい女の人が鈴井に接近します。

なんと情報屋で1万円で相手の札を教えてくれるそう。親切だなぁ(笑)

鈴井は2万払うからグーの人を探してとお願い。それじゃあ自分がパーを持っていると言っているようなもんや...

 

案の定、相手の戦略ではめ込まれた鈴井。ですがまさかの夢子の持っていた手札はグー!!

「敵をだますにはまず見方から」と言うことで鈴井にはウソを教えていました。鈴井の脇の甘さが勝利に導いてくれました。鈴井デキル男。

 

・『デュアルクラッシュ・ポーカー』で明らかになる歩火の思惑

 

View this post on Instagram

 

ドラマ&映画『賭ケグルイ』さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 -

「デュアルクラッシュ・ポーカー」のルールと展開

[box class="box3"]

「デュアルクラッシュ・ポーカー」ルール

全員に1~7とジョーカーが各1枚ずつ配られる。1ターンごとに1枚ずつカードを出し、最も大きい数字を出したプレイヤーの勝ち。先にどちらかが4勝、もしくは全員の手札が1枚になったら終了。

*同じ数字の場合はバッティングとなり残ったカードで一番大きい数字のプレイヤーが勝利となる

同時に行われる支持率争奪戦

「デュアルクラッシュ・ポーカー」の勝敗が「生徒代表指名選挙」の勝ち負けではない点が難しいところ。

「デュアルクラッシュ・ポーカー」終了時点で「勝利数」×「支持率」=最終ポイントとなります。

支持率が少なければ勝利数が多くても負けます。

[/box]

犬八が監禁され、ペアがいなくなってしまう歩火。

そこで遂に村雨がギャンブル会場へ。

早乙女&木渡 VS 歩火&村雨の試合では圧倒的な強さを見せつけました。

村雨はとんでもなく鋭い目を持っており、相手の手札の動きを見て出すカードを見抜きます。

村雨強すぎぃぃぃ

早乙女&木渡を相手に完膚なき勝利をおさめます。

 

そして決勝は蛇喰&鈴井 VS 歩火&村雨。

出すカードを全て見抜く村雨にどうやって勝つんだろう...テーブルの下でシャッフルするかと予想しましたが、そんなショボいオチじゃなかった。

 

なんと歩火は負けるためにここに来たことが判明!!

えぇぇどういうこと!?

歩火は生徒会長に負けた時から、生徒会長の下で働きたいと思っていた。そこで村雨をギャンブルの場に引きずりだし、敗北させるというのが歩火の狙いでした。

歩火役の福原遥さんの狂気に満ちた演技は素晴らしかったです。サイコー

 

歩火の狙いに気づいていた夢子は負けようとします。理由はそんなんじゃギャンブルがおもしろくないから...

どんだけギャンブル狂なんだよっ

負けようとする夢子VS負けようとする歩火という意味不明な対決に(笑)

 

結果は3対3...決着は支持率対決へ

支持率対決なら投票締め切りまでに歩火が負けようとしていることを明かしていたので夢子チームが優勢なのは明らかでしたが...

なんと投票は歩火&村雨23億(56%)、蛇喰&鈴井18億(44%)という結果でした。(数字はうろ覚え)

速報の投票金額よりも歩火&村雨チームに10億円も入ってるじゃん。これはいかに...?

 

ヴィレッジのメンバーが一人1000万円ずつ合計10億円を投票締め切りギリギリに歩火&村雨チームに投票していました。

そもそも投票合わせて40億円超えたくらいって金額少なくね?百花王学園の1/4ヴィレッジのじゃんと思ったんですが...

投票のために生徒会から支給されるのは一人1000万円。必ず投票しなければ退学処分です。

ただ金額は指定されていないんですね。1000万円全部を投票しなければいけないのかと思いました。

1000万円は生徒会から無担保、無利子で貸し出されているだけです。

つまりヴィレッジの全員が1000万円の借金を背負うことになったかもしれない一世一代の賭けだったんですね。

そう考えるとあの展開は熱かった!!

 

というわけでヴィレッジ全員で勝ち取った勝利でした。まさか蛇喰夢子が負けに行く展開になるとは全く予想できませんでした。

 

ファンなら原作を読むべし!!原作マンガを無料で読む方法

続きが気になってしょうがない。そう思った人も多いはず!!

原作はマンガで既にアニメ化もされています。

Netflixではアニメの1期、2期そしてドラマ1期が配信されているのでネットフリックスだけで全網羅できます。

気になる方はぜひチェックを。

 

原作のマンガですがマンガUPにて配信していました。

マンガUPでは原作はもちろん、『賭ケグルイ 妄』が限定配信しています。
作中最狂キャラの生志摩妄のスピンオフ作品で賭ケグルイファン必見です!!

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ

【感想】映画『賭ケグルイ』はおもしろかったか?冷静に評価します

 

View this post on Instagram

 

ドラマ&映画『賭ケグルイ』さん(@kakegurui_jp)がシェアした投稿 -


シンプルにおもしろかったと思います。

原作者の河本ほむらさんが原案・監修に参加したということで骨のあるストーリーでした。

大体オリジナル映画となると本編に触れるようなキャラクターが登場させられないので何となくぼんやりしてしまうんですが...

生徒会長を倒した伝説の男というキャラクターが登場したのはファンに衝撃を与えたのではないでしょうか。

 

映画としても充分楽しめる内容だったと思います。特に評価したいのは木渡くん...君だよ!!

映画のスパイスとして素晴らしい働きでした。原作のモブキャラがここまで輝くなんて。

 

そして実写『賭ケグルイ』の見どころである美男美女も引き続き素晴らしかったです。映画オリジナルキャラクターの歩火役・福原遥さん、村雨天音役・宮沢氷魚さん共に美しかった。福原遥さんはあんな奇怪な演技できるんですね。驚きました。

 

一つ難点を上げるとすれば自分の思考が追いつかないことですね。

スピード感あるキレのある本編に思考がついていけなかった。

「デュアルクラッシュ・ポーカー」で1出す意味ってありました?全員の手札が1枚になったら終了だから1は出さないのがベストなんじゃない?他にもジョーカーの数の指定の仕方とか引っかかるとこあったんだよなぁ。

ちょっとこの辺はブルーレイが出たら何度も見返してみたいと思います。

 

結論、おもしろかったのかと聞かれたら...

おもしろかったです!!と素直に言える映画でした。

制作陣はドラマ・シーズン3の制作に早く取り掛かるんだっ!!

[box class="box28" title="めちゃくちゃ読まれています"] [/box]
スポンサーリンク
コメントを残す