スポンサーリンク
俺たちが、ウルトラマンだ

遂に来ましたぞこの時が、、、

俺たちがガンダムだ、ではなくウルトラマンだです。そうULTRAMANだ~!!

 

年末の『SSSS.GRIDMAN』の放送からもう気持ちが乗りに乗りまくっていた私にとって4月1日がどれだけまちどおしいか・・・

君の使命は『ULTRAMAN』を目撃することだ!!

グリッドマンの感想はこちら

『ULTRAMAN』あらすじ

かつて、巨大な怪獣や侵略異星人による危機から地球の平和を守り続けてきた“光の巨人”がいた。その名は、ウルトラマン。科学特捜隊の早田隊員と同化していた彼が、その使命を終えて地球を去ってから時は過ぎ、人類は繁栄の時代を迎えていた。しかし、それは表向きの平和に過ぎなかった…。

今、再び“光の巨人”の力が求められる時、光の因子を受け継いだ新たな英雄が現れる。だが、それは巨人にあらず。メタリックボディの強化スーツに身を包んだ等身大の悩み多き高校生だった…。
彼の名は、早田進次郎。かつてウルトラマンであった男、早田進の息子が、新世代のウルトラマンとなるべく奮闘する新たなる物語が、ここに幕を開ける!!

あのウルトラマンもどきを倒して父さんを助けるってかっこよすぎるでしょ!!

もし俺たちのウルトラマンが"光の巨人”じゃなくても正義を信じるヒーローであることに変わりはない。

『ULTRAMAN』基本情報

2019年4月1日にNETFLIXにて世界同時独占配信が決定しております!!

地上波では放送が予定されていないようで、見るにはNETFLIXしかないようです。

キャラクタ・声優・役柄
  • 早田進次郎:木村良平
  • 諸星弾:江口拓也
  • 北斗星司:潘めぐみ
  • 早田進:田中秀幸
  • 佐山レナ:諸星すみれ
  • 井手光弘:魚建
  • エド:牛山茂
  • ジャック:竹内良太
  • 遠藤庸介:花輪英司
  • 倉田:関戸博一
  • 白石:白石稔
  • アダド:津田健次郎
  • ベムラー:曽世海司

『ULTRAMAN』原作

清水 栄一さん×下口 智裕さんの同名漫画が原作です!!

なんと言っても新しいウルトラマン像がカッコいいです。

設定に凝っているのでちょっとややこしいのかな?とも思いますが、、、

 

新キャラ登場が多くかなりのウルトラマン戦士が誕生するので個人的には熱いぃぃぃです!!

気になれば読んでみて下さい。

『ULTRAMAN』全話ネタバレあらすじ&感想

第1話 この地球にあってはならない力

ネタバレ

ウルトラマンが役目を終えてから十数年後、記憶と一緒に地球を去っていった。

しかし早田進は異常な力を発現してしまい、元同僚に相談する。

そこでウルトラマンの様な姿をした存在が世界の敵として現れたことを知る。

 

それと時を同じくして早田進の失われた記憶が復活し自分がウルトラマンであったことを思い出す。

そして彼の息子、進次郎は、高いところから落ちても無傷であるなど超人的な力の兆しを見せ始めていた。

 

10年後・・・

10年の歳月が流れ進次郎が高校生になった時、目の前にウルトラマンの様な世界の敵が現れる。

そこに現れたのは父・早田進だった。

「あいつ一体何者なの?ウルトラマンみたいに見えるけど・・・」

「いいか進次郎、奴はウルトラマンなどではない。私がウルトラマンだ。」

感想

敵キャラのウルトラマン的なヤツの名前はなんて言うんだ~

いや~早田進カッコ良すぎるよ~

第2話 逃れられない運命

ネタバレ

ウルトラマンである早田進と世界の敵が合いまみえる。

絶対的な力の前に窮地に陥る早田進・・・

 

早田進からの言いつけで進次郎を守ることを最優先にする。

しかし進次郎は父を見捨てることは出来ず、参戦する。

 

初めての闘いとは思えない動きを披露する進次郎。

闘いが最終局面を迎えると、相手の最終攻撃を受ける。

その攻撃に反撃するために進次郎はスペシウム光線を放つ。

 

ウルトラマンの様な世界の敵の左手を破壊するも死には至らしめることが出来なかった・・・

「ここまでか、覚えておけ私の名はベムラー始まりの敵だ。」

 

闘いを終えた進次郎は眠りにつく・・・

感想

戦闘シーンマジカッケーす!!

ベムラー強すぎるけど、敵っていうスタンスで地球に来てたのね笑

ウルトラマンになると凄く体力を持ってかれるみたいですね~

あれ?これは稼働時間3分なの??

第3話 ウルトラマンやるのも悪くないかも

ネタバレ

昔ウルトラマンを殺し最悪の敵だったゼットン星人のエドから科特隊で働いているという紹介を受ける。

ウルトラマンがいなくなった後、なぜ異星人による侵略が無かったのか・・・

それは地球以外の文明を持つ星々が平和協定が結んだことが理由だった。

 

一度は宇宙に平和が訪れるが12年前にベムラーが現れ、他の異星人もつられるように協定を破りだしていた。

そんな現状を背景に進次郎はウルトラマンになることを打診される。

 

乗り気ではない進次郎であったが訓練を受けることになる。

そこで突然、事故が発生する。

見捨てることは出来ず助けると感謝され、周りのウルトラマンへの期待度が上がっていく。

ウルトラマン大好きアイドルのレナもまた、ウルトラマンモドキを気になっていた。

 

しかしそれは偶然の産物であったが、進次郎をその気にさせる軍の狙いでもあったのだ。

その狙い通り進次郎はウルトラマンスーツの訓練に励むようになる。

そして初任務で進次郎はウルトラマンになるということを肌で感じることになる・・・

感想

いや~私もウルトラマンスーツに身を包んだら調子こいちゃいますわ~

自分がヒーローになれるって考えただけで、一人部屋でキメポーズの練習なんかしちゃってます笑

第4話 リミッター解除

ネタバレ

初任務で諸星から異星人の抹殺を依頼される。

進次郎はそこで人を襲う異星人に遭遇し、対峙することに・・・

 

闘いの最中で市街地に異星人を追い込んでしまう進次郎。

同行した諸星が異星人の存在を世間が知ってしまうとエドに助けを求めるも、「世間に知らしめることも目的のひとつ」と言われてしまう。

 

諸星が危惧したように市街地は大混乱に陥る。

そこに偶然居合わせたレナが巻き込まれることになる。

異星人に街を巻き込んで戦ったことの愚かさを問われ絶望する進次郎だったが、レナの言葉で戦う意味の答えを知ることになる。

「あなたはみんなを助けるために悪い異星人と闘ってるんだよね?だったらここにいるみんなを助けてみせて。だってあなたはウルトラマンなんでしょ!」

 

闘う意味を見つけ全力を尽くす進次郎だったが異星人に追い詰められる。

井出に相談するとスーツのリミッターを解除することが出来るという、しかしこのリミッターを解除すると3分しか戦えなってしまう・・・

リミッターを解除したウルトラマンは想像以上の強さを発揮して悪い異星人を倒すことに成功する。

 

ベムラーも不穏な動きを見せる・・・

感想

いや言葉が熱い。

そしてこの回は煙の中からリミッターを解除したウルトラマンが出てきたシーンが必見です!!

カッコ良すぎる~

第5話 異星人の街

ネタバレ

夜中に突然人体が破裂するという不審死が何件も起こる。

科特隊はこの事件が異星人によるものだと断定する。

 

諸星は事件を調べるため、進次郎とともに異星人の街を訪れる。

情報屋のジャックを訪ねる。

ジャックは心当たりがあるが時間をくれと打診する。

 

刑事は科特隊とは別方向で捜査にあたり異星人を探し出す・・・

感想

不審死は確実に異星人の仕業ですが、ベムラーはどんな意図をもってこの事件を操っているのか・・・

あの刑事やるな~絶対・・・笑

第6話 ウルトラマンという呪い

ネタバレ

進次郎は諸星に打診し異星人を抹殺する仕事に同行する。

異星人を追い詰めた進次郎だったが、レナに変身し命乞いをする異星人を殺すことは出来なかった。

 

異星人は7人を殺している凶悪犯で抹殺対象であった。

諸星は進次郎に絶望し、「ウルトラマンになれるのはお前だけじゃない」という。

そして父親の早田進もまた時期尚早だと疑念を抱く。

 

早田進は自分の中に流れるウルトラマンの血が進次郎にウルトラマンになってほしいという思いを伝える。

 

この事件に深入りする刑事はレナの父親だった。

そのレナの父親はおとり捜査をすることにする。

案の定、異星人が現れるも抵抗することが出来ずピンチを迎える。

 

そこに登場したのは諸星だった。

諸星はウルトラマンとなり異星人を追い詰める。

命乞いをする異星人を迷いなく抹殺する姿を進次郎は目撃することになる・・・

感想

諸星は~ん、ウルトラマンやん笑

正義の味方では、きっては切り離せない悪党を殺していいか問題・・・

う~ん難しい問題ですね、果たして進次郎はどんな答えを出すのか楽しみです!!

第7話 秘められた思い

ネタバレ

市街地を歩いていた進次郎の前に突然異星人が現れる。

一方的にやられる進次郎であったが、周りにいる一般人を救うために迷いを捨てることで新たな力を引き出す。

しかしそれは科特隊の差し金でもあった・・・

 

進次郎は普通の高校生としてレナと接触し、ウルトラマンの話をする。

ウルトラマンを応援していると思われたレナだったが、ウルトラマンのせいで母親が死んだということを聞かされる。

母親は戦いに巻き込まれ倒壊した病院の下敷きになって亡くなったと言う。

 

レナはライブで「誰かを傷つけなければ地球は守れない正義は間違っている」と強く叫ぶ。

そこにウルトラマンが現れる・・・

感想

ヒロインがまさかの発言連発回でした。

ここから盛り上がる展開になりそうです!!

第8話 真実の幕開け

ネタバレ

ウルトラマンだと思っていた人物は敵だった・・・

観客を人質にとり余裕を見せる異星人。

進次郎と諸星が2人壇上に上がり異星人に挑むがいなされてしまう。

 

さらにそこにベムラーが現れる・・・

人質を守りまともに戦うことが出来ない進次郎をしりめに、諸星がベムラーにやられてしまう。

ベムラーは進次郎に「ここでことの顛末を見届けるが良い、自らが足を踏み入れた世界がどういうものか良く理解しろ」とつぶやき去っていく。

 

異星人は連続殺人事件の顛末を語りだす。

そしてその犯人は異星人を脅していた人間であることが分かる。

異星人は自分が星団評議会直属移民管理局のエージェント・アダドだという、悪事を働いていた異星人を処罰しにきたという。

そして人間の捌きは任せるといい去って行った。

感想

え??????

ことの顛末みてたけど良く分かりません!!笑

結局、犯人の異星人は依頼してただけでその異星人も人間に脅されてたってことか・・・

それで依頼された異星人を装っていたのがアダドってことね~

難しぃぃぃ笑

第9話 はじめまして、兄さん

ネタバレ

普段の生活に戻った進次郎だったが、1年生の北斗に出会う。

突然、彼から「先輩ってウルトラマンなんですねよ」と言われ戸惑う。

 

そんな時に3人目のウルトラマンが巷で話題になる。

異星人に苦戦する進次郎の前に3人目のウルトラマンが現れる。

エドや科特隊のメンバーでも分からない3人目のウルトラマンの存在だったが、進次郎は北斗が3人目のウルトラマンであると気がつく。

感想

ぶった切ってやるの刑はカッコ良かった!!

3人目の登場で大幅戦力アップと言いたいところですが、完全に味方なのか!?

第10話 星団評議会

ネタバレ

アダドとベムラーの会話から12年前の事件の黒幕がベムラーではないことが分かる。

 

そして、レナはもう一度ウルトラマンに会うために光の巨人記念館を訪れる。

会いたい理由は母親の件もあるが、、、と心の動きを口にする。

 

北斗の手足が現在の地球には存在しない技師であることが分かる。

北斗は科特隊への加入を打診する。

 

その理由として異星人が本来の姿を隠して生活する世の中が憎ましいと言う。

”ゆうこちゃん”という異星人の友達がいて本来の姿で生きてほしい、、、

しかし異星人には危険な輩が少数は必ずいる。

その輩を殺すには科特隊がベストだと言う。

 

しかしエドや諸星は北斗の本心を疑う。

北斗の知られざる過去とは・・・

感想

しょっぱなから真相に迫るような会話が見られる最重要回でした。

アダドの飼い主といえば星団評議会ですよね~

北斗の過去にベムラーが登場??一体どんな秘密があるのか・・・

第11話 そのままの君でいて

ネタバレ

進次郎は横暴なやり方で悪を裁く北斗を見つける。

正義を貫くことが出来ない北斗を許せない進次郎はウルトラマンの有り方を問う。

相容れない考え方をもつ進次郎と北斗はウルトラマンに変身し戦闘することに・・・

 

そこに諸星が現れ北斗と戦闘を始める。

諸星は北斗の左腕を切断し協力者の元へ駆けつける。

そのころ当の協力者はベムラーと密会していた。

 

進次郎は光の巨人記念館でレナと落ち合う。

ある事件をキッカケに進次郎がウルトラマンであることがバレてしまう。

ウルトラマンへの想い聞き、進次郎は頑張ることを決意する・・・

感想

いや~ウルトラマンには珍しく恋愛回でした~

キュンキュンものですね、レナちゃん大したものです。

飛行機は危ないってレナちゃん笑

必ず来るぞ裏ボスが・・・

第12話 エースキラー

ネタバレ

12年前の事件の搭乗客の名前に北斗と同姓同名の人物の名を見つける科特隊。

その12年前の事件を追う北斗の前にエドが現れる。

エドは北斗に12年前の事件の実行犯の情報を渡す。

 

情報を知った北斗はすぐさま協力者の元へ戻る。

その動きを知って協力者を捉えることに成功する。

 

協力者は12年前の過去を語りだす。

異星人の傭兵部隊が犯人だった星団評議会は地球と交渉を始める以前に先見調査団を派遣していた。

その先見調査団の家族を殺害するために傭兵部隊を送り込まれたと言う。

ベムラーはその事件を回避すべくために動いたが守れたのは北斗と先見調査団の家族3人だった。

 

そしてその傭兵部隊を派遣した黒幕は星団評議会だという。

早田進と井出は決断を悩むもエドがいないことを気にしていた。

 

進次郎と諸星は北斗を助けに動く。

突入する2人だったが北斗はまだ来ておらず、さらに返り討ちにされてしまう。

潜入していた北斗はそんな2人を見て立ち向かう。

感想

真相に迫った回でした。

残すは最終回ということで後は暴れて良いぞウルトラマン!!

第13話 本当のウルトラマン

ネタバレ

傷だらけの中で傭兵に立ち向かう進次郎と諸星と北斗。

実力差が歴然で諦めかける北斗だったが”ゆうこちゃん”の想いを思い出し覚醒する。

北斗は自分の命をなげうって最終攻撃を繰り出す。

 

しかし死んでもなお生き返る傭兵のボスは北斗の遺体を道具のように扱う。

その光景を目の当たりにして進次郎のリミッターが解除される。

迷いを捨て去った進次郎は極限状態に達し敵を圧倒する。

 

戦闘が終わったところでベムラーが現れる。

地球人を救うのはこれが初めてではないというベムラーの進言を進次郎は信じることにする。

ベムラーは北斗を連れて天に消えていった・・・

 

騒動は一件落着したが、何も解決はしていない。

ジャックは協力者を拉致し・・・

エドの秘密は・・・

そしてウルトラマンの闘いはつづく・・・

感想

最終回にふさわしいバトルシーンで興奮がまだ止まっていません。

最後はテンポ良すぎたかな??という感じでしたが、

これぐらいあっさりしている方がスッキリ終われるのかなと笑

つづき気になる・・・漫画読もう笑

『ULTRAMAN』まとめ

ストーリは進みが早くて飽きることは無いです!!

思っていた以上にバトルシーンが少なめでリミッター解除は2回のみということでした笑

少ないからこそありがたみが高かったですけどね~

 

ULTRAMANが地上波で放送しないのは残念ですが、、、

まだ加入していない人は、NETFLIXに入るタイミングなのかなとも思います。

いや~地上波で放送して全国に発信してほしかった・・・

スポンサーリンク
ドラマ部員のみんな。はーい、注目ぅ

秋ドラマ期待度総選挙実施中

  • 熱血ドラマ部ではどの秋ドラマに期待しているのか総選挙を実施しています。
    投票するとみんながどのドラマに期待しているかわかります!
    これであなたも熱血ドラマ部の一員だぁぁぁ

 

秋ドラマ一番期待しているのはどれ?

ボタン押すだけなので気軽に投票してね


秋の夜長はドラマざんまい!

もうすでに情報解禁されたドラマが沢山あります。

いち早く秋ドラマ情報を先取りしちゃいましょう!!