スポンサーリンク

今期最も注目を集めているドラマ『集団左遷』

 

早速原作本である『集団左遷』と『銀行支店長』を読みました。

ドラマ『集団左遷』を見ていくと原作と違う点がちらほら。

いや、ちらほらどころじゃない。全然違う!!

原作小説2冊の結末を紹介するとともに日本版の最終回はどうなるのか予想しまーーーす

スポンサーリンク

『集団左遷』原作はどんな話?ストーリー結末紹介

その前にざっくりおさらい。ドラマあらすじ

大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋(福山雅治)はある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受ける。50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があった…。

徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる。さらに「廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われるのだ。

頑張らない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ…はたして本当にそれでいいのか!?
そしていよいよ支店長としての出勤初日、朝礼で着任の挨拶もそこそこに蒲田支店が融資していた会社の社長がいなくなったと連絡が入る。融資額が5000万円と聞き、片岡は部下の滝川晃司(神木隆之介)を連れて融資先の会社へと向かう。合流した担当者の平正樹(井之脇海)と共に社長の行方を追うのだが…

「ん?これって頑張っていいんだっけ…?」横山の言葉がよぎり、葛藤する片岡。と、そこへ、副支店長の真山徹(香川照之)から、二日後、蒲田支店に臨店(※各支店の融資状況が正しいかどうかチェックする検査)が入るとの連絡が…

頑張らなくて良いと言われた50歳間近の銀行支店長片岡洋。そして、リストラ寸前のダメ社員集団の蒲田支店。果たして蒲田は生き残れるのか!? 50歳の支店長片岡の戦いが始まる。

「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!」

遂に支店長を任せられる主人公の片岡洋(福山雅治)。

昇進か!?と思いきや片岡が配属されたのは廃店候補の蒲田支店...

常務取締役の横山から計画どおり廃店させたいので、"頑張るな"と言われます。

 

廃店になれば蒲田支店の従業員は全員クビ!

片岡は命令を無視して頑張っちゃうっていう熱い銀行員の話です。

 

ドラマ『集団左遷』の原作本は全く異なる2冊

『集団左遷』原作はあるの?

江波戸哲夫さんの『集団左遷』『銀行支店長』の2冊が原作本です。

ドラマ『集団左遷』の原作小説は『集団左遷』『銀行支店長』の2冊。

この2冊続編かと思いきや世界観も登場人物も全く異なる小説です。

そもそも小説『集団左遷』の舞台は不動産会社...

交差するはずのない2冊をうまくミックスさせてドラマを作るようです。

 

原作ファンもどういう展開になるのかワクワクしながら楽しめそうですね。

 

【ネタバレ】小説版『銀行支店長』ってどんな結末だった?

『銀行支店長』ストーリー

動機のライバルも立て直しに失敗した三友銀行最難関の支店、飯田橋支店の新支店長を副頭取に命じられた片岡史郎。そこは、吸収合併した信用金庫の旧本店だった。社風も目標達成への厳しさもなにもかも違うところで、闘う支店長として銀行マンとして自ら先頭に立ち、押し寄せる難題に立ち向かう片岡だが!?

主人公・片岡史郎は合併した信用金庫の風土が色濃く残った飯田橋支店の立て直しを命じられる

最初は冷遇されるも徐々に出来上がっていく信頼関係

立て直しの成果が見えてきたところで詐欺被害に!!

責任を取って主人公は魂をささげた銀行を辞職

大まかにはこんな感じの展開でした。

立て直しに全力を尽くす主人公ですが最後は詐欺被害にあい銀行での居場所がなくなるっていう超残酷なストーリーです。

 

実は既に1話で似たような展開が

片岡が着任初日に融資先の株式会社YCS米山社長に逃げられます。米山をどこまでも追いかけ3500万円取り返します。

小説『銀行支店長』の結末とほぼ同じ展開でしたね。融資先にお金をもって逃げられるも、意地で見つけ出し取り返す。

まあ小説『銀行支店長』は融資先社長に逃げられたことが原因で主人公はクビになるっていうとんでもないオチだったんですが...

5話で再来!!片岡クビの危機

1話で融資先社長に逃げられる展開があったので、もう小説『銀行支店長』のラストの展開はやらないのかと思いましたが、5話で同じ展開が!!

めちゃくちゃいい奴感をだしていた三嶋に20億を持ち逃げされました。

原作ではフィリピンで持ち逃げした社長を見つけ出しお金を取り戻すも責任を取って銀行を辞めるという残酷な展開でした。ドラマ版はどうなるのか期待が高まります。

【ネタバレ】小説版『集団左遷』ってどんな結末だった?

社内で無能の烙印を押された五十人がひとつの部署に集められた。三有不動産首都圏特販部。その本部長を命じられたのが、篠田洋だった。不動産不況の中、売り捌けるはずのない物件と到底不可能な販売目標を押しつけられ、解雇の瀬戸際にまで追い込まれた五十人を守れるか。篠田の絶望的な闘いが始まった!

世は大不況。どこもかしこも人員整理。主人公が勤める三有不動産も人員を余らせていた

首都圏特販部という部署を任される主人公。首切り一歩手前の社員たちが集められた解雇理由作りのための部署だった...

ノルマを達成できなければ首都圏特販部は解散。解雇されてしまう。だからこそ背水の陣で臨む主人公たち

なんとか首の皮一枚繋ぐ契約が決まりそうなところで副社長が妨害。契約がとん挫する

主人公の篠田は絶望し自暴自棄に...最終的に交通事故で死亡

そもそも舞台が銀行じゃないっていう...

中盤希望を見せながらも最後は絶望へ...悪趣味なストーリーですね。

ノルマが達成できなければクビという点がドラマ『集団左遷』と同じです。

ちなみに小説では主人公が交通事故で死にノルマ不達...全員解雇されました。

 

最終回はどうなる?原作ネタバレとドラマ版の予想

© Tokyo Broadcasting System Television

原作の展開を紹介するとともにドラマ版の最終回の結末を探っていきましょう

常務取締役・横山の妨害はどうなる?

原作では横山の妨害が成功しノルマ未達となる

小説『集団左遷』では意地汚く足を引っ張て来た横山。

主人公の営業案件を横取りしたりやりたい放題。

「わからない・・・。全く荒唐無稽でよければ、金をやるとか、脅すとか、少し時間をおいて他のずっと有利な物件を世話する約束をするとか・・・」

P406

最終的には主人公の部署の契約をとん挫させ、間接的にではありますが主人公を死に追いやりました(主人公は交通事故死)。

 

ですが、最後は社長にその妨害がバレ横山も解雇されました。

 

ドラマ版ポイント

小説『銀行支店長』『集団左遷』には主人公の味方になってくれる偉い人はいませんでした。

主人公は自分の頑張りのみで孤軍奮闘していたんです。

しかしドラマには頭取・藤田秀樹(市村正親)が存在しています。

旧大昭和銀行出身の人物で、旧大昭和銀行の支店を潰そうとしている横山をよく思っていないはず。

藤田秀樹が片岡の味方になるのかどうかがポイントになりそうです。

 

俺的超予想

予想としてはノルマを達成し横山をぎゃふんと言わせるのではないかなと思っています。

頭取・藤田と主人公・片岡が手を組み横山を倒すという熱い展開になりそう

 

真山はスパイ?横山に情報を流しているのは誰?

原作ではスパイは花沢

横山の妨害は内部情報を掴んでいたからかそ行われたものでした。

つまり横山に情報を流していたスパイがいたんです。

原作では花沢がスパイでした。

ちなみにスパイだった花沢は上手く再就職するというイライラする展開でした。

俺的超予想

ドラマ版も花沢がスパイでしょう。

香川照之さんが演じる真山がかなり怪しい感じでミスリードを誘おうとしていますね。

1話花沢が「最後まで銀行員でいたいなぁ」と呟いていたのが伏線ですね。

ドラマでは花沢のスパイを途中で見破り花沢の証言をもとに横山を追い詰めるのではないかと予想しています。

 

*4話で花沢がスパイと判明し退場しました。原作ではスパイ活動のせいでノルマ不達の原因を作り、それが主人公の事故死の引き金となりました。とことんクズだった花沢をこんな愛おしいキャラに改変するなんてやるなぁと思いましたね。ドラマ版の花沢良かったよ。

ドラマ『集団左遷』原作ネタバレとドラマ最終回予想まとめ

小説版『銀行支店長』結末融資詐欺にあい主人公は命を懸けて働いていた銀行を解雇

小説版『集団左遷』結末副社長の妨害にあいノルマ未達に終わる。主人公は自暴自棄になり交通事故で死亡

いやぁ。ドラマもこんな結末だったら苦情殺到するでしょうね(笑)

もうすでにドラマ1話で融資先に逃げられるという展開を使っているので小説『銀行支店長』のような最終回になることはないと思います。

となると小説『集団左遷』のラストになるか?というとそうも思えません。

 

小説版の結末は2冊ともバッドエンドですが、ドラマはハッピーエンドになると予想します。

というよりハッピーエンドになって欲しい!!

次々に降りかかる難題に挑み、バラバラな蒲田支店をまとめ上げる。そしてノルマを達成し、横山を倒す。

正直これが見たい!!

どんな結末になるのかまだまだ分かりませんが、しっかり見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク
コメントを残す