Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【合法】映画、ドラマ、アニメを8カ月+α無料で楽しむ方法。隠れてみんなやってます!!

【ネタバレ】ドラマ『パーフェクトクライム』最終回までの全話感想まとめ。トリンドル玲奈は騙されてる?仕掛けられた罠とは!?

ラインマンガで大人気の『パーフェクトクライム

遂にドラマ化ということで注目している人も多いですよね。

 

攻めてる…攻めてるぞ!!

放送時間帯がド深夜ということもでフェロモンたっぷりのドラマに仕上がっています。

 

全話感想を放送後更新していきまーーーす

キャストについては別記事でまとめています。

『パーフェクトクライム』ってどんな話?

LINEマンガ“女性向けランキング”で第1位を獲得した大人気コミックで20代30代女子たちの圧倒的な支持を得ています。

この作品は魅惑的な上司との不道徳な関係、冷たくも強引に迫る同僚の真意、優しさの下に隠された先輩の裏切り等、嘘と罠と偽りに満ちたラブゲームを描いています。

渦巻く嫉妬、秘密と嘘、幾重にも交錯する恋の罠…

“完全犯罪”を仕掛けた真の悪魔は誰なのか?様々な人々の思惑が交錯し、驚きとともに徐々に明かされる真実

善意の下に隠された陰謀、冷徹の下に隠された真心…

最後まで目が離せないスリリングなストーリー展開がみどころです。

『パーフェクトクライム』見逃しちゃった…過去放送を見る方法はある?

連続ドラマを見逃しちゃうなんてことは日常茶飯事。録画のし忘れはよくやっちゃいますよね。

『パーフェクトクライム』は見逃し配信を行っているので安心して下さい。

 

「TSUTAYA TV」で配信中

『パーフェクトクライム』は「TSUTAYA TV」で独占配信!

TVer(ティーバー) TSUTAYA TV

TVer(ティーバー)

TSUTAYA TV

TVerは無料!!放送一週間以内ならTVerがおすすめ

TVerは民放テレビ局各社(日テレ、テレ朝など)が力を合わせて運営しています。インターネットでの生き残りをかけた動画配信サイトです。

『パーフェクトクライム』はTVerにて放送後1週間のみではありますが完全無料で視聴可能です。

*放送直後には見れませんでした。公式ホームページにTVerの記載があるので時間がたてば追加されると思います。

岸 快晴

会員登録の必要もないので一週間以内ならTVerを利用しない理由がない

 

1週間たっても大丈夫。TSUTAYA TVで配信中

一週間経ってTVerでの見逃し配信が終了してしまった場合は「TSUTAYA TV」で視聴可能です。

初回利用者は30日無料体験期間があります。もちろん無料体験期間に解約すれば料金は一切かかりません。

「TSUTAYA TV」では特典映像として「恋愛マスターくじらのパーフェクト恋愛相談」も配信。

恋愛論がすごいと評判のピン芸人“恋愛マスター”くじら”がゲストを交えて恋愛を熱く語るみたいです。MCは神田愛花さん、コメンテーターは熊田曜子。

“くじら”さんは本がめちゃくちゃ売れており大人気恋愛評論家。特典映像もハズせませんね。

TSUTAYA TV

『パーフェクトクライム』全話感想

第1話感想

とあるホテルの一室で情熱的に絡み合う女と男。女は男の薬指に光る指輪から目を背け、家路につく彼の背中を今夜も切ない想いで見送った…。
前島香織(トリンドル玲奈)は、社内でも一目置かれるインテリアプランナー。仕事にはストイックな一方、プライベートでは上司である冬木拓馬(眞島秀和)との許されない秘密の関係を何年も続けていた。それは未来を望むことのできない不毛な恋。それでもいいと、切ない想いを隠して冬木との情事を重ねていた。
翌朝、出社した香織は、昨夜の逢瀬で冬木から話を聞いていた東雲遥斗(桜田通)と遭遇する。東雲はニューヨーク支社から配属されたイケメンの敏腕デザイナー。部下の宇佐美礼子(喜多陽子)と東雲の話をしていた香織は冬木に呼ばれる。それは、独占欲が強い冬木のお仕置きの合図だった。香織を資料室に呼び出した冬木は…。だが、うかつにも、その現場を東雲に目撃されてしまう。
東雲と仕事で組むことになった香織。不倫の現場を見られたうえ、「あなたのことは個人的に嫌いです」と告げる東雲にイラつくが、その才能は認めざるを得ない。仕事の流れでクライアントの青木(細田善彦)と東雲の3人で飲みに行った香織は、東雲にかつて深く付き合っていた女性がいることを知る。そんな帰り道、酔っ払ってしまった香織は東雲から言われた言葉に…!

これ罠なの!?

いきなりベッドシーンから始まり好感触なスタートを切った『パーフェクトクライム』。

上司・冬木拓馬(眞島秀和)との不毛な関係を続けている前島香織(トリンドル玲奈)。

そこに白馬に乗った王子様のごとく現れた東雲遥斗(桜田通)が物語を大きく動かします。

 

後半の遥斗と香織の対話シーンはグッときました。

遥斗:「あなたは本当ならもっと上に行ける人だ」(中略)「不倫とは所詮一時の感情です。それに比べて一時の感情ではできず、解消することもできないシステムが結婚です」

ズバズバと本当のことを言い当てる遥斗。うんうん、不倫ってやっぱりダメだよね。

香織:「わかったようなことを言わないで。なんでそんなにズカズカ人の心に踏み込んでくるの?何が目的?」

遥斗:「俺はただ前島香織のプランナーの世界をもっと広げて欲しいだけです」

遥斗イケメンすぎ(笑)

「うんうん。もう不倫なんてやめて付き合っちゃいなよ」って思っていたんですが

 

ナレーション:暖かい。でもその温かい言葉も手も全部彼が仕掛けた罠だったのだ…

えっ…これ罠なの?どういうこと?

この言葉にはなにか裏があるのか。2話に期待!!

 

第2話 感想

クライアントと飲みに行った帰り道、東雲から、上司の冬木拓馬(眞島秀和)との不倫関係を断ち切ってもっと自分らしく生きるべきだと告げられた香織。互いに反目し合っていた2人だが、自分の仕事への情熱や才能を理解してくれる東雲の言葉に、香織は思わず涙してしまう。だが、それは甘い罠の始まりだった…。
東雲の歓迎会の最中、冬木のいつもの誘いを断った香織。だが、後悔しはじめた彼女の前に東雲が現れ、冬木との別れを迫る。さらに強引にキスをした東雲は、歓迎会の後に家に行くと言い残し、立ち去ってしまう。
東雲の言動に呆気にとられ、マンションに帰宅した香織。だが、彼の言葉が頭から離れない。女としての幸せを失いたくないと仕事への情熱に蓋をして、やりたいことを押し殺してきた。東雲の言葉を思い出し、香織の心は揺れる。
そのとき、マンションのチャイムが鳴り、東雲が本当に現れる。驚きながらも、東雲に魅かれていた香織は…。
翌日、冬木に資料室に誘われた香織は自ら別れを告げる。その後冬木から、東雲ではなく小野幸哉(落合モトキ)と仕事で組むよう指示された香織。冬木は自分と東雲の関係に気づいている…そう考えた香織に、「いずれわかる」と謎めいた言葉を残す冬木。さらに、香織とタッグを組むことになり、大喜びする小野まで秘密めいた言葉を…!

壁ドン、お前呼び、タメ口全部盛り

2話はいろいろ盛りすぎてヤバかった。

居酒屋での壁ドン。そして急にため口で「今日お前ん家行くから」

俺様過ぎぃぃぃ

家に来たと思ったら速攻で腕をネクタイで縛り上げます。これが噂に聞いていたお仕置きラブシーンか!!

遥斗:「俺と冬木琢磨のお仕置きどっちがいい?言えよ早く…」

香織:「東雲さん」

遥斗:「それがお前の答えか?じゃああいつとは終わりにするって約束できるよな」

ここで香織は部長との不毛な関係を終わらせると約束します。

そしてしっかり約束をまもり冬木部長に分かれると告げます。

 

それを確認した遥斗は「よくできました」とだけ…

ただただドSで振り回してるだけなのか、それとも香織を思ってのことなのか!?

第3話 感想

上司の冬木拓馬(眞島秀和)と不倫関係にあったインテリアプランナーの前島香織(トリンドル玲奈)。だが、ニューヨークから異動してきたデザイナーの東雲遥斗(桜田通)の忠告を受け、冬木との別れを決意する。その一方で東雲に強く引かれていく香織。だが、新しく仕事で組んだデザイナーの小野幸哉(落合モトキ)から、「東雲はやめた方がいい。真実を知ったら、前島さんが傷つくだけだから」と、意味ありげな言葉を告げられる。
小野が言ったことの真意を知りたいと、東雲を誘った香織。だが、彼のメールの返事は「わかった」とだけ。さらに、小野の話から、冬木の妻が浮気をしていたことまで知ってしまう。「拓馬さんは奥さんへの当てつけで私と…?」と、思いを巡らせながら歩いていると、人ごみの中に東雲を見つける。だが、彼の隣には女性が…!

謎の美女登場で、えっどういうこと!?

3話では主人公・香織(トリンドル玲奈)が謎の美女と遥斗が抱き合っているのを駅で目撃してしまいます。

えっ彼女いるの?って思ったけど、その直後何事もなかったかのように香織と会い家に誘います。

やっぱり遥斗はチャラ男なのか!?

でも香織は流されるまま遥斗の家に…

次の日、遥斗とのデート中に謎の美女と冬木部長がイチャイチャしていることを目撃。

もうこれどういう状況なんだ?

絡み合っていく登場人物たち…謎の美女の正体とは

第4話 感想

東雲遥斗(桜田通)と再び一夜を共にした前島香織(トリンドル玲奈)。翌日、インテリアフェアに出かけた2人は、そこで上司の冬木拓馬(眞島秀和)と妻の美和(伊藤ゆみ)の姿を目撃する。前日に東雲と一緒にいた女性は拓馬の妻だと気づいた香織。そして、自分に仕掛けられた罠の正体を知ってしまう。東雲が香織に近づいた本当の理由とは…?それは香織にとって、あまりにも甘く、残酷なものだった。
東雲が明かした事実に打ちのめされる香織。翌日、出社すると、元気のない香織を部下の宇佐美礼子(喜多陽子)やデザイナーの小野幸哉(落合モトキ)が気遣ってくれるが…。
一方、香織を欺いていた東雲は、5年前ニューヨークにいた当時のことを思い出す。ニューヨーク支社で美和と出会い、付き合っていた東雲。美和を心から愛していたが、美和の心は…!

遥斗が仕掛けた罠の真相

4話で早くも罠の真相が判明。

香織:「あなたは拓馬さんから私を引き離すことで、愛する人が…拓馬さんの奥さんがこれ以上傷つかないようにした」

うわぁぁぁぁそういうことだったのか!!

でも、これじゃあ香織が…香織が可哀そうすぎるじゃないかあぁぁ

香織は恋の駆け引きの道具じゃないんだぞ。

遥斗は香織のことを思っていたような発言をめちゃくちゃしてたけど、それは全て冬木部長から引きはがすため。

愛する美和を苦しめていたから、むしろ憎んでいたとか…ゾッとしちゃいました。

第5話 感想

東京本社に栄転となった冬木拓馬(眞島秀和)を追って帰国した美和(伊藤ゆみ)のことが忘れられず、苦しむ東雲遥斗(桜田通)。さらに追い打ちをかけるように2人が結婚したことを知る。美和を忘れるため、仕事に没頭する東雲。そんなある日、美和から連絡が入る…!
美和を諦めきれない東雲は休暇を取って帰国し、先輩デザイナーの小野幸哉(落合モトキ)を呼び出す。2人で美和のことを話していると、小野から意外な事実を告げられる。東雲を裏切った美和は、いま、冬木に裏切られているという。冬木は部下のプランナー、前島香織(トリンドル玲奈)と不倫関係にあった。
もしかすると、これをきっかけに美和を取り戻せるかもしれない。そう考えた東雲は、美和に連絡をとるが…。

1話の出会うシーンの冷たい目の真相

これまでの遥斗の視点を整理した5話。1話の香織と遥斗の出会いのシーンにつながったときは鳥肌MAX!!

香織を憎んでいたからあんな冷たい目をしていたのね。たんにドSだからだと思っていたよ。

 

気になってたけど小野(落合モトキ)がいろいろ告げ口したりしてかき乱してるよね。影の黒幕説あるよね。

遥斗はドSで自分勝手と見せかけていい奴なんだと思ったけど、けっこうクズ要素も…

美和と会った時無理やり抱いたり、冬木部長の浮気をバラシて復縁しようとしたり。

美和も美和で遥斗をめちゃくちゃ振り回すし、登場人物全員クズパターンかこれ。

第6話 感想

「前島香織(トリンドル玲奈)を潰してやる…」と、香織への強い憎悪を胸に秘めて、ニューヨークから東京の本社に異動してきた東雲遥斗(桜田通)。一方、先輩デザイナーの小野幸哉(落合モトキ)は東雲との再会を喜び、新しい恋を勧める。
資料室で香織について調べ、彼女が仕事のできる女性だと知る東雲。なぜ、香織は冬木拓馬(眞島秀和)との不倫に走ったのか?そんな疑問について考えていると、資料室の片隅で冬木部長と香織が抱き合っているのを目撃し、より一層憎悪を募らせる。
仕事で香織と組むことになった東雲は、香織のプライドを踏みにじり、「あなたが嫌いです」と嫌悪感を露わにする。そして冬木部長との不倫を責め、香織をじわじわと追い詰めていく。だが、そんな東雲に香織は…!

遥斗も罠にかけられてる!?

1話からどんな思いで遥斗が香織に接していたのかを答え合わせした6話。

冬木部長と香織がイチャイチャしているのを見つけたシーンではこんな発言が

遥斗:「前島さんが優秀なプランナーだと聞いています。そんなあなたが冬木部長という地位も家庭もある方と社内でなんてどうかと思いますよ」

モラルを教えてくれてる香織思いの発言かと思ったんですが、嫌味だったんですね(笑)

 

そして居酒屋を抜け出したシーンではあれ?…遥斗…香織が気になっちゃってるんじゃ…

遥斗:この時はまだ俺も気づかなかった。罠にかけているつもりが罠にかけられていた。残酷で醜悪な愛の罠に…

罠を仕掛けたのは遥斗だけじゃなかった!!本当の黒幕は誰?

第7話 感想

東雲遥斗(桜田通)は、今も愛する冬木美和(伊藤ゆみ)の幸せのため、彼女の夫の冬木拓馬(眞島秀和)と不倫関係にある前島香織(トリンドル玲奈)を引き離そうと画策。東雲の仕掛けた罠にハマってしまった香織は冬木と別れ、東雲への想いを募らせる。一方、香織を憎んでいたはずの東雲も、彼女のひたむきさに心が揺らぎ始める…。
そんななか、突然美和から東雲に「会いたい」と電話が入る。再会した東雲に美和は「拓馬さんを潰しに来たんでしょ?」と詰め寄り、「彼には何もしないでほしい」と泣きながら懇願する。そんな彼女を優しく抱きしめる東雲。だが、その姿を香織に目撃される。香織の立ち去る姿を目にした東雲は、急いで香織を追いかけ…!

遂に黒幕登場!?

加藤千夏(永尾まりや)がやっと動き出しましたね。

香織に逃げられた遥斗に自業自得だという千夏。

千夏:「知ってますよ、全部。あなたが美和さんと付き合っていたことも、あの女が拓馬くんと不倫してたことも」

たくまくん!!

なんと千夏は冬木部長の”いとこ”でした(笑)

今のところ千夏の目的は謎なんですが、香織のことを「あの女」と言っているあたり香織が嫌いみたいですね。

香織のことを好きな小野(落合モトキ)のことが好きとか?

いや、さすがにないか。

第8話 感想

東雲遥斗(桜田通)の仕掛けた罠の正体を知り、彼の元を去った前島香織(トリンドル玲奈)。その後ろ姿を見つめていた東雲の前に現れたのは、同じ部署の加藤千夏(永尾まりや)だった。驚く東雲に千夏は「あの女が傷つけばいい」と意外な事実を告げ「まだ終わりじゃない」と意味ありげな言葉を残す。
東雲の真意を知り、傷つきながらも彼への想いに苦しむ香織。一方、香織を憎んでいたはずが心を奪われてしまった東雲。2人は結ばれぬ運命と自らに言い聞かせる。互いに想いを寄せながらも、すれ違う2人の心は…。
そんななか、元気のない香織をデザイナーの小野幸哉(落合モトキ)が優しく励まそうとするが、2人が手掛けるデザイン案件で突如トラブルが発生する!

小野のバックハグに全世界がトキメク

飲み屋から出てきた小野と香織。そこに遥斗がばったり遭遇。

遥斗を追おうとする香織を小野がバックハグ。

小野「いくな。なんで前島さんはいつも苦しい恋ばっかしてんだ。なんで…なんで俺じゃダメなんだよ」

おぉーいいぞ小野!!と思ったんですが

「なんてね」で逃げちゃいました。そこは決めろよ小野ぉぉぉ

 

8話ラストでは千夏が発注書を書き換えるという恐ろしい行動に…

恋の邪魔をするのは勝手だけど、同じ職場で仕事の邪魔するって…こんなんバレたら自分の立場が…

最後マッサージ受けているときの「気持ちい~」の狂気っぷり。

怖かったよ…

第9話 感想

プランナーの前島香織(トリンドル玲奈)がデザイナーの小野幸哉(落合モトキ)と組んで進めていた物件の発注書が書き換えられる事件が発生。
そんな香織のピンチを知った東雲遥斗(桜田通)は香織のピンチを救う。だが、香織には伝えないでほしいと小野に頼む東雲。
小野と東雲の会話を聞いていた宇佐美礼子(喜多陽子)は、東雲を問い詰める。香織と東雲は、まだ互いに思い合っているはずだと…。だが、香織を傷つけた自分に彼女を思う資格はないと、胸の内を明かす東雲。そして、礼子の言葉から衝撃の真実に気づく。すべては仕組まれたことだったのだ…!

黒幕は小野

えぇぇ…黒幕は小野でした。

8話のバックハグで小野を応援しちゃってましたけどぉぉぉ。7話の感想で「千夏は小野(落合モトキ)のことが好きとか…さすがにないか」って書いちゃってますけどぉぉぉ。

全く予想していませんでしたね。無害だけど恋人には選ばれないタイプの切ない奴だと思ってたんですけどね。

 

全ては小野が仕掛けた罠だったと気づいた遥斗は、それでも身を引く選択をします。

いいんだよ。あのオラオラはどこ行ったの?自分が100%で香織を愛してやれば。

次週は遂に最終回。ずっとすれ違い続けてきた2人の思いは実るのか!?

最終回 感想

前島香織(トリンドル玲奈)に対する小野幸哉(落合モトキ)の強い愛情を知った東雲遥斗(桜田通)は、「小野さんとお幸せに…」と香織に告げる。互いに心は残しながらも、離れていく2人…。
そんななか、香織は小野に社内のデザインコンペに参加するかどうかを尋ねられる。香織が前回のデザインコンペに参加したのは、大切な思い出のあるロッキングチェアがテーマだったから。自分はプランナーでもあるし、今年は参加しないと答えると、小野から思いがけない話を聞かされる。香織を賭けて東雲と勝負をするというのだ。「俺が勝ったら、あいつのことは忘れてほしい」という小野に香織は…。
東雲がニューヨークに戻ると、彼を吹っ切るかのように仕事に没頭する香織。東雲への思いもようやく落ち着いた頃、小野が東雲に勝負を挑んだ社内のデザインコンペの結果が発表される。東雲のデザイン画を見た香織は…!

完璧な罠は失敗に終わる

香織が遥斗を追いかけニューヨークで自分の思いを遥斗にぶつけます。

遥斗:「俺には香織を愛する資格はない…」

香織:「うるさい。資格なんてそんなのどうでもいい。わたしはやっぱりあなたのことが好きなんです」

「だから私も自分勝手にさせてもらいます」といって遥斗を抱きしめるシーン最高すぎました。

 

  • 冬木部長の不倫の罠
  • それをぶち壊そうという遥斗の罠
  • 遥斗と香織の足を引っ張る千夏の罠
  • 遥斗と香織を引きはがそうという小野の罠

どの罠も完璧なものでしたが全て失敗に終わります。

最終回はとても美しい展開でしたね。冬木部長は美和との愛を見つめなおし、小野は香織にフラれたことで千夏と接近。遥斗と香織はお互い好き同士の気持ちを打ち明ける。

パーフェクトな罠にわたしも魅せられました!!ありがとうございました。

『パーフェクトクライム』見逃し配信情報と全話感想まとめ

結局のところ桜田通演じる東雲遥斗はいい奴なの悪い奴なの?という部分が見どころみたいですね。

最初はかなり主人公のことをわかってる風だったので普通にいい奴かと思っちゃいました…

言葉には必ず裏がある…

どんな思惑が隠されているのか。

 

東雲遥斗が天使か悪魔か…皆さんはどう思います?

 

【反省会】『パーフェクトクライム』はおもしろかったか

始まった当初は「なにが完璧な罠だ(鼻ほじー)」って感じで全然期待していなかったんですが…

めちゃくちゃおもしろかったですね。

展開が予想できず毎回新しい発見がありました。それを元に誰が罠を張っているのか予想して…

原作が大人気漫画なだけあってストーリーが完璧でした。パーフェクト!!

 

こんなに恋愛ものでおもしろいと思ったドラマは久しぶりでした。ありがとうございました。

MEMO

TSUTAYA TVにて独占配信しています。パーフェクトクライムを見るために無料期間を使う価値あります!!

他の作品も数多く配信しているのでこの機会にチェックしてみて下さい。

【公式】配信作品はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です