Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
【合法】映画、ドラマ、アニメを8カ月+α無料で楽しむ方法。隠れてみんなやってます!!

【完全網羅】新海誠監督・アニメ映画ランキング。2位は君の名は。おすすめ1位に輝いたのはどの映画?

新海誠作品・完全制覇

新海誠監督作品をすべて見終えました。

 

新海誠監督作品といえば素晴らしい映像美ですよね。

現実を切り取ったような背景だからこそアニメに入り込み感情移入してしまいます。

そんな素晴らしい映像美に隠れてあまり注目されていませんが新海誠監督はかなり変態です。

全作品を見たことによって見えてきた新海誠の鬼才っぷりとおすすめ映画をランキング化して紹介しまーーーす

 

ザっとおさらい新海誠監督の映画年表

  • 2002年
    ほしのこえ

    • 第1回新世紀東京国際アニメフェア21 公募部門優秀賞
    • 第7回アニメーション神戸 パッケージ部門作品賞
    • 第2回日本オタク大賞 「トップをねらえ!」賞
    • 第6回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 特別賞
    • 第34回星雲賞 映画演劇部門・メディア部門
    • 第34回星雲賞 アート部門
    • デジタルコンテンツグランプリ2002 エンターテイメント部門・映像デザイン賞

     

  • 2004年
    雲のむこう、約束の場所

    • 東京国際アニメフェア2003 表現技術賞(パイロット版)
    • カナダファンタジア映画祭 アニメーション映画部門銀賞
    • 第36回 星雲賞 アート部門
    • 第59回 毎日映画コンクールアニメーション映画賞
    • 韓国SICAF2005 長編映画部門優秀賞
  • 2007年
    秒速5センチメートル
    • アジア太平洋映画祭アニメーション映画賞 受賞
    • イタリア フューチャーフィルム映画祭 「ランチア・プラチナグランプリ」(最高賞)受賞
  • 2011年
    星を追う子ども
    • 第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞 受賞
    • 第34回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門ラインナップ選出。
  • 2013年
    言の葉の庭

    • カナダ・モントリオール ファンタジア映画祭 今敏賞 / 劇場アニメーション部門 観客賞 受賞
    • 第18回アニメーション神戸賞 作品賞・劇場部門 受賞
    • iTunes Store 「iTunes Best of 2013“今年のベストアニメーション”」 選出
    • ドイツ シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭「ITFS」長編映画部門 最優秀賞 受賞
  • 2016年
    君の名は。
    • 第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭 アニメ作品部門 最優秀長編作品賞 受賞
    • 第60回BFIロンドン映画祭 Official Competition ノミネート
    • 第18回プチョン国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門 優秀賞・観客賞 受賞
    • ニュータイプアニメアワード 2015-2016 作品賞(劇場上映部門)1位
    • 第42回ロサンゼルス映画批評家協会 長編アニメーション賞 受賞
    • 第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 監督賞

では公開順をおさらいしたところでおすすめ映画ランキングいってみよーーー

 

第6位 ほしのこえ


  • dアニメストア:-
  • Amazonプライムビデオ:課金
  • U-NEXT:‐
  • Netflix:-
  • Hulu:-

 

一言で言うと

すべてはココから始まった。原点にして頂点
新海誠の最初に公開した劇場映画である『ほしのこえ』。

なんとこの作品、脚本、作画、声優ほとんどを新海誠監督1人で作ったというから驚きです。

冷静に見ると「なんだこりゃ」って作品なんですが、面白いものを作るというより好きなものを作るという気合がビシビシ伝わってきます。

中学生の女の子が制服でロボットに乗って異星人と戦うという趣味全開な内容。

制服の必要性…

 

女子中学生の制服とかロボットとか新海誠監督の好きな物を全部盛りにした作品です。

1人でアニメ映画を作ってしまう新海誠の鬼才っぷりを感じてください。

狂気がつまった作品です。

 

5位 星を追う子供


 

一言で言うと

ジブリ

なぜか、かなりジブリっぽく作られた作品です。

『秒速5センチメートル』である程度評価されていたものの、その評価は”アニメ好きな人”からだけでした。

「もっと売れる作品を作りたい。俺ならジブリに負けない」という思いが産んだ作品なのではないでしょうか。

 

新海誠映画はこの作品から万人受けを狙った作風に変化していきました。

全てが宮崎駿の二番煎じで、はっきり言って映画としては微妙です。

ただ美しい背景だけはジブリに勝るとも劣らずだったので、自分の方向性を確信した映画だったのではないでしょうか。

新海誠監督のヒット作への苦悩を感じられます。

4位『雲のむこう、約束の場所』


 

一言で言うと

劣化版『君の名は。』

めちゃくちゃ難解な映画です。

『ユニオンの塔』『平行世界』など中二要素をちりばめ過ぎたのでポカンとなった人も多かったでしょう。

仲良し3人組が”世界か友達かを選ぶ”という壮大なドラマが展開されますが、話について来れた人は少なかったかもしれません。

 

『君の名は。』には『雲のむこう、約束の場所』に意識的に似せているシーンがいくつかあります。

『雲のむこう、約束の場所』の反省があったからこそ『君の名は。』が完成したといっても過言ではありません。

ラストからの冒頭への繋がりで鬱展開にしたり喪失感というものを味わえる点では新海誠らしい作品です。

 

アニメ映画として絶賛することはできませんが新海誠を語るうえでハズせない作品であることは間違いないです。

 

3位 『秒速5センチメートル』

 

一言で言うと

アニメ映画史上最高に切ない恋の物語

とにかくせつない

新海誠氏は鬱展開が大好き。ですが『星の声』『雲のむこう、約束の場所』はとってつけたような鬱展開でしっくりきませんでした。

『秒速5センチメートル』は初めて鬱展開の必然性を見出した作品だと言えます。

 

ネタバレですが…

壮絶なバッドエンドだと言われていますがラストはハッピーエンドだと思っています。

初恋の相手に思いを寄せ続けた貴樹。一歩も前に進めずにいた貴樹は最後に初恋の人(明里)とすれちがいます。

明里は待っていなかった…だからバッドエンド…

ではないんです

ずっと明里の影を追い、一歩も進めていなかった貴樹がやっと「明里は待っていなかった…」と知ることができた。

最後のシーンでは貴樹が晴れやかな顔で前に歩き出します。

前に進みだした貴樹を示唆した終わり方だったのでハッピーエンドなんです。

 

それでも貴樹が喪失した時間、思いを考えるとせつないなぁ

 

第2位『君の名は。』

  • dアニメストア:-
  • Amazonプライムビデオ:課金
  • U-NEXT:課金
  • Netflix:-
  • Hulu:-

 

最終の興行収入は250.3億円と歴代4位!あのハリーポッターを超えており、アナユキに次ぐ順位です。

 

背景のデッサン力は凄まじいですね、、、

個人的には新宿で映画を見たので「アッ」ってなりました笑

 

この作品のミソはズバリ「入れ替わり」ではなく「3年間の時間軸のズレ」にあります。

 

頭の悪い私は「えっ?」ってなりました。

スマホの時代でそれはキツいのでは・・・

他にも見る人によっては「ん?は?なんやて工藤!?」となってしまう箇所がいくつかあります。

 

映画は2時間だから仕方ないよねテヘペロ度合いが高い人は最高に面白い事間違いなし!!

しかし映画見ちゃうと西の高校生探偵みたいになっちゃうんだよね~って方にとっては微妙かもしれません。

 

敢えて言おうそれも込々で面白いと・・・

RADWIMPSの曲のようにテンポ良く物語が進んでいくのも魅力だし、主人公がヒロインのために必死になる感じが溜らん!

やっぱり主人公はこうでなくちゃね

 

しかもまさかのハッピーエンド笑

深海さんハッピーエンド作れんじゃん!このこの~

見終わった後スッキリするから第2位に決定!!

 

 

 

1位『言の葉の庭』


 

一言で言うと

新海誠の絵は展開がリアルでこそ生きる

新海誠の代名詞ともなった「美しい絵」

それは『言の葉の庭』のような日常を切り取ったような作品でこそ真価を発揮します。

 

歩き方を忘れた大人と靴作りを目指す少年という構図が秀逸すぎます。

満員電車の憂鬱な感じや息が詰まるような東京の風景。

そこにあるのは本当にリアルで、登場人物に非常に共感できました。

 

あと雪野さんの足のサイズを測るシーンはアニメ史を塗り替えた新たな表現手法だと思うので、それだけでも見る価値ありです。

 

新海誠監督・アニメ映画ランキングまとめ

最新作『君の名は。』が大ヒットして名の知れたアニメ映画監督になりました。

これまでの作品を見返すとヒットを作るための苦悩がうかがえます。

『君の名は。』はかなり商業的な作品で、今までの作品の反省が生かされています。

しかし、新海誠監督が作りたいものって『君の名は。』ではないんじゃないかなと思っています。

 

名の知れたアニメ映画監督としての次の作品に期待です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です